FC2ブログ
M氏の回顧展へいく
yjimagetyuy765.jpg
牛島憲之


先日。通院の帰りにM氏の回顧展へ寄った。
作品群は大小二つのスペースに分けて展示されており。
芸大時代~現在に至るまでが網羅されている。

M氏の作品は通院中の病院の壁に5~6あり。嫌でも目にしなければならない。
というとM氏を批判的に見ているのか?と思われるが。そうではない。
氏の作品はhumorに溢れており優しさを感じるものだ。
余りに日常過ぎて今更。氏の作品について述べる気がしないだけだ^^;

M氏は出入り口に自身のプロフィールを紹介している。
その中に高校生の担任から。
世阿弥の言葉(風姿花伝?)を教えられ感動したとあり。
絵を志す切っ掛けにもなったとしておられる。

「初心忘るべからず 時々の初心忘れるべからず 老後の初心忘るべからず」

案内のハガキにもこのことが紹介されていたし。
もともと世阿弥の「花」について考えていたから。
M氏にこの件について尋ねてみた。
(風姿花伝を読んでない輩が何言うねん^^;)

「アレ(風姿花伝)は難しいのよね。で世阿弥の言う花のことだけど。
人にはそれぞれ輝く時期があるので。それを自覚・心得ていなさい。
という意味があるみたい」
「つまりそれが初心忘るべからず~に繋がっているんですね?」
「そうそう。そういうことかもしれないわね」

ワタシの思考回路はそれで繋がり。さっと的を射た気がした。
(超個人的解釈w・早とちりとも言われるw)

M氏の芸大時代の師は「牛島憲之」だった。ワタシは独学の徒ながら牛島氏について。
かねてより「モランディ」ととも端的な手法で絵画を表現した画家という見解を持っている。
そしてまるで接触のない画家なのに自分の背中を押してもらったようにも思っている。
牛島氏がどんな人物だったか尋ねると。

「先生は個人の考え方を凄く大切にしてくれる人だったの。
なぜこの絵を描いているのかを尋ねてくださって。
私がその意図を伝えるとなるほどという顔をされた。
個人個人の表現を(一定の見方しか許さないではなく)自由自在に見てくれたのね。
そしてとても優しい先生だったの」

この話はワタシが兼ねてより想像していた「牛島憲之」氏そのものだった。
一連の代表作を見れば自ずとそれがわかる。
M氏は御年72歳。緑内障・白内障を患っておられる。

それ故の回顧展だと言われた。



スポンサーサイト
何だろう
虫食い葉っぱの向こう側に見える羊・・・かなぁ。すみません、難しい画はわからんとです。何だろう。難だろう。
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

> 虫食い葉っぱの向こう側に見える羊・・・かなぁ。すみません、
難しい画はわからんとです。何だろう。難だろう。

いやはや!さすがmiss.key殿でござる!
まことに柔軟。子供のような感性を持っておられまする。
拙者「虫食い葉っぱ」の視点がなかったのでござる。

というのもでござる。牛島氏は榎木をモチーフした作品が多い。
(樹木を抽象的に描いているのでござる)
なので拙者。すっかり榎木に違いないと思い込んでいたのでござる。

miss.key殿は「王様。王様は裸だよ」と言える偉大な子供心を持っておられる。
やはり拙者の見込んだ人材。まさにそれが証明された事案でござった。
前々から申す通り。朝日新聞の四コママンガを描けるのは貴兄しかござらぬ。

かの新聞社の歩む道を糺すのは貴兄の他いないと・・・(落涙

故に「オレに四コマ描かせろや~!」
と怒鳴り込めるのはmiss.key殿しかおらんのでごわす。
ここは日本国の憂いを消すために堂々とかの新聞社に乗り込んでいただきたく候。
例えそれが暴挙となり務所勤めとなっても。
「王様は裸だ記念日」として国民は皆。感謝するに違いなく・・・たぶん。

因みに虫食い葉っぱの向こう側のモノ。
樹木に相違ありません。義挙期待しております。
自己責任で頑張ってください!^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する