FC2ブログ
Welcoming cat・1-3
yjimage20RQTACV.jpg



「お客さ~ん!店ん中で走り回っちゃ困りますよ!」
鬼介は慌てて青年へ声をかける。
青年は大きな声にハッとして立ち止まる。

「すみません。珍しい蝶だったので。ついつい・・・」

頭を掻き掻き鬼介に謝る。
その間。ギフチョウはスーっと上がって天井に止まる。
そこで鬼介がホッとしたような顔を見せ。

「え~っとお爺さんは・・・」
振り返ると女の子と黒服のお爺さんがいない。
「おかしいな。帰ったのか・・・う~む」

仕方がないなと思いながら青年に尋ねる。

「で。ご注文の品は?」
「あ。そうですね。ラーメン+焼き飯でお願いします」
「はい。ちょっと待っててくださいよ」

鬼介は調理場に入る。
青年はカウンターに腰かけ天井のギフチョウを見る。
するとハネが小さく震え。おかしな変化を起こす。

「あれれ。色が変わってきたぞ。それにだんだん大きくなっている!」

その突拍子な声に調理場の鬼介が思わず。
カウンター内から顔を出し天井へ目を向ける。
「あ~!ありゃなんだよ!」

ギフチョウのハネが虹色に変わっていく。しかも3倍以上になっている。

青年が急いで携帯を取り出し耳に当てる。
「もしもし○○新聞社さんですか?今ラーメン屋で凄いことが起きてます」
なので是非。記者を寄越してくださいと依頼する。

「え?記者さんが来るの?」鬼介が青年に尋ねる。
ところが「あれ?」青年の姿が煙のように消えている。
「おいおい!ラーメンど~すんだよ!」

鬼介はカンカンに怒る。無理もない。
三人が知らないうちに訳もなく消えたのだから。
「いったいどうなってんだ!この店は!」



-------------------------------



最終回のつもりでしたが。
明日の見えないスクラップギャグ風のお話なので長くなりました。
次回は最終回にしたい・・・つもり^^;




スポンサーサイト
確かによくわからないのですが(正直ww)、でもこのテンポというか語り口というか・・・落語にしたらいいんでないですか?
私、幼少期より祖父と一緒に落語聞いて育ったので(柳家小さんが好きだった)、最近NHKの日曜早朝5時前からやってる落語見るのが密かな楽しみになってきて・・・老化を感じてみたりww
waravinoさんの「ノリ」って、なんとなく井坂幸太郎に通じるものがあるような気がしてます。あ、waravinoさんの方が断然先輩になるわけですけども(笑)
直木賞でもねらっちゃったりして?
最後の「いったいどうなってんだ!この店は!」に笑いました。
鬼介さん、あなたの店ですよ!!(笑)

とんがりねずみさんのコメントで伊坂幸太郎さんが出てきましたが。
このなんとも不思議で、それでいて「不思議にしてやったぜ!」という感じが無く、さらりとした読み心地。何故か癖になる感じ。そういうところは、確かに共通している気がしました。
伊坂さんをお好きでなかったら、お許しください(笑)
とんがりねずみ さん^^
コメントありがとうございます。

拙者。井坂幸太郎って誰?状態です。
まことに申し訳ありません。
柳家小さんよりも三遊亭圓生 (6代目)が好きでした。
小さんとケンカして落語協会を脱退したのは残念でした。

以前。ネット動画で「いろんな落語」を聞きました。
若い人の創作落語に大笑い。誰だったか名前忘れましたが。
その創作力・表現力に大変感心したものです。

虎ノ門ニュースのMC・居島一平も大好きで彼のもう一つの姿。
地上波でヤレナイ芸人「大本営八俵」は大好きです。
タモリが「自分と同じ匂いがする」と言ったと聞き及んでいます。
ある意味マニアックというか密室芸に近い芸風が。
タモリをしてそう思わせたのでしょう。
さすがに「戦後生まれの傷痍軍人」なんて地上波は無理w

「ノリ」について~たぶん。考えてみるに。
実験的に試していた「アルク」からの影響がかなりあるんじゃないか?
と思う次第です。「アルク」では「散歩=歩いて移動」
つまり常に「視線のing」を意識して書いておりました。

お話を書く場合。必ずテーマとかストーリーとか。
一切考えず。突拍子もなく始めていきます。
思考回路が「理路整然」としていない「特殊能力」なので。
本人も結末を知らないという「流れ」でしか書けません。

「今回のお話」はまさにそれを実施しているので。
「何なの?」と考えるのがフツウですw
無事に着地点へ降りられると良いんですがw^^)/
晨さん^^
コメントありがとうございます。

とんがりさんへのコメントの中で書いたように。
拙者。伊坂幸太郎なる人物を知りません^^;
また同じく書きましたように「アルク」からの影響があります。

ブログにはカテゴリー「スケッチ」「アルク」があります。
「スケッチ」は立ち止まって周辺の情景をメインに書く。
「アルク」は移動する視線をメインに様々な事象を書く。

「アルク」ではかなり実験的なこともやったので。
初期の記事から比較すると文体がすっかり変わったように思います。
「アルク」を書く時は常に新鮮で楽しかったです。
(疲れた・飽きたで「アルク」は休憩中ですw)

「さらり」とした読み心地。ありがとうございます。
けして「物語」を書くのは得意ではないので。
そう言って頂けるだけでも嬉しいです^^)/
ラーメン半チャーハン
最近、街の中華屋さんと言う名のラーメン屋さんが消えつつあるそうで。こだわりのラーメン屋さんが繁盛する側で、昔ながらのお店が消えて行く。なんか寂しいですなぁ。まあ、繁盛していたこだわりのラーメン屋さんも三年もすれば閑古鳥ですが・・・。某茨城県なんぞに住んでいると、この国から活気と言うものが消えてしまった気がします。
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

某茨城県って水戸市がある県でしたっけ?
偏屈爺さん「水戸黄門」が居たところ。
活気で言えばこちらも似たようなもんですよ。

市の中心部が寒村化していわゆる「ドーナッツ現象」
郊外にたくさんの大型商業施設があります。
ワタシの住んでいるのは。そのどちらでもないのですがねw

近頃。ラーメンはあまり食わないですね。
もちろん糖尿の関係もあるし。
最後に食べたのは3ヵ月前だったかな。

利用するラーメン屋は営業時間・11:00~15:00(実質4時間!)
麺がなくなり次第閉店するという「お前は頑固親父かよ!」って言いたいお店。
でも店主は若くてイケメン真面目そう。嫁さんと二人でやってる。
(二人とも接客がいい感じ)

ラーメンは見た目が上品。味もほどほど良い。
近くにあるので。ラーメン食べる時はそうそうないけど。
ここを利用することが多いです。

自転車こいで20分ぐらいの場所に丸亀製麺があります。
ここのうどん食べてみたいけど恥ずかしがり屋のワタクシ。
未だに入店したことがありません。
(特別なルールがあるようでコワイw)^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する