FC2ブログ
絵の話~その後の藤田嗣二
20140511232945_original.jpg
アッツ島玉砕


第二次世界大戦前のパリ。前期~後期に渡り「芸術の爛熟期」があった。
「エ・コールド・パリ」
その華やかなりし頃。フジタは間違いなくstarの一人だった。

ルノアール・モネ・ルソー・ピカソ・モジリアーニ・パスキン・クリムト・ゴッホetc。

数え切れない星々。売れる画家もいたし。才能あれど売れない画家もいた。
そんな中。日本から訪れた一人の異邦人は。
乳白色の絵肌・面相筆による繊細な線を用い無類の才能を見せstarとなった。

彼は元々日本画(西洋画に対して古来から伝わる技法)を得手としていた。
実際「魚屋の親父」という掛け軸を見たことがあるが絶品の趣があった。
魚屋の親父というユニークな発想もさることながら。
彼が愛した「あの猫たち」と似たユーモアとセンスを持っているように思えた。

かつて県内にある美術館において。
彼の裸婦を中心に描かれた大きな作品を何枚か見る機会があった。
けして大仰な構図ではない。淡々とした絵画だった。
だが。ずっと見ているうちに「心に押し寄せる何か」を感じた。
圧倒的な技量を持つ人のみが許されるenergy。

たまたま階下の部屋でプロ画家(知人)が個展を開いていた。
先にフジタを見た「ワタシの目」にとって知人のそれは(大作)酷く違和感があり。
およそ絵画ではなく只々大仰な泥のようなモノにしか見えず。
薄っぺらさだけが印象に残る有様だった。おそらくフジタの絵画を見ていなければ。
この画家の良いところのみが目に映ったに違いない。

それほど「人の目」は正直であり。故に残酷さを持っているのだ。

さて大東亜戦争が始まる前にフジタは日本に帰国。
「小磯良平・宮本三郎ら」と共に戦争画を描くために従軍する。
そして各地を渡ってはスケッチを描き日本に帰って油彩画にした。
大量に描いた戦争画の中でも有名なのが「サイパン島同胞臣節を全うす」

及び冒頭の絵画「アッツ島玉砕」だ。

冒頭に「アッツ~」を選択したのは「サイパン~」よりも。
構図に関して納得できるものだったからで。
「サイパン~」は絵画的な意味で(言葉が強く出過ぎ)良い印象を受けなかった。
「アッツ~」でもそうだが従来のフジタの手法ではない。
完成させるのに2~3ヶ月。同時並行で何枚も描いていたろうから。
相当な筆勢・スピードだ。それ故。このような描き方になり。
また臨場感を表現するにはこの手法が一番適していたのだろう。

彼は少なくとも同時期の日本人らしく銃の代わりに絵筆を持って戦った。
彼の戦場はキャンバスだったのだ。そこに何の衒いもなく熱い想いだけがある。
ただし彼は画家である。絵画に「言葉」は必要ない。
余計な「言葉」があればあるほど邪魔になるのが絵画だ。
だから彼は彼の信念に従って純粋に絵画を描いた。故に鮮烈な絵画となった。

そうして戦争終結。日本敗戦。

戦後。USA統治時代が始まった日本。
日本が日本であることを拒絶された時代が到来した。
GHQにより公職追放20万人。代わりに「社会主義派」が教育に入り。
政治関与・情報操作。あらゆる点で「負の連鎖」を仕掛けた。
また軍備の徹底的破壊・書物20万点の没収。
(津村30人殺し事件に関する書物まで没収!)

そんな日本において「戦争画」を描いた画家達がやり玉に挙げられた。
「戦争に加担した輩はケシカラン!」戦争批判の対象となった。
まさに昨日の友は今日の敵。自虐史観の植え付け。
フジタはそんな日本に嫌気がさし。日本を去りパリへ戻ることにする。
片道切符の逃避行。しかし。「エコール・ド・パリ」時代の画家仲間の多くは死に。
またパリから去っていた。ましてや今はフランスは日本に対して戦勝国。
フジタはかつての栄光とはほど遠い「亡霊」として扱われた。

ただ親交のあったピカソだけは昔からの友情を大切にし。
フジタを快く迎えて。終生友として付き合ってくれた。
その後フジタはフランスに帰化しキリスト教に帰依する。
そして多くの宗教画を描き残した。

ワタシは戦争画を否定しない。どの国も画家を従軍させ戦争画を描かせている。
彼らもまたフジタと等しく銃の代わりに絵筆を取ったのだ。
ひとりの兵士として国の命運をかけて従軍しキャンバスの上で戦ったのだ。

そこに何の否定されるべき点があるだろうか。


-------------------------------------------------------


小磯良平「斉唱」
宮本三郎「飢渇」

小磯良平の「斉唱」は1941年に描かれた作品です。名匠・小磯の代表作の一つだと思っています。また宮本三郎「飢渇」は作品最下部の水溜りに映る兵士の両目が全ての状況を物語っています。

この他にも海外含めたくさんの戦争画があります。もちろん。士気を鼓舞するために描いた作品も数々存在します。ただ同時に個人的な感情を主として描いた作品も多数あります。戦争画に良いも悪いもありません。その時代の生き証人のようなものです。



スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できますさん^^
コメントありがとうございます。

こちら「避難勧告」出た地方あります。
当地は大丈夫です。
広報車のお知らせはありましたが^^)/
戦争を前にして個人の正義に何の力がある
 上官の非人道的な命令を拒否しなかったとして捌かれた兵士がいる。裁いた人間は、自らがその状態に置かれた時、果たして正義とやらを貫けたのだろうか。自らは問われない位置にあって捌きを下す人間に正義なんてあるのだろうか。戦争と言う時代の中にあって、個の人間ごときにどんな正義を求めているのだろうか。戦争が終わってから戦争に関わった事を捌くのは遡及法と同じだ。それこそが不条理である。
 歴史を遡れば、絵画も文学も音楽も経済も、戦争とは切っても切れない関係にあった。
あれもこれも盛り沢山の内容で、どこに突っ込めばいいか悩ましいのですが。

浅野と吉良について言えば、彼らと友達だったとか臣下だったとか言う人がその心理などを書き記していたのですかね?
でなかったら全部忖度じゃんw
吉良には真の友達がいなかったから、語録とか残ってないんだ!
吉良の事を良く言うのは、左の党派の奴らをほめるようなものなのかも。
自分の後援者にはニコニコ良い人面で、その他にはずる賢かったり辛辣な言葉をビシバシ。ムカつく。何か似てないですか?←上っ面しか知らない者の印象

で、ゴジラの件ですが。
モスラやガメラは名前の由来が想像できる(モスラ=蛾(モス)、ガメラ=カメ)けど、なんでゴジラ?
脚本書き損じによる誤字ら?
キングギドラもよくわかんないけど、かっこよくて好き♪

あぁ脳も体もすでに夏バテwww
そちら、被害はなかったですか?
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

そもそも戦争とは不条理なものです。
それでも人はその不条理の中で生きていかなければなりません。
殺し殺され怪我を負ったりrapeされたりです。
そこに光明はありません。
その場その場を忍ぶしか一般市民にはできません。
また「大儀」を我にアリとするのはどの国も同じです。

戦争に最も直結するのは経済でしょう。
USAのいうところの太平洋戦争前は世界恐慌だったのです。
どの国も経済的に不況のどん底にあったのです。
戦勝国となったUSAは軍需産業で大儲けした国です。
また朝鮮戦争では日本も軍需産業で儲かり。
経済復活の起爆剤となったのも事実です。
それがなければ「神武景気」という言葉は生まれていません。

戦争のための戦争が行なわれるのも事実です。
なぜ朝鮮戦争で原爆が使われなかったのでしょう?
なぜベトナム戦争で水爆が使われなかったのでしょう?
大東亞戦争においてUSAが早く戦争を終わらせるために。
核を使ったと言うなら。
核兵器を使えば良かったではありませんか?

既にRussiaは核を持っており。
USAは核を使うことが自滅への道と知っていたからに他なりません。
そして長々とUSAは戦争を続け。
核を使うことなくベトナムに敗戦します。
(国内に厭戦気分が広がり戦争を許さなくなっていたのです)
それでもその間。軍需産業は儲けていたのです。

地球に人間を含め「生命体」ある限り不条理はなくなりません。
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

> あれもこれも盛り沢山の内容で、
どこに突っ込めばいいか悩ましいのですが。

全然悩んでいないように見えるのはワタシの偏見でせうか?
どうやって片付けてやろうか・・・みたいな。
ああ。どうしてワタシは素直じゃないんだ。自分が憎い(唾で涙)

浅野内匠頭について詳細な記述があるのは思う所。
日弁連の意向かもしれませんwww
即日。切腹。ましてや庭にて切腹など以ての外。
4~5万石の大名に対する仕打ちではありません。
O事件の刑死さえ非人道的という「超人権派である日弁連」には。
幕府の行ないはとても許せない行為なのです。
だから詳細な記述があるのです?

まぁ。それは冗談として。
この事件について当時の庶民は赤穂義士と呼ぶぐらい感動したのです。
御上を憚りながらも歌舞伎・浄瑠璃に取り入れるなど。
浪士たちの伝説を勝手に創作するなどの行動を起こします。
「内匠頭・赤穂浪士=正義 吉良=悪役」そうでなければ物語にならないのです。

参加しなかった元赤穂藩士・・・不忠者。卑怯者。
気の毒なのは彼らですね。そんな中において最大の悪役・吉良。
地元でも世間の評判には耳を塞ぐしかなかったでしょう。
だってその後の幕府の御裁きは吉良家断絶(その後復活)ですよ。
もう黙っておくしかないじゃないですか?
なので資料があまり残らなかった・・・というところかもしれません。

さて問題のゴジラですが。
不思議だと思いませんか?その後登場する怪獣のnaming。
バラン(これゴジラの後に作られた怪獣映画です)
ラドン・モスラ・キングギドラ・エビラなど「ラ」ばかりなのです。
ゴジラの息子さえミニラですw
それが飛び火して大映「ガメラ」松竹「ギララ」が登場します。

いったい日本人にとって「ラ」とは何ぞや?
ここにはきっと長い長い日本の歴史に関係があると思います。
ああ。今それを考える気力がありません。お許しくださいw

大雨だけで家は大丈夫でした。
周辺地域もさして問題はなかったようです。
お気遣いありがとうございます^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する