FC2ブログ
平成最後の8月~玉音放送・大東亜戦争終結ノ詔書
20090724165329_15_400.jpg
Leonardo da Vinci



朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ收拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク
朕ハ帝國政府ヲシテ米英支蘇四國ニ對シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑ゝ帝國臣民ノ康寧ヲ圖リ萬邦共榮ノ樂ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所
曩ニ米英二國ニ宣戰セル所以モ亦實ニ帝國ノ自存ト東亞ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他國ノ主權ヲ排シ
領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス

然ルニ交戰已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海將兵ノ勇戰朕カ百僚有司ノ勵精朕カ一億衆庶ノ奉公各ゝ最善ヲ盡セルニ拘ラス
戰局必スシモ好轉セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス

加之敵ハ新ニ殘虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル
而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ

斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神靈ニ謝セムヤ
是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝國ト共ニ終始東亞ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ對シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス
帝國臣民ニシテ戰陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内爲ニ裂ク

且戰傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ
惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス

爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ
萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ國體ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ
若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ
信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム

宜シク擧國一家子孫相傳ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ總力ヲ將來ノ建設ニ傾ケ
道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ國體ノ精華ヲ發揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ

爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ



【玉音放送】~Wikipedia



----------------------------------------------------------


漢文調にて少々読み辛いかと思いますがおおよそ概要は掴めるのではないかと思います。
玉音放送は聞き取り辛い箇所があるためWikipediaにある全文を掲載しております。
またTVなどでよく耳にする「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」は国民に強いたものではなく。
「陛下御自身がどんなことになろうとも万世の太平が訪れることを願う」と私は解釈しています。
そしていつも思うところですが「朕ハ~」が省かれる場合が多いことです。
「朕ハ~」があるかないかで印象が全く違ってしまいます。
(※全文解釈は各人にお任せします)

※米英支蘇(支=シナ・蘇=ソビエト連邦)
シナ=蒋介石率いる中華民国(現在の民主主義・台湾)を指しているのであって。
「1949年誕生」の毛沢東率いる共産主義・現在の「中華人民共和国」ではありません。
(この点に置いてくれぐれも誤解なきようにお願いします)

少なくともこの時期に玉音放送がなければ。
日本陸軍は健在でしたから戦争は継続されていたと思います。
玉音放送については「ポツダム宣言受諾」に対し陸軍の抵抗勢力があり。
8月14日~15日にかけて宮城事件を起こし未遂に終わります。
既に不可侵条約を破ったソ連が9日(長崎原爆の日)に参戦しており。

ゲリラ的に戦いを継続すれば現在の日本国は分裂していたことでしょう。

平成30年・8月。来年の8月は別の元号になっています。
つまり平成最後の8月です。だから何だと思われますが明治~昭和の人と同じく。
三代の御代を生きることになります(未定ですがそこまで生きる予定です)
昭和は遠くなりにけり・・・

前回と今回で連続して戦争に関する記事となりました。

「1年の春1000年の冬」は「思想・宗教・政治」に関し。
ある時期まで意識して触れずに書いてきました。
何故なら読み手が「引く」あるいは「反発を招く装置」であることを知っていたからです。
(そしてまた自身が柔軟に対応できない質であることも)

興味のない方には失礼しました。次回より平常運転に戻ります。



------------------------------------------------------------------



Leonardo da Vinci・レオナルド・ダ・ヴィンチ
(1452年4月15日 - 1519年5月2日)
イタリアの「ラファエロ」や「ミケランジェロ」などを。
輩出したルネサンス期における代表的な芸術家です。

さてダ・ヴィンチについてです。
「絵画とは何か?」と人に問われた際に彼は壁を指して。
「あの壁の染みをごらんなさい。あれが絵画です」
と述べたという話が伝わっています。

けれど。その真意について彼がどう語ったか?
ワタシは知りません。ただ「経験」を通して理解できるだけです。
それを言葉に表せないのは浅学のせいでしょう。
(理解の正誤は別の話ですけれども)

「ダ・ヴィンチの以下の見解について賛成します」
・優れた画家はふたつのものを描く。人と人の心の動きである。
・五感は魂に仕える従僕だ。
・本当に物事が分かっている人は大声を出さないものである。
・芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ。

「ダ・ヴィンチの以下の見解について文句をつけます」
・画家は孤独でなければならない。
なぜなら。一人なら完全に自分自身になることができるからだ。
たった一人の道連れでもいれば半分しか自分ではなくなる。

気持ちは察しますが。あなたが生涯独身であったことはあなた自身の問題です。
あなたが読んだであろう旧約聖書には「産めよ増やせよ地に満ちよ」と書いてあります。
「画家は孤独でなければならない=あなたの場合です。たった一人の道連れ~は余計です」
この点において。天才と詠われたあなたはただの偏屈親父です。

ええ。もちろん「画家は孤独でなければならない」
その心境は知っているつもりです。
(なにせワタシも至って偏屈親父でありますので)
でもどうしてあなたのデッサンは宝石のように輝いているのでしょう。
しかも透明な宝箱に宝石を閉じ込めたままにして。

ホントに卑怯な偏屈親父だよ・・・遠い未来から尊敬を込めて。





スポンサーサイト
            有難う御座います。
 全文の終戦勅語の掲載。抜粋にも為らない常套句の垂れ流しばかりの戦後世代には、余程の事が無い限り余程、知らずに終わって仕舞う世相と為って仕舞いました。

 読めば、日本人が日本人にトリップ出来る心情に至る筈ですが、ウサギ追いしかの山の『故郷』は、名曲中の名曲として、日本人の永遠の心情歌として、その地位を確立して居るのに、終戦勅語を日本人が共有出来て居ない処に、戦後日本人の最大の問題点が在る。

 にも拘わらず、それが出来て居ない。ブログ記事に、その全文が堂々と載って居る。いやはや、有難い事です。感謝感謝です。

Rさん^^
コメントありがとうございます。

この記事の件は以前から「独自の解釈文」を掲載するつもりでおりました。
記事にもあるように肉声が聞き取り辛い箇所が2~3ありまして。
また全体の印象が昭和天皇の言われんとする所と違ったものになると困りますので。
こういう次第になりました。
言わば「力不足。ここに及ばず」というところでしょう。
「Japan」のユニフォームを着た選手もこういうプレッシャーがかかるのでせうか?
全く馬脚を表したようなものですね。ああ。我れ無学なり。

さて。いよいよ御代替わりがやってきます。栄えある御代になりますように!
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する