びわ雑炊・補~プロレスごっこ
yjimage567.jpg




小学5~6年生だった頃。
当時は力道山の後を受けた「全日本プロレス」が盛んで。
馬場・猪木の黄金コンビが話題だった。

子供たちの間では当然のように。
「プロレスごっこ」が流行った。もちろん「レスリング」ではない。
あくまで「プロレス」だ。

ワタシと言えば頭は足らない・運動神経はない・体力はない。
ナイナイ尽くしで「プロレスごっこ」に参加することもなかった(相手にされなかったw)
しかし「寝技は得意だ」というまことに不思議な想いがあった。

実際。こうすれば・ああなる・こうなる。と映像としてわかるのだ。

そして。ある日。「プロレスごっこ」をすることになった。
もちろん「ごっこ」なのでケンカではない(暗黙の了解)
相手は背格好こそ似ているが如何にもヤンチャそうな顔をしている。

当然ながら相手は完全に舐めてかかる。
それは当たり前だろう。目の前の敵であるワタクシ。
脳は足らんし顔・体は女性のようにか弱い。

「オレがコイツに負けるわけがない」そう思うのは当然だ。

立ち技がどうだったかは忘れた。
ただ寝技に持ち込むことに成功。「これで勝てる」という決め技を使った。
足を絡めて両手で抑え込む。しばらく続ければKO必死・楽勝。
(完全に頭に描いた通りだ)

で。その時だ。天使が通り過ぎた。

「オレ・・・このまま勝っていいのかな?」
おぅ。まいが~!「勝ってしまうとコイツの立場がない」
そう思ってしまったのだ。

そして。抑え込む力を抜いた。

当然のように体勢はひっくり返ってしまい。
相手の逆転勝ちということになった。
「ふ~。もうちょっとでヤラレルところじゃった」

彼はハァハァしながらワタシを見据えた。

ワタシと言えば負けたことに対しまったく悔しくなく。
頭に描いていたことが実際に行えたという妙な満足感を覚えるばかり。
(オレ。やれるんだけどな~!)

今でも。ふと「なぜ。やっちまわなかったのか?」と自問する。
もし仮に勝っていたら廻りの見る目も違っただろう。
そして引っ込み思案の性格も変わっていたかもしれない。

けして心が優しかったわけではない。
「勝っても虚しいんだよね」
(小学生にして悟りを得る?)それも違うか。
気持ちが弱かっただけのような気がする。
(ただの面倒くさがりw)





  平成30年・謹賀新年
678888.jpg




本年もよろしくお願いします。
皆様方のご多幸を謹んでお祈り致します。
近年。月2回ペースの更新です。

そのぶん。プロフィール欄を活用して。
ラクガキをしています。
証拠隠滅のためしばらくして消していますw

たぶん書けるまで続ける予定なので。
頑張らずに気長~に。
適当にお付き合いくださいませ。
(尚。リンク関係を多少整理しましたのでよろしく)





ワタシの流行語大賞~このハゲ~♪
1022moteki.jpg




このハゲ~!
間違えてるだろ!
間違えてるだろ!
間違えてるだろ!

豊田自民党衆議院議員が離党届けするに至った発言がコレですね。
(発言内容は他にもあり。そっちの方が酷い)
録音してリークした秘書もかなり怪しい存在ですが。
過去・秘書100人辞めさせた大物ですから。
足元をすくわれるだけの日常の発言・行動あってのことでしょう。

政治絡みにすると「危険」なのでw 「このハゲ~!」のみで検討。
「このハゲ~!」を「個人的流行語大賞」としました。改めておめでとうございます!
(ワタクシが勝手に送る「貧者の一灯賞」及び「お墨付き」とは関係なしw)

このハゲ発言は差別じゃね?問題なんじゃね?
なんて人も多数いらっしゃるでしょうが。
筆者自身がハゲ万歳!のハゲなのでまったく問題ありません。

もちろん。女性も含めハゲに悩んでおられる方々。
図らずも病気などで脱毛した方々もおられるのは確かなので。
(亡母は晩年多少ハゲていました)
そのような方々にはお気の毒としか言いようがありません。

なのでここで記事終了(;^ω^)・・・

・・・というわけにもいかず。
個人的な「ハゲへの想い」だけに焦点を絞ります。
取り合えず言いたいのは。
「ハゲは中傷誹謗すべき対象ではありません」

自然なハゲは男性ホルモンの強弱(遺伝性?)も原因のひとつです。
また強烈なストレスも抜け毛に影響を与えます。
(ワタシの場合。洗髪する度に多数の抜け毛がありました)
つまり本人の思いも寄らないところで発生するのがハゲなのです。

ワタシにとってハゲはとても便利な現象です。
(1週間に1回坊主カッター・電気カミソリで剃りますw)
お陰で理容院行かなくて済むし髪型を気にすることはないし。
フケまみれの長髪より全然マシで衛生的です。

若い頃。中島みゆきが松山千春・さだまさしの前で言ったといいます。

「あんたたち。ワカメを食べなさい」

だいたいハゲる人は髪が柔らかくサラサラしている場合が多いです。
二人ともそういう髪質でしたし。ワタシもそうでした。
因みに現在。松山千春は潔く丸坊主にしています。
逆にさだまさしは「髪が置いてあります」あ。違った。髪があります。

ワタシの場合は髪の毛が全体的に少なくなる所謂「薄らハゲ」
これが酷くなったら潔く丸坊主にしようと考えていました。
薄っすらある毛髪状態が許せなかったからです。髪がないのは全く問題ではなかったのです。
(だって潔くないし美しくないじゃないですか!@@;)

ハゲを隠さず共生しながら生きていく道を選んだ男の個人的流行語大賞。

「このハゲ~♪」




天草幻影~故郷の記憶
about_map.png




産まれ故郷。熊本県天草市渡島(をしま)鬼池村(おにいけむら)。
小学校は山口県で迎えているから。
考えるに少なくとも5歳までは天草にいたことになる。

その5歳までの記憶。

①畑の上。藁で編まれた籠の中。周辺は明るい緑と紅い椿でいっぱい。
②幼稚園が嫌で嫌で泣きわめいて三日ぐらいで止めた。
③浄水場か貯水場に落ちて意識がなくなった。
④意識が戻った時。大きなネズミが梁の上を走り恐ろしかった。
⑤風に吹かれて危うく海に落ちそうになるも誰かが手を握ってくれた。

これが幼少期における天草での記憶。いわば原風景。
①はまさに鮮やかに浮かぶ。おそらく午前中か真昼の記憶かと思う。
また産まれた後の最初の記憶かもしれない。

本籍はすでにこちらになっている。
遠い場所でもあるし。そうそう帰る機会もなかった。
ただ一度だけ帰ったことがある。

父がアルツハイマー症(認知症のひとつ)になった時だ。
故郷に「カブ」で帰ろうとして下関で転倒事故を起こし警察から連絡があった。
警察に寄れば「仕事場」に行くと父は言っていたという。

急いで迎えに行った際に。
「一度。天草へ連れて行ってやろう」との想いが湧いた。
父は天草諸島にある鉄工所で働いていた。

鉄工所は健在で息子さんが次いでおられた。
そして父の事情を話した上で会って頂いた。
柔和な方で父の頓珍漢な話に上手く合わせて下さった。

どうやら父は息子さんを当時の上司と思っていたらしく。
「アンタはちっとも変わらんなぁ」などと話していた。
それでも父は満足した様子で仕事の話などして時を過ごした。

そこを失礼した後。当時住んでいた家を見に行った。
やはり記憶の断片があったのだろう。その家は何となく懐かしく。
家の前にある古井戸は特にそういう想いに満ちた。

不思議なものだ。全く覚えていなかったのに懐かしい。
脳ではなくカラダの細胞の一つ一つが覚えているような感じ。
記憶とはまるで海月のようで可笑しなものだ。

そう言えば小学生の時に「鉄人28号」の小さなプラモデルを。
線路脇にある小さな畑に埋めた。何故埋めたのか覚えていない。
(大地からエネルギーを吸収させるimageがあったと思われ?)

今でもアレはあのままあるのかな。ふと記憶が蘇る。





Welcoming cat・1-4(LAST)
yjimage456.jpg



ラーメン屋「ひまわり」の前にクルマが止まる。
「すみませ~ん。○○新聞の者ですが」
カメラ等の取材道具を抱えて二人の記者が入って行く。

さて。場面変わって「ひまわり」の屋根瓦。
そこに黒と白。
寝転んで話し合う二匹の猫がいる。

黒猫「どうだったね。今回の招き猫役は?」
白猫「師匠。招き猫は辛いです。ずっと片手あげてるから肩が凝って」
黒猫「妖(あやかし)のくせに肩が凝るとはな。で。青年役は?」

白猫「初めて人間になったんですが。案外と面白かったです」
黒猫「ほお。面白かったか。人間をこなすのは難しい。あれほど複雑な生き物はおらん」
白猫「はい。招き猫に比べたら楽しいです。いろんな表情ができるし肩が凝らないし」

黒猫「余程。肩凝りが堪えたようだな。でも人間が楽しいと言った弟子はお前が初めてだよ」
白猫「え?ほんとですか。なんだか照れちゃいますね」
黒猫「お前に妖としての才能があるから楽しめたんだろう。オレは相変わらず苦手だがな」

白猫「師匠にも苦手なものがあるんですね。ところで女の子と蝶々はどうやって?」
黒猫「ああ。あれか。なんてことはない。紙切れだ。紙切れを変化(へんげ)させたんだ」
白猫「あ。それまだ習ってないです。どうやって調達したんだろうって不思議でした」

黒猫「まぁ。ともあれ。これで店も多少は客が来るようになるはずだ」
白猫「さっき店の前にクルマの止まる音がしました」
黒猫「お前さんが連絡した新聞社の記者だろうが。そのうちテレビ局もやってくるぞ」

白猫「そりゃ。あんな蝶々いませんもん。見たい人がたくさんいるでしょうね」
黒猫「見学に全国からやってくる。そうするとラーメンでも食べて帰るかってことになる」
白猫「もともとラーメンは美味いって話でした。主人もさぞ嬉しいでしょう」

黒猫「人間は自分が作ったものを人から褒められると。ついつい笑顔になるんだ」
白猫「あの人。不愛想ですもんね。足らなかったのは笑顔」
黒猫「そうだ。人間ってのは不思議なもので。笑顔の人を信用してしまう習性がある」

白猫「ラーメンが美味くて信用できる主人がいるってことになりますね」
黒猫「それが信頼関係に繋がって。また店を利用しようと自然に思うようになる」
白猫「良い循環。それを繰り返すことで。ますます人気が出ると・・・」

そう言いながら暖かい日を浴びて。
二匹の猫は眠そうな顔になる。



------------------------------------



というわけで終了です。

あっけないというか。なんだか予定調和みたいな結末でしたね。
貧弱な発想っす。惨敗気分です・・・・orz
まぁ。全くストーリーを考えずに書く作業は大概こうなります。
(一度書いたら訂正効かず引くに引けない)

むかし。今回のような書き方で「赤猫亭」というお話を作りました。
あれも途中から「おい。ど~すんだよ」と自分を疑いながら。なんとか書き終えました。
だったらなんでこういう書き方をするんだよ?

つまり事前に細かく設定するのが苦手なんです。
もともと。お話を作るのヘタなので。こうでしか書けないのです^^;
(時々は自分を困らせてやるのも脳内活性に良いかと?)