FC2ブログ
再掲載・古いメモ帖~プロフィール欄より
火の蛾


・雑草に花を見つけて鋏が止まる

・「おはようございます」振り向けば幼い姉弟の走り行く

・眠い頭をザラリと撫でる

・戯言の積み重ねを人生という愚者あり

・生きるに値するモノいつしか消えて

・知らん顔の神様に手を合わせる

・潰れた蜻蛉の翅が揺れる風もないのに

・ほんの少し赤い無花果の青い甘酸っぱさ

・ゼットライトにとまる小さな虫を何気に潰す

・ぼくの苗字にきみの名を入れてみるある日ふと

・半年更新のないブログをまた訪れる元気ですか?

・あるくあるくあるく雨を呼ぶ風に吹かれて

・ぼくはぼくなりにぼくをみつめてきたんだよきみもそうだろう?

・電話の向こうから忘れていた姉の声がする

・ひとりという名の天国と地獄

・散骨したき海と空を眺むる

・主なき畑に彼岸花の咲く


------------------------------------------------


ワタクシの脳内は可笑しな働きをします。
出来の善し悪しは別として。お話だとか詩だとか。
急に書きたくなることがあるのです。

これをワタクシは「スイッチが入る」と呼んでいます。
そんな珍奇な現象が表れるのは。
かつて妄想のような絵を描いていた名残りなのかもしれません。

近頃では多少その傾向も減ってきたように思いますが。
まだ擦り切れるまでには至っていないようで。
ふ~っと風でも吹いて来るようにして浮かんできます。

そしていつものようにスイッチは切れてしまうのです。


--------------------------------------------------------


2014年の再掲載です。冒頭のイラストはwaravino制作です。
イラストそのもは古くて40年近く経ったものです。
冊子としてイラスト集を作ったが本人は持っておらず。
冊子をコピーしていた知人から分けていただきまして。
それをデジタル化した後のイラストなので相当劣化しております^^; 
(題名は「火の蛾」・・・って。そのものじゃんw)

この頃はプロフィール欄に自分なりの「韻を踏んで」俳句みたいなモノを作っていました。
渦巻く様に次から次に出てくるので保存し。まとめたものです。
現在はこの自由律というか俳句みたいなモノは出てきません。
ワタシの頭も変化していくし。それは極々自然な流れだと考えています。

それが進歩なのか退化なのかわかりません。自然な流れとはそういうものですから。





スポンサーサイト
waravinoさんって色々な才能をお持ちなんですね。
凄く羨ましいです。
私は食べるしか脳の無い女でした~(笑)
>>>主無き 畑に 彼岸花の咲く
これええなぁ。

>>>生き得るに値するものいつしか消えて
 生き得るに 値するもの 露に消え
いぢってみた

>>>僕の苗字に君の名を入れてみる
 あああ、儚い青春orz
太巻きおばば さん^^
コメントありがとうございます。

ワタシ。フツウがダメなんです。
例えば歌(歌詞)が覚えられないのです。
例えば俳句。季語を使って 5-7-5 で作れないw
例えば本の感想文。これがスゴク苦手です。
例えば対人関係が苦手で。お喋りが苦手なんです。
(幼い頃からコミュニケーション障害でした)

こうして自由に文章を書くのは楽なんですけどね。
定型がダメなんだと思います。
だから自分で「定型」を作らなきゃいけないのでしょう。
絵を描いていた時も様々な手法で表現しました。

人から飽きっぽいからだと言われましたけど。
自分なりに拘りがあって「線」についてずっと考えていたんです。
多様な「線」を開発しながら意識して描いていたのです。
(最後まで理解できなかった人が多かったようですw)

こうして書いてみると変な男ですねぇ~^^;)/
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

> >>>生き得るに値するものいつしか消えて
>  生き得るに 値するもの 露に消え
> いぢってみた

イジッテハナリマセヌ。アレ~。。。。
露に落ち露に消えにし我が身かな浪速のことは夢のまた夢 by秀吉
~に重なってしまいますがなT-T
秀吉に似るのは嫌だなぁ。
だってなんで淀殿だけ二度も孕ませられるわけ?

実は秀吉・・若い男と淀殿のプレイを見て楽しんでいたとか。
そんな変態趣味があったんじゃないっすかね?
そもそもあれだけ女癖が悪いのに子供がいない(秀勝・信長の子を養子)
つまり「種」がなかったんじゃないかな~と考えるんですね。

畑の主は隣の老人でしたが。いつの間にか消えておられました。
透明人間になったわけではありませんが^^;)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する