アルクカメラ~ああ。絵がそこにある。
CIMG0118_convert_20161013235904.jpg


例えばある風景を見て。
ああ。これは絵になるな。と思うようになったのは。
いつからだろう?

ホントに絵に目覚めたのが30歳中頃で。
もちろん。それまで絵は描いていたのだが。それは自分の絵じゃなかった。
誰かの真似。つまり他人の目線で絵を描いていた。

それがいろいろあって。ある日。絵がわかったと思える瞬間がやってきた。
どんなふうにしてとか。まったく説明できないのだけど。
頭の中の回線がうまく繋がるようになった。スムーズになったというべきか?

その時はとても嬉しかった。長年の悩みとしていたものが。
具体的に理解できるようになったから。
なにせ独学だ。そこに至るまでに途轍もなく長い時間がかかった。

もっとも今は絵を描かないので。この「回線」もあまり必要としていない。
必要としていないが。ソノモノを見た瞬間。思わず回線に電気が走る。
その電気が走った瞬間の映像が上記の写真だ。

考えればマニアックな話。こんな何気ない風景に電気が走るなんて。
いったい自分の目はイカレテイルンダろうか?
でも家の黒ずんだ様子といい。電線の位置といい。やっぱり電気が走るんだ。

「おかしな目の病気」を持ったものだ(お陰でどこにいても退屈しないw)



スポンサーサイト
独学万歳
師に付くのは手っ取り早いが、所詮劣化コピーになるだけだがな。師を超えると言う事はつまり師の軛を脱した時で、つまり師の作風と決別した時であります。それは独学よりむしろめんどい。急がば回れ。オリジナルを求めるなら師なんぞむしろ邪魔だとすら思う。と、人からの助言が大嫌いな凡人が通りましたよっと。
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

独学万歳!~どうにもね。貴兄と同類のようですw
自分はヒトに習うということができない性格なのですね。
ま。プライドが高い?とも言えるんですけどねw

独学と何事も習うことから始めると。
二通りの考え方があると思います。
それは良い悪いではなく向き向かないです。

しかし独学には限界もあります。
いずれにしろ向上心があるかどうかですね。
自分は残念ながらそれがなかったですw^^)/
waravinoさんは美術系の学校とかは行ってないんですか?
全部独学ってのはすごいですね~。
まぁ私も「人から習う、人に教える」ってのがニンニクの次くらいに嫌いなので、あらゆる手芸やスポーツもほぼ独学(てか見様見真似w)なのですが。
小学校の時、水彩画クラブ(授業の一環としてのクラブ活動)だったけど、「その描き方は違う」って先生に言われ、「それじゃ自分の好きなように、見て感じたままに描け」って言う指令と違うじゃん!とひどく反発心を抱き、以来「先生」と言うものを白い目で見るようになったような。

その写真のどこがwaravinoさんの脳内回路を活性化させたのか、定かではありませんが、その電柱にしてその電線の量はちょっと多過ぎるような・・・(亭主がその手の仕事だったのでw)
とんがりねずみさん^^
コメント遅くなりました^^;)

「柿盗み食う日々来る」
ホントにまぁ。意地汚いというか。
相変わらず柿盗人しています。ははは^^;

美術系学校はまったく頭にありませんでした。
今思えば。行っても良かった?のではと思っています。
ただし。他の学業はさっぱりなんですがね。ははは。

写真について~
家の塊感と電線の密な感じが。
なんとも言えない緊張感を生んでいます。
自分の中では。これこそ「絵」なんですよ。

もっとも。いざ絵筆をとるか?と言えば。
それはないでしょう。
あくまでこれは例えに過ぎないからです。
自分の場合。妄想が主ですからね。ははは^^;)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する