4年振りの「みんな しあわせで あれ」
バービー



4年振りに彼女に会った。
「彼女」と言ってもアルバイトで。しばらく。
お世話になった事務所の女性だ。

その日オレは。
夕方6時30分(サービス残業込み)で。
昼間の仕事を終え・・・・

でも。夜7時からMeetingがあるため帰れずで。
まぁ。腹も空いたし。 弁当でも買って。Meetingに備えるか。
ということで。近くのスーパーに行った。

すると入り口に入って。いきなり件の彼女が目の前を横切った。
オレは知った人でも目が合わない限り。
自分から声を掛けて呼び止めることはしない。

彼女を見ると。どういうわけか。声を掛けていた。
でも全然。気づかない。一度振り返ったのだが。
すぐに目線を切って背中を向ける。

そこで。すこしばかり大きな声で名前を呼んだ。
彼女はようやく。その声で。
「オレ」だということに気づき足を止めた。

彼女の目が。
大きく丸く開いて相好が崩れた。
「あ~~!?」

どうやら。オレが。あまりにも「痩せたので」
絶対に。こういう知り合いは。いないと思ったらしい。
無理もない。 当時53kgから6キロ減の鶏ガラだし・・・・・orz

彼女は以前メールアドレスに。
「みんな しあわせ で あれ」という文字を使っていた。

自分を表現するために存在するアドレスに。
彼女が何故どうして。
人の幸せを願う言葉を使っていたかは知らない。

知らないがオレは。それを知って以来。
親子ほども違う若い彼女に他の人とは違う何かを感じていて。
いつかその理由を聞いてみようと思っていた。

「まだ。あそこで仕事してんの?」
「うん。もう。みんな辞めちゃったけどね・・・」


当時いた人は全員入れ代わったらしかった。
「あの人が来てから大変。みんなどんどん辞めちゃって」

あの人というのは感情の起伏が激しい人で。
オレもよく知っている人だ。よく泣きよく笑う人で。
自己コントロールが難しい人のようだった。

「何度泣いたことか・・・」
「誰が?」
「わたし・が!」 @@;

それでも彼女は妙に明るい笑顔を見せる。

「辞めて。他の会社に行くことも考えたけど。歳も歳だしね。
3年我慢しようと思って我慢したけど。するんじゃなかったかもね。
それだけ歳を取って。就職が難しくなっただけだったw」

「他の会社に行けば社内恋愛もできるだろうに。あそこじゃ無理でしょ?」
「まぁ~ねw」

屈託なく笑う姿は4年前と。ちっとも変っていない。
痩せたStyleも・長い髪型も・茶髪も。まるで変っていない。
あの頃のままだ。

「飯でも食おうか・・・・」
「うん。行こうかw」
「・・・・と思ったけど。Meetingでw」

とまぁ。相変わらず間の悪い男の本領を発揮して。
オレは彼女に手を振って別れたが。後で気づいた。

「みんな しあわせ で あれ」の理由。

それを聞き損ねたことを・・・・・。
それでも彼女の少し垂れ目気味のcharmingな笑顔は。
既にその理由を物語っているのかもしれない。

彼女の笑顔は「みんな しあわせ であれ」と。
言っているように思えるからだ。

あの顔を見ると。オレはどうしても。
にやけてしまう(変な意味ではなくw )
オレは彼女の笑顔を想い出しながら。
またにやけてしまった。

--------------------------------------------------

この記事は2009年に掲載したものです。
記事と下書きを整理しているときに「発見」したものです。
8年前の記事・・・・もうそんなになるんだなぁ。

彼女今頃どうしているんだろう?
結婚して子供を作って。
暖かで幸せな生活をしているといいな。

ま!独身でもいいですが!!@@;




スポンサーサイト
うひょひょ♪
なんだかいい話じゃないですか♪
waravinoさんって、ほんとはナイーブでロマンチストで涙もろくて人情に流されるタイプ(ゲイジュツカだもんね~♪)だったんですねw←いや別に、今改めて知ったわけじゃw 再認識、ってことで。

間の悪い男と女が偶然の再会。
これはもう、口説き落とすしかないでしょう。年の差って何よ?関係なくね?
職場がわかるんなら(転職したかなぁ・・)待ち伏せ作戦があります!
二人で土手に座って、牛乳とジャムパンで将来を語り合ってください!
がんばれ、waravino!!\(^o^)/
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

あれから8年。さすがに独身ってことないだろう。と思うんですよ。
容姿は十人並みだし性格は明るいしね。
若いころ九州にいてバンド組んでボーカル担当していたらしい。

モテるタイプだと思うんだけどなぁ。
当時既に男女の仲になっていたオトコがいてあ~だらこ~だら不満言ってた。
結婚願望は強かったように思うw

彼女の父親って。ワタクシと同年齢なんですよw
まぁ。そんな気持ちで彼女とは接していました。
でもね。内緒だけどね。

ある時。彼女がワタクシを横目で見ながら。
「(ワタクシ)が若かったら。たぶんワタシ・・・」って。
ノタマッタことがあるんですよ@@;

「・・・」のところが気になりましたが。
彼女は黙り込んだままになりました。
「それから?」などと野暮は言えませんしね。

淡い水彩画のような想い出ですね!^^)/
私も日本の職場では社内恋愛はご法度でした。
一度、それが表面化すると女性は退職を迫られるし、
男性はピンクカードと言って、転勤の行く先々ましで、
それが回って行き、出世の道を遮られるって聞きました。
嫌な職場でしたが、なが~い間勤めましたよ(笑)
今頃どうしておいでだろうか
ああ、若かりし日のあの子の笑顔。どんどん美しくなるおもひで。未だに恋してますよ、あの子に。でも当然あちらもそれなりのお歳。おもひでは美しいままに、心の奥に仕舞っておくのであります。
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

想い出は熟成し。やがて甘美な酒となります。
その酒に酔いながら。秋の夜なべに・・・
あ。春の夜なべに?書きしたためるもよし。

恋した人は数々おれど。
みんな しあわせで あれ
との思いは変わらず持っているのであります。

オレも しあわせ であれ・・・(ノД`)シクシク^^;)/
太巻きおばば さま^^
コメントありがとうございます。

職場恋愛禁止ですか・・それはちと厳しい時代ですね。
規律を重んじ統制を好む日本人独特の会社の在り様だったかもしれません。
(当事者からすれば迷惑千万だったでしょうが^^;)

今は自由過ぎて政治家・警官・公務員はおろか。
いろんなところで日本人の綻びを感じます。
もっとも昔からそう言うのってあったんですけどねw

あ。そうそう自分の好みで。
「MeetFresh 鮮芋仙」(台湾のスイーツショップ)のリンクを貼りました。
一度「ご賞味あれ!」^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する