滅びの美学~老いて輝く・真田幸村
真田幸村
真田幸村


有名な真田十勇士。
猿飛佐助・霧隠才蔵・根津甚八・三好清海などなど。
(って。他はよく知らないんだけど^^;)

猿飛佐助を知ったのは。東映のアニメ映画が最初だ。
当時の東映アニメは現在の漫画雑誌のキャラクターを。
メインにしたアニメではなく。

「白蛇伝」「安寿と厨子王」「西遊記」など。
過去の有名な書物の中から作品化されたものが主で。
おそらくDisneyを参考にして作られていたのだろうが。
それはそれは高品質のアニメだった。

そんな中に「猿飛佐助」があり忍術使いになるために。
苦行・修行するといったことがメインの映画だった(気がする^^;
仙人みたいなお爺さん(白雲斎?)が出てきて。
佐助に忍術を教えるのだが。
なんだか忍者と仙人を誤解しているようだった(気がする^^;

さて。そんな猿飛佐助が仕えたのが真田幸村。
彼は晩年。豊臣秀吉の築いた大阪城に篭り。
徳川家康軍に対し獅子奮迅の戦いをした人物。

実名は真田信繁と言うらしいが。
ここでは幸村のほうが語感がいいので。
「真田幸村」ということにするw

そんな真田幸村に関心を持ったのは。
小説家・海音寺潮五郎氏の。
「武将列伝」という評論集を読んでからだ。

その中の真田幸村は。えらく恰好悪い。
彼は大阪城に入城するまで。紀伊国・九度山で。
長い蟄居生活を送っていた。
(関が原の戦いで。父・昌幸とともに西軍に属し敗北。
東軍についていた実兄の真田信之が。
徳川家康に取り成しを願い。死罪だけは免れていた)

歯が抜け。頭も薄くなり。腰の曲がった自分を。
情けなく思う手紙が紹介されており。
家康をあわやと言う所まで追い詰めた人物とは。
到底思えないほどだ。

当時は老いるのも早かっただろうから。
それも仕方がないが。老獪な武将だった父の昌幸も。
九度山で亡くなっているし。希望のない生活をしておれば。
尚更。老いるのも早かったのだろう。

夢・希望・感動。

作家の瀬戸内寂聴さんが80歳を過ぎて。
何事にも感動がなくなってしまい。
これは困ったことになったというので。

何か新しいことを始めようとして。
ケータイ小説を書いたそうな。
それも内緒で秘密でやろうとしたそうな。

で。初めてのことで。それを書くのは。
大変な作業だったけれど。
若い人たちからの反響がすごかったらしい。

しかも瀬戸内寂聴と名乗らず。
「パープル」という名前を使っていたから。
「あなたは文章が上手ですね!」なんて。
有名作家の寂聴さんにすれば新鮮なコメントがもらえる。
それがすごく嬉しく楽しかったらしい。

すると。どういうわけか肌艶がよくなったとか?

「ワクワク・ドキドキ感」
何かの刺激・気持ちの張りがあれば。
人は老いても活性化するものなのだ。

それは徳川家康軍と戦うため。
大阪城へ赴いた真田幸村も。
同様だったのではないだろうか?

人知れず死んで行く身であったのが。
大阪城という天下第一の名城で武将として戦が出来る。
ましてや相手はあの徳川家康。
(過去に城攻めに会い父とともに戦い勝利している)

勝つにせよ負けるにせよ。これほどの相手はいない。
幸村にとって体内の細胞が。
「超活性化」する程の出来事だったはず。

これこそまさに僥倖。

幸村は冬の陣・夏の陣と二度の戦いで。
思う存分働き。結果。夏の陣において討死する。
(因みに彼の息子は秀頼とともに自刃している)

幸村にすれば花のある舞台を与えられ。
彼の人生において最も輝かしい時と場所を図らずも。
手にすることができたのだから。
心底満足して喜んで死んでいったのではないか?

負け戦だから悔しいに違いないが。
それでも幸村にとっては勝ち戦に等しかったはずだ。
万感の想いで討ち死にしただろうと思う。

余談ながら最後の最後は。
「曲がった背筋もピンとしていた」かもしれない。
などと。在らぬ想像をしてしまうのだったw

--------------------------------------------------

この記事は2010年に掲載しており。
多少の手を加え再掲載したものです。
現在NHK大河ドラマ「真田丸」が放映されていることもあり。
掲載してみようと考えた次第です。



スポンサーサイト
好きな武将
私は若い頃、武田信玄が好きでした。
いつの頃からか、大谷吉継が好きになっています。
確か、吉継の娘が雪村に嫁いでいたと思います。(うろ覚え)
勝ち残る側より滅ぶ側のこころに惹かれてしまうのは悪い癖です。^^;

名を残してくれた弟を誇った兄
 徳川に睨まれて上田を追われた真田家。先祖伝来の地上田は公称六万石、実高十万石。それが公称十万石だが実高八万石以下の松代へ追いやられたのだから真田家としては無念と言うほかあるまい。しかしそれでも胸を張っていけたのは日本一の兵と真田の名を天下に知らしめた信繁有ってなのだろう。時として心の支えは財に勝る。かの上杉家や伊達家ですら真田には一目置いたらしい。
 ちなみに、伊達家重臣片倉景綱の長男に信繁の娘が嫁いでいたりする。真田の武名は伊達家にとっても魅力的だったに違いない。
周凍さん^^
コメントありがとうございます。

仰る通り大谷吉継の娘は幸村に嫁いでいます。
そして追放された紀伊・九度山で生まれたのが真田幸昌です。
祖父である昌幸の名を逆にした命名だったようです。

幸村が九度山から大阪城へ入る時点で。
奥さんとは別れているはずですから。
彼女のその後の足跡が気になるところですね。
真田か大谷の親類縁者を頼ったのでしょうか。

大谷吉継は豊臣秀吉から大変評価されていたようで。
彼をして百万の兵の指揮をとらせてみたいと言わしめた人物です。
ただ禄高が小さかったことや病を持っていたことが残念でした。

関ケ原では絶対に負けるからと三成を諫めたのに。
結局(三成との)友情のほうを取ったのは驚嘆する行為です。
当時は家名を残すことが第一でしたし。
負ければ多くの家臣達に犠牲を強いるからです。
余ほどの覚悟があったのでしょうね。

この辺りが大谷吉継ファンには堪らない?^^)/
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

兄・真田信之は義父である本多忠勝とともに。
真田昌幸・信繁親子の助命嘆願を乞い。それが叶いますが。
(追放先の九度山では色々生活の面倒を見ていたらしい)
やがて信繁は豊臣方に走りそこで勇躍奮戦します。

信繁は信之にとっては自慢の弟でもあり。
また心配の種でもあったでしょうね。
(痛し痒しといったところでしょうか?)
ただ真田の武名を高めてくれたのは。
大いに感謝し誇らしく思っていたことでしょう。

信繁の娘が片倉小十郎の長男へ嫁いでいたとは知りませんでした。
有名人?同士。今の芸能人同士の結婚と似ていますね。
やはり名のある人は名のある人との関係を結びたがるのでしょうか?^^)/
それにしても
雪村って誰よ^^;

歴史は好きですが、あまり詳しくはありません。
それこそ、大河ドラマで取り上げられたら興味を持つというのが多いです。真田つながりではありませんが、真田広之が足利高氏を演じた『太平記』が好きですね。楠木正成とか北畠親房・顕家親子とかに興味を持ちました。
(話題を発散させてすみません)

それにしても、瀬戸内寂聴が携帯小説を書いていたとは、知りませんでした~。

周凍さん^^
コメントありがとうございます。

自分も真田広之主演「太平記」は好きだったです。
他の俳優陣も良かったです。特に北畠顕家(あっと驚く!・後藤久美子)
楠木正成(そう来たか!・武田鉄矢)は強く印象に残っていますね。
(当時。武田鉄矢は正成役決定に際し「これで主役はもらった!」と言っていましたw)
また南北朝時代を描いたドラマはテレビ・映画を含め非常に数が少ないので。
そういう意味でも貴重な作品になっていると思います。

藤久美子演ずる北畠顕家が目を瞑って的を射る場面は。
21歳で亡くなった南朝の若きエースの神秘性を現していてナカナカ良いです。
(そんな後藤久美子がフランス人のカーレーサーと結婚するとは!)

雪村・ドンマイ!^^)/
自慢じゃないけど、自慢できるほど日本史にも西洋史にも疎いワタクシ、猿飛佐助が実在したとは全然存じませんでした・・・つか、孫悟空の日本版みたいに思ってました(汗)
猿飛佐助より、風車の弥七の方が身近でよく存じておりますw

そういえば、最近「歴女」って言葉聞かなくなりましたね。
もう飽きちゃったのかな?
城萌え女ってのがいるとも聞きましたが・・・皆さん地道に活動してらっさるのでしょうか。
ワタクシ、更年期なのか陽気病みなのか、な~んにも萌えるモノが無くて困っております。
ブログもさっぱり気合が入りませんし、写真もあまり撮ってないし・・・多分今月いっぱいで亭主が会社辞める(早期退職・どうすんだよ!?まだ50代だソ!)ので、鬱になりかかっているのかもしれませんorz
今後の不調は「夫源病」だと思ってください~(泣)
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

さて猿飛佐助について~
実在したとか。またそのモデルになった忍者がいたとか。
あるいはまったくのフィクションとか。異説いろいろあるようですよ。
(あの司馬遼太郎先生も佐助について言及しておられます)

今回の記事の中の猿飛佐助は東映アニメ「少年忍者・猿飛佐助」です。
調べてみますと上映されたのが1959年となっていますので。
おそらく記憶にあるのはテレビでの放映ではないか?と思われます。
なので安寿と厨子王・白蛇伝もテレビで見たのでしょうね。

歴女~そうそう。ありましたね。
「花燃ゆ」で追い討ち・興醒めしたのでしょうか?w
「真田丸」で復活してほしいところです。
でも来年「女城主・信虎」でしたか?柴咲コウ主演でやるそうですが。
またズッコケなきゃいいなと陰ながら心配しておりますw

大河はなんですかね。主人公が毎年男女入れ替わるんですかね?
いつからそうなったのかな?あんまり拘らないほうがいいかと思いますがね。
ま。テレビがないので深い追及ができないのが残念です^^;

萌えるものがない~リングで真っ白になった矢吹ジョーを想像w
モエツキタノカ?そうなの?コトじゃ萌えない?w
ま。そういうのってありますよね。力の入らない時って確かにあります。
(むしろ旦那さんのほうが2~3倍矢吹ジョー状態のようですが^^;)

そういう時は休んでいればいいんですよ。
無駄にエネルギーを使わないで。流れに任せるしかないですよ。
あんまり無理しないでくださいね~^^)/
waravinoさん、お誕生日おめでとうございます~^^
私は自分の誕生日は、あまりもう嬉しくないんですが(笑)お祝いメッセージをもらうのはやっぱりうれしいですよね。
(もう最近じゃあみんなLINEのおめでとうですがw)
ミルキーで乾杯!(飲めないけど)
limeさん^^
コメントありがとうございます。

> waravinoさん、お誕生日おめでとうございます~^^

シクシク。あ。ありがとうございます^^;
大変・大変・嬉しゅうございます。
(なにせオメデタイのは性格ばかりでw)

そう言えばlimeさんも6月は誕生月でしたね!
何日かはお尋ねしませんが。ともかくおめでとうございます!
嬉しくないなんて言わないでくださいな。

互いに今日まで生きながらえたことが幸いなのですから!^^)/
私も最近、サブPCを中古で買いました。今持ってるやつの、同じ型。もし壊れたら全部そっちに移そうと思って。
中古でも快適だし、win8だったし。買ってよかったです。(今は娘が使ってるけど)

Macのデスクトップも、中古なら安く買えそうです。かっこよさならMacが一番です^^最初はしばらく手こずるけど。
limeさん^^
コメントありがとうございます。

Macは見たところwinより安そうです。
価格もいろいろあるんでしょうね。しかし。使い勝手がどうもね。
まぁ。新しいものに挑戦するのもいいかもしれないです。

パソコン2台体制だと便利でしょうね。
我が家の場合は置き場所がないので。
サブとして購入するならノートパソコンになります。
実はこちらも1台欲しいんですよ。

ああ。どうしようかなぁ^^;)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する