FC2ブログ
mariちゃん
090611020027.jpg




mariちゃんと最初に会ったのは。
京都だったか。大阪だったか。
もはや記憶が曖昧になっているのだけど。

恐るべきことに。
ワタシと彼女の細く薄い関係は40年間続いている。
え?@@;どんな怪しい関係?
のーぷれぶべむ。直接会ったのは2~3回。
あとは全部「手紙」「メール」「年賀はがき」のお付き合い。

ワタクシ「年賀はがき」は元々書いたり書かなかったり。
なので年賀はがきの枚数は減っていくばかり。
それでも彼女だけは毎年送ってくれる。
そんな不思議さを「互いに意識」したこともあり。
「おもしろいねぇ」などと書いたこともある。

会った当時。20歳の短大生。小柄な女性だった。
どこか骨っぽく痩せた印象で。
「赤毛のアン」の主人公の感性が好きだと言っていた。
(ああ。それはその時の発言だったか。それとも手紙だったか)

彼女は兵庫県・芦屋の人(現在は嫁に行ったので他府県)
あの「神戸淡路大震災」も体験しており。
「体験して以来。ちょっとの揺れでパニックになるんですよ」などと語っていた。
タンスが横にぶっ飛んでいるのを見たというから。
凄まじい体験だったろうと思う。

そんな彼女もワタシと同じだけ歳をとり。
いい感じの「妙齢の女性」になっている。
(はぁ。40年は長いねぇ)縁を大事にするという意味で。
もともとスピチュアルな部分があったのだろう。

今は動物系セラピストで動物や飼い主の心理カウンセラーをしている。

(ワタシが2000年2月3日に離職した由をメールで伝えると。
節分は物事を判断するbestなタイミングであり。
如何にもあなたらしいとの返事が来た。結果的に「運命曲線」通り^^;)

彼女は精神世界にずいぶんと通じているのだと思う。


------------------------------------------------


※運命曲線=名称通りに検索していただくと。
あるいはまだ掲載されているかもしれません。
名前・年月日を入力すると人生全体の好不調をグラフで見ることができます。

おもしろいことにワタシの場合。結果的でしょうが。
曲線通りのリズムで人生を送っています。
若い人よりある程度。お歳を召した方のほうが理解しやすいでしょう。
無料で使えますので検索できればおやりになってください。
(あくまで参考として^^)




スポンサーサイト
40年のお付き合い
細く長くお達者で何より何より。こういう形の〇も良いじゃないですか。
miss.keyさん^^
コメントありがとうございます。

> 細く長くお達者で何より何より。こういう形の〇も良いじゃないですか。

こういう形の〇(;^ω^)・・・
〇をどう解釈するか?
永遠の〇・・・ハゲか?

ゲフォッゲフォッ・・・
泣いて血を吐く総司かな。
新選組血風録・・・視聴終了w^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する