FC2ブログ
絵の話~渡辺崋山
285px-A_portrait_of_Takami_Senseki_by_Watanabe_Kazan.jpg
鷹見泉石像


病院帰りの途中。懐かしの我が愛する画材店に寄った。
自転車に使用するバッグが退色したので染料が欲しかったのだ。
あいにく頭にあった染料は既に売っておらず残念至極。

代わりに250円也のアクリル系絵具を購入。

さてたったひとりの後輩であるMくんが作業している。
その傍には「渡辺崋山」らしき細長い絵が何枚か重ねられている。
それと知ったのは薄い緑が鮮やかな人物像「鷹見泉石」があったからで。
凛々しい顔立ちと黒い烏帽子・脇差が画面をキュッと締めている。

画号を見るとやはり「崋山筆」となっている。

Mくん「ああ。それ本から切り取ったみたいですよ」
他にも何枚か拝見。筆使いの巧みさに加え。線に勢い・切れがある。
なにより描かれた線がまことに美しい。

「崋山ってどんな人ですか?」

Mくんから急に質問を受けた。
一瞬。うっ!となったが(だってあんまり経歴知らないしw)
「え~っと。本来絵描きじゃなくて政治家。もちろん武士だけどね」
と答えるのが精いっぱい(汗

端的に崋山の経歴を示すとこうなる。

幕末初期の頃の人物で江戸詰めの田原藩士(のち開国論者)
幼い時から絵の上手さで知られ自らも画人になることを夢見た。
家が極貧のため絵を描き家計の助けとし。やがて画人として有名になる。
また学問にも優れており著名な学問所を訪ね勉学に励みやがて家老にまで出世する。

家老職に付き高野長英らなどともにジャガイモ・ソバの飢饉対策を提案。
また開国論者であったが幕府の取り締まり厳しく海防論者を装った。
時代が激しく動き「蛮社の獄」により鳥居耀蔵に疑惑を持たれ自宅蟄居の身となる。

崋山の弟子は貧窮した崋山の家計を支えるために。
画会を開き金策に走ったが。それを幕府側に知られたため。
崋山は田原藩に迷惑が及ぶのを恐れ自決する。

享年48歳(1841年)。明治(1865年)に至る24年前のことだった。

崋山は少年時代から藩主に可愛がられている。
頭脳明晰でもあり成長するにつれ主な役職につく。
が。同時に崋山は「画人」に成りたいという願望があった。
才能を持ち合わせ高い技術も修めている。

もし仮に「画人」だけを目指しておれば自決することなどなかったろう。

しかし。彼はあくまで武士であり優秀な官僚だった。
どちらか片方だけの人生など送れなかった。
あくまで「画人」と「武士」であり続けることが彼の宿命だったのだ。




スポンサーサイト
書家 画家
実は書家の書は二束三文だそうです。書で高値が付くのは別業で高名な方の物だけだとか。画はそこまでひどくは無いですが、芸能人の画がよく話題になる一方で、本業の方の画はなかなか評価されないようです。
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

書家の書はあまり好きじゃないですねぇ。空海の書はいいですよ。神がかっています。明治期の政治家・副島種臣の書も有名です。彼の書はもはや現代アートと言っても過言ではありません。圧倒的な迫力があるのです。で。以前あることで副島さんの孫にあたる老婦人と知り合ったんです。彼女いわく「父親が言うには種臣は風呂嫌いで。いつも同じ服ばかり着ていて。政治に出向く時だけ風呂に入って着替えをしたそうです。書は父親が売り払ってしまって。我が家には残っていません」まぁ。才能のある人は独自で道を切り開いた方が多いので。中には奇人もいるのでしょう。書家の書が得てしてつまらないのは「アート=想像力」がないからじゃないですかね?ゲーノ―人の画が入選するのは。たいがい「二科展」なのは何故でしょう?ゲーノ―人枠があるからですw
waravinoさん、お久しぶりです。
2年以上も前に訪問させて頂いていた、晨です。
本当に長らくご無沙汰していたので、「どこの誰だっけ?」と思われるかもしれませんが、改めてよろしくしてやってくださると幸いです(笑)

渡辺崋山。どこかで聞いた人だなあと思ったのですが、僕の場合はどうやら高校の倫理の開国思想のところで習ったようです。
確かに読み返すと、画家であることも一言書かれているのですが、全く覚えていませんでした。
このくらいの時代の絵は、まだリアルさに欠けているという思い込みがあったのですが、とてもリアルで繊細に描かれた絵ですね。

少し前の記事のWelcoming catは新しいシリーズのお話なのでしょうか?
ケンタッキーのおじさんが出てきたりと、突拍子もなくて、そしてやっぱり優しさのある話。
waravinoさんの作品ってこんな感じだったなあと懐かしくなりながら、楽しませて頂きました^^
続きも楽しみにしています。
晨 さん^^
コメントありがとうございます。

晨さん。忘れていませんのでご心配なく^^
「路地裏の片隅」
一番下にあるせいか。ずっとそのまま「保存中」ですw

たいてい半年~1年更新がないとリンクから外すんです。
ただし復活された場合改めてリンクさせてもらっています。
(もちろん大いに期待するブログは長期に渡って外しません)

2年前はまだ学生だったように思いますが。
もう卒業・就職されたのでしょうか?
あるいは大学に残って研究などされているのでしょうか?

我がブログ。毎月の掲載量が減って(以前から?w)
先月は「渡辺崋山」のみでした。件の猫の話も書くはずだったんですが。
なかなか「ワクワク感」が持てず(集中力の問題?)
そのままにしてあります。次回はラストなんですけどね~^^;

渡辺崋山。たぶん北斎もまだ存命中?(かなり爺さんw)
北斎は西洋画の影響も受けて遠近法を使った作品も残しています。
崋山の「鷹見泉石」は西洋画の影響のもとに書かれています。
(もちろん従来の「山水画」も多く描いています)
当時の日本人の好奇心が如何に盛んだったかわかりますよね。

記事の中に高野長英が出てきます。
ご存知のように「安政の大獄」で処刑されるわけですが。
この頃の「政治活動」はまさに「命懸け」です。

現代の政治家の場合「単なるお仕事」なので「覚悟」が違います。
某氏がヘタな字で「まっとうな政治」と書き高々と持ち上げる姿を見て。
大笑いしました。その字から「誠意・情熱・覚悟」を。
どうしても見て取れなかったからです。

これからの日本は戦後初めてと言っていいぐらいの。
激動の時代に突入すると考えています。
そんな時に必要なのは「覚悟」です。腹をくくることです。

とまぁ。話が飛んじゃいました。
またの「ご出演」お待ちしておりますw^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する