絵の話~明治の青春・青木繁
青木繁は明治期を代表する画家の一人だ。
19世紀イギリス絵画(ラファエル前派)などの影響を受けつつ。
日本神話を題材にしたロマン主義的傾向の強い作品を残した。

代表作は「海の幸」及び「わだつみのいろこの宮」
両作品はかつて久留米市・石橋美術館で見る機会があった。
青木繁の持つ豊かな想像力と感受性が見事に結実しており。
明治期の洋画を語る上で欠かせない存在だ。

まず「海の幸」(1904年・明治37年・美術学校卒業後)を取り上げてみよう。
海の幸


この作品で特徴的なのは。画面の両サイドを簡略化し。
見る側の視線を中央に集めていることだ。
(簡略化=未完という説もあるが。作品としては完成している)

その中央に「青木繁」と思われる横顔の人物と。
後ろに青木の愛人「福田タネ」らしき人物が描かれている。
両人とも顔を白っぽく塗られている。
特にタネの鑑賞する側を見つめるような瞳が強く印象に残る。

青木の親友・坂本繁二郎によれば。
千葉県・房総半島の海へ遊びに行ったことがヒントになっているらしく。
当地の風情が彼の鋭い感受性に大いに刺激を与えたのだと思われる。
若い時期の感受性は時として巨大な爆発力を産むものだ。
「海の幸」はそんな若さ=原初的なEnergyに満ちている作品だ。

次に「わだつみのいろこの宮」(1907年・明治40年)
わだつみのいろこの宮


「海の幸」が荒々しい若さから産まれたものだとすれば。
「わだつみのいろこの宮」はそこから一歩先に進んだ作品だろう。
ある種の神秘性が全体に漂よっており。荘厳なImageを演出している。

小さな画像では十分に伝わらず。分かりづらく申訳ないのだが。
実物を見ると左側に立つ女官の(神を見上げる)横顔が大変に魅力的で。
「作品を永遠にしている大事な要素ではないか?」と感じている。
(あくまで個人的な見解です。好きなタイプの女性なのかもw)

彼にとっては。この作品を描いた時期が最高潮だったようで。
その後は生活の苦しさもあり。急速に画力の衰えを見せる。
自画像や福田タネ・子息(福田蘭童・作曲家)を描いた佳品もあるが。
何せ肺結核で逝った28年の短い生涯だ。傑作と呼べるレベルの作品は思うほど多くなく。
晩年の作品は画力の衰えが垣間見える。健康状態と精神状態の悪化が原因だろう。

もし長生きし描き続けていたら(新しい境地を開けたとしたら)
どのような画家になっていただろう?と考えさせるが。
彼はやはり早世の画家以外には成り得なかったのかもしれない。

絵画・詩(短歌)の才はあるが。生活を支える基盤を持たず。
そのため故郷の家族と不和になり。やがて家族から離れ。
絵を描きながら九州各地を放浪。その果てに病没と。まさに尻すぼみの人生。
人生の最高潮が若い時期に訪れた典型とでもいうような生涯だ。

しかし彼はそうとしか生きられなかった。他に生きようがなかったのだ。

近代日本の夜明け=明治という時代の中で生き。
駆け足で走り去った青木繁。
彼の青春・人生のすべては絵画に捧げられた。


-----------------------------------------------------


青木繁~福岡県久留米市生まれ・明治15年~明治44年。享年28歳。
東京美術学校・西洋画科選科・黒田清輝に師事。
「海の幸」「わだつみのいろこの宮」は重要文化財指定。
両作品は久留米市・石橋美術館所蔵となっている。


スポンサーサイト
絵の才能が有ったばかりに数奇な運命を辿ったかもしれない青木繁。
家族にとっては決して良い一家の主とは思えませんが、
ヨーロッパのようにパトロンとか居たら
また違った人生を歩んだかも知れませんね。

わだつみのいろこの宮は私の好きなタイプの絵です。
太巻きおばばさま^^
コメントありがとうございます。

説明不足でしたが。ここでいう家族は故郷の実家のことです。
福田タネとは子供を授かったものの結婚には至りませんでした。
そうなったのは自身肺病やみであったこと。生活力のないことが一因でしょう。

パトロン~確かにそうですよね。彼ほどの才能があれば。
絵画で生活できたのではないか?と思います。
と同時に。肺結核は不治の病でもあり。
いずれにしろ長い絵画生活は送れなかったかと考えられます。

ただ親友の坂本繁二郎は牛の歩みの如く絵画に打ち込んで。
遅まきながら画家として大成していますので。
青木繁の場合はこれはもう運命なのだったのでしょう。

わだつみのいろこの宮~自分もこの作品は気に入っています。
実際にこの絵を見たのですが。
左の女官の赤い服が美しかったのを覚えています^^)/
こんばんは。
「海の幸」、5年前に東京ブリジストン美術館で、
初めて眼のあたりにしました。
あんなに身震いを覚えたのは、
速見御舟の「炎舞」を見て以来のことです。
そう言えば二人とも夭折の画家でしたね。

岸田劉生、佐伯祐三もしかり。
最近では並べていいのかどうか判りませんが、
石田徹也(自殺)も・・・。

早世の芸術家には創作の神様から、
格別の思し召しがあるようですね。

確かに彼らは早世だからこその、
鋭敏すぎる眼と魂を持っていたような気がします。

「わだつみのいろこの宮」を見た時は、
ボッティティルリの「春」を思い浮かべたものです。

構図は全く異なりますが、神話にのっとった画想は、
まるで「春」の一部分を見るようで、
なにより女性たちのコスチュームや容貌が、
アーリアンなことがなにより、そう思わせたものです。

凡才は長生きする・・・
ま、いいか!
そう思う今日この頃です(笑


NANTEIさん^^
コメントありがとうございます。

「海の幸」については美術の教科書でよく見ていたので。
脳内にあるimageと実際のimageにあまり隔たりはなく。
天才・青木繁の自信満々・颯爽とした姿が見えました。

怖さ知らずの若者がどうだ!と言わんばかりに描いたように思えます。
作品の斬新さに「世間の大人」たちは驚愕したことでしょう。
芥川龍之介だったかな?小説の一部に登場させています。
そのぐらい当時。大いに評判になったのでしょう。

「わだつみのいろこの宮」にボッティチェリの「春」を見たとのこと。
確かに「春」の一部分に似たような構図と衣装がありますね。
彼はヨーロッパ絵画に影響を受けているので。構図・衣装など参考にしたでしょう。
それ故か全体的な印象として日本的なimageはなくヨーロッパ的な雰囲気があります。

明治期・大正期にかけて早世する画家が多いですね。
関根正二は独学ながら傑作をものにして弱冠20歳で亡くなっています。
「天才は若死にするものだ」と言って憚らなかったそうです。あは^^;
当時は洋画にロマンを感じる風潮があったように思います。
現代の若者が音楽に夢中になって自ら作詞作曲するような。そんな感じ。
(もっとも若死云々は別ですがw)

岸田劉生は何故か年輩だと思っていたんです。
彼の自画像は貫禄がありますから。
ワタクシなどは未だに若造に見えますがね!^^;)/
記事じゃなくて、横のコラム?の件ですが。
日本は海外に比べると休日多過ぎるそうですから、もういらんわ!でないと、学校の授業が間に合わないわ!
・・つか、世の主婦は「また休みかよ・・・亭主とガキの専属飯盛り女じゃないのよ、私は!」な~んて思っている人が結構いたりするわけでww
ちなみに今日17日は「おまわりさんの日」らしいです。

6月は我家では記念日集中。
結婚記念日、くりの手術記念日(!?)、コトの誕生日(今日17日です)、ビブロンゲッコーベビーズ誕生日、そして新たに亭主の退職記念日が加わる。
この中で一番軽視されているのはもちろん「もう忘れたい」結婚記念日か。私にとっては「よくぞ堪えた、忍耐更新記念日」的なものになりつつあり・・・w

コンビニ弁当は、いまはだいぶ改善されてるそうですよ。
意外と知られていないのは、安い食パンって「製造所」が日本になっていても、生地を練っているのは中国で、(それを冷凍して運び)焼いているのが日本だというオソロシイ話。
ま、私、怖くないので買いますけどもww
とんがりねずみ さん^^
コメントありがとうございます。

え~!日本って休みが多いの?
以前は「日本人働き過ぎ!」って言われていたのに?
いつの間にそうなったんだろ?でもまぁ。
1日増えるだけですから問題ないでしょう^^

旦那さん。ついに退職決定ですか?!
次の仕事が決まるまで大変ですね。
奥様のイライラが増えるような気がします^^;

コンビニ弁当~そ~なんですか?
改善されているんですね。でも未だに偏見があります。
同じ弁当なら「ほか弁」のほうがいいかなぁ。

安いパン~いやはや。パンも中国頼りですか!
安全ならいいですが。中国=危険の意識が消えません。
食ぐらい「日本でなんとか」しないといけませんね!^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する