FC2ブログ
閑話休題~夏便り
66789.jpg



ワタシは世間一般から見ればつくづく親不孝者だ。
もう彼是20年ほど墓参りをしていない。
今年も行かないだろうし。やはり来年も行かないだろう。

それには理由があって。何故なら両親ともに極楽往生。
すでに魂は救われていると確信しているからで。
然るに何故墓参りが必要なのかさっぱり理解できないのだ。

だから形だけの墓参りは必要なく。
自宅にある両親の遺影を見ているだけで良い。
両親を思い出すことで心が和む。
(親を思う・慕う心だけで十分供養になっている)

さて。墓参りと言えば。
山口市内にある「中原中也」の墓を尋ねたことがある。
それはやはり暑い夏のことだったように思う。

意外だが「中原中也」と書かれた墓はなく。
「中原家累代の墓」となっており。遺骨はその中に収められている。
行った当時の墓のまわりは草ぼうぼうの畑だった。

不思議なことに墓前にはお賽銭のつもりか?
数十枚の10円玉・5円玉・1円玉が供えてあって。
今でも妙に鮮烈な記憶として残っている。
(他意はなく。いかにも日本人らしい気持ちの現れだろう)

~中原中也・死別の翌日~

生きのこるものはづうづうしく、
死にゆくものはその清純さを漂はせ
物云ひたげな瞳を床ゆかにさまよはすだけで、
親を離れ、兄弟を離れ、
最初から独りであつたもののやうに死んでゆく。

さて、今日はよいお天気です。
街の片側は翳かげり、片側は日射しをうけて、あつたかい
けざやかにもわびしい秋の午前です。
空は昨日までの雨に拭はれて、すがすがしく、
それは海の方まで続いてゐることが分ります。

その空をみながら、また街の中をみながら、
歩いてゆく私はもはや此の世のことを考へず、
さりとて死んでいつたもののことも考へてはゐないのです。
みたばかりの死に茫然ばうぜんとして、
卑怯にも似た感情を抱いて私は歩いてゐたと告白せねばなりません。





スポンサーサイト
中原中也はそちらの方の出身だったんですか。
あのLGBT先取りみたいな風貌・・・詩も不思議感いっぱいで、読んでると「ここはどこ、私は誰?」みたいな気分になるような。

墓参り。
私の実家は103回忌と言う坊主さえ目を見張った法事を執り行うような、信仰心篤い(のではなく、形式主義)家風でして。
「それ誰!?」みたいなヒトの法事に参加するのは眠い、帰りたい、それだけでした。

やがて何に憑りつかれたのか、法事だの葬式だのいうと、私の体調がすぐれなくなり、実は義父の葬儀にすら参列できなかったという不始末。
でもそれを期に「もういいや、人に何言われようと嫌なことは体が教えてくれるから、身を削ってまでやるのはやめよう」と決意し、以来法事一切お断り。(だんなも承認)
死んだらもう、ただの死体であり、あれこれ思い煩い悲嘆に暮れて儀式を執り行っても、それは生きてる人間の気が済むようにしてるだけの事で・・・死してなお、私の中で私の周りで生きているのは「くり」だけです。あれは私の分身なので。
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

ワタシは他の兄弟と違う考えを持っているのです。
知人・友人のいない両親の葬式を大きな葬儀屋でやった。
要するに葬儀屋に丸投げして葬式をしたわけです。

当然。訪れる人も少なく。
その点において。ずいぶん両親が可哀想だったように思います。
身内だけで葬儀をするべきだったのです。
両親は寺・神社とは縁がなかった(ただし神棚はあって母が手を合わせていました)

で。葬儀屋で紹介された寺の住職に法要の代金として金を包む。
信心もない癖に形だけ供養して何の意味があるんだ?という反発が起きたのです。
かつての知人の葬儀は実に簡素で自宅に遺体(防腐処理済)を置き。
花を手向けるだけのものでした。身の丈にあった「お別れの儀式」でした。

それは見事なほど美しい葬儀でした。
ああいう形で両親を見送れば自分は納得したでしょう。
葬儀屋と坊主丸儲けの構図が嫌だったのでしょうね^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する