オモイデタチキリソウ~さくらさくら さく さくらちるさくら 
CIMG0229_convert_20170412062408.jpg




さくらさくら さく さくらちるさくら 

桜の季節は心がにがくなる。だから。桜色は好きだけれど。
時に桜色は錆びた鍵に変わり。奇妙な音をたてながら記憶の扉を開ける。
そして静かに静かに。或る人の言葉と姿を盗り出してしまう。

「わたしね。さくらって名前をつけて。みんなに呼ばれているの」
「わたしね。さくらのある家に住みたい」
「さくらのつぼみはね。こうして描くのよ」

言葉と姿が入り混じる。視線は自然と下を向く。心が散った桜に染み込んでゆく。
通り過ぎた過去は消えてなくならず。やがて心は柿の葉の透明な若葉色を求め始める。
桜色と若葉色を合わせ灰色の曖昧という現実にするために。

さくらさくら さく さくらちるさくら 





【公認】中島みゆき「ファイト!」・倉沢よしえcoverversion
スポンサーサイト
桜、早くに亡くなった母の好きな花でした。
亡くなった時、戒名に桜の一文字をご住職が入れてくれたんです。
遠い昔の話で今や自分がその年になろうとしてます。
桜は日本人の心なんだとしみじみ感じてます。
太巻きおばばさま^^
コメントありがとうございます。

桜の戒名~忘れられないなぁ。
思いをくみ取って戒名に入れてくださった住職に感謝ですね。
自分がその年に~それはワタクシも同じなわけで。
悔いを残さないように生きようと思います。

桜は日本人の心の代弁者ですね^^)/
桜ね・・・。
桜餅の塩漬けの桜葉は大好き・・・だけど、一昨年から桜は見たくない花になったわ。
くりが帰らぬ旅路の一歩を踏み出したのが4月5日。
裏の桜並木で写真を撮った日の夜。あの日から、七夕の朝まで、ツツジや藤やアジサイや、そこらじゅう花だらけだったのに、全然見てる場合じゃなくて、家と片道1時間半かかる病院の往復で・・・。
だんなはもう切り替えられたみたいだけど、柄にもなくズルズルズルズル引きずってる未練たらたらたらたらの私なのでした。

桜なんかこの世から消えてしまえ!!!
うわ~~~~~~~ん・・・・

いえね、実際、近所の桜並木も枯れ枝や立ち枯れた木が増えてきて、やはりソメイヨシノの寿命は60年なのかなぁと。
それとも私の呪詛の影響か?
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

桜餅の塩漬けの桜葉は大好き~ワタクシも好きです。
もちろん。葉っぱだけじゃ嫌ですがね!w
最後の桜餅を食べてからどのぐらいになるかなぁ。
(血糖値が~↑だからなぁw)

そうですか。くりは家族(娘?)だったんですね。
犬猫は飼ったことがないので(面倒だから)
飼い主の気持ちを察しできないんですけど。

ホンダ・ビート(赤の軽オープンカー)には愛着がありました。
手放す時。他人に乗って行かれる後ろ姿を眺めながら。
(信じられないでしょうが)胸が詰まりました(食い過ぎではなくw)

今でも時折。思い出しますよ。
アレは生き物だったんでしょうか・・・(ノД`)・゜・。
もう15年前の話です。古い話。

いつもいく薬局で近くの桜のことを言ってました。
「去年から花が少なくなってね。殺虫剤が原因みたい」
自然に枯れていくものなら。それでもいいけどさ。
殺虫剤じゃあまりにも不憫じゃないですか?(ノД`)・゜・多過ぎ?^^)/
道具はをなご
おはようございます
おいらは道具は全ておんなのこと思い接します
扱いが丁寧になりますから
車もここぞで踏ん張ってくれますし

おいらの出刃は倅が使い
家人の包丁は亡き母のものでした
今、おいらが使っている出刃は家人の母のものでした
たまに磨きますがよく切れます
おいらより年上です・・・たぶん
いいものは人も道具も長持ちしそうです。
はしびろこう・ウナ
コメントありがとうございます。

ワタシはモノを大事にしない人間です。
なので「ほとんどのモノに価値」を見出していません。
モノは壊れるものだと思っています。

だからと言ってモノをなかなか捨てません。
使い切る。ダメになるまで使います。それから捨てます。
10歳ぐらいに買ってもらった鉛筆削りを持っています。
もう50年経っています。

ワタクシの描いた「作品」が今のところ問題です。
死ぬまでには処理しないといけません。それがいつになるかわかりません。
決心の問題でもありますからね^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する