アルクカメラ~雲のある風景
CIMG0050_convert_20160330071144.jpg



小さな頃。
雲は煙突から吐き出された煙からできていると。
本気で思っていました。

工場地帯に住んでいたので。
当時の幼い自分が。そう思い込んでも。
不思議でないぐらいに。

いつも煙突から煙がもうもうと出ていました。

写真を見る限り。
今も煙突は「雲製造機」のように見えます。
灰色の雲と灰色の煙が。

偶然。重なっているだけなんですけどねw



スポンサーサイト
ちょっと見たとき、竜巻が二個?って思ってしまいました。
煙突、昔は多かったですよね。
幼稚園のすぐ側に飴工場が有って
いつも煙突から煙が出てました。
あの煙って甘いだろうなぁと子供の頃は信じてました(笑)
太巻きおばばさま^^
コメントありがとうございます。

竜巻が二個~
あ。そうか!そうとも見えますね。
これは気付かなかったなぁ。
見る視点が違えば大災害?に映るんですねぇ^^;

飴工場の煙=甘いだろうな~
純真な子供ならではの発想で。
本気で思いこむんですよね。
今は何でも疑ってかかる人間になりました。あは^^;)/
蜃気楼
 蜃気楼は大蛤が吐き出す気であると昔の人は考えたそうな。うん、waravinoさんの発想は極自然なものですな。
 以前の職場の近くにお菓子の工場がありました。毎日同じ時間になるとお菓子を焼く甘いにおいが街中に立ちこめてました。そう、街はその時甘い雲の中にいたんです。
miss.keyさん^^
コメントありがとうございます。

miss.keyさんの文章から。
なにやら甘い匂いが漂ってくるようです。
(スースー・クンクン)

~街はその時甘い雲の中にいた~
なんて素敵な文章でしょうか。
キラキラ輝く宝石を見たような気がします^^)/
うん、わかります。
この写真の風景を見てたら、子供ならきっとそう思いますよね。

私はずっと、雲は綿菓子みたいなものが浮かんでるんだと思ってて、いつかきっと乗ってやろうとたくらんでいました。(幼児時代に^^)

標高の高い山に登った時、白い塊が目の前を流れて行った時は、感動したなあ~。
乗ることはできなかったけど。
こんにちは。
子供の思いこみというのは、シュールでさえありますね。

大きな落雷があった夜、庭を見たら赤い石が見えました。
ああ、これが雷さんか!
また、自分の家が火事に遭ったとき、
消防車の真っ赤なのを見て、これが火を付けたに違いない!
なんて・・・。

私のすぐ近くにもコンビナートがあります。
風の強い日は何本もの煙突と煙が、直角になります。
煙突が走っているようで、気分が悪くなります(-_-;)


lime さん^^
コメントありがとうございます。

綿菓子みたい~子供なら当然考えちゃいますよね。
いつか乗ってやろう~孫悟空の影響か?w
自分は乗りたいというより中に入ってみたかったですね。
ひたすら目の前が真っ白だろうけどw

雲が横を流れる~不思議で感動する場面ですね。
常に見上げていたものが横を流れるんだもの。
ぐっと手を伸ばして触ってみたいところです^^)/
NANTEI さん^^
コメントありがとうございます。

> 子供の思いこみというのは、
シュールでさえありますね。

そのシュールさを大人になっても。
持ち続けたのがワタクシです。あははは。
頭の中は妄想・思い込みだらけでした。

現在はそれが薄れてしまって。
ちょっと残念なんですけれど。
まぁ。いつかは「一人前の大人」に。
ならなければなりませんしねぇ。

痛し痒しですかね^^:)/
その写真?見ると、灰色の煙って、竜巻に見えますね。
ん?それ、マジ竜巻・・・?

私の従兄弟は製紙業で有名な富士市に生まれたんだけど、ひどい小児ぜんそくに苦しめられ、結局引っ越しましたよ。
排煙の成分規制ができたのって、いつ頃なんですかね?
今でも富士市に行くと、風向きによって若干変なにおいがしますが、昭和時代に比べたら空が青いww
今は、日本の煙より、大陸から流れてくる煙の成分の方が怖いですよね(-_-;)
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

他の方も竜巻だと仰ってましたけど。
他人よってはそんな見方ができるんだなと。
改めて「違う目」というものを感じました。

まぁ。肝心の煙突がはっきり見えないので。
そんなふうに思われるんでしょうね。
怪しい灰色の雲ですし。煙は渦巻いてますしw

これを撮ったのは。雲と煙がほぼ同色で。
まるで煙が雲になっているようだったからです。
構図もちょっと面白かったですし。

むかし。熊本・天草生まれの母が言っていたのです。
「こちらに来たとき。魚が臭くて食べられなかった」

臭かったのは公害という概念が希薄で海が汚染していた故です。
きれいな海の魚しか食べたことがない母が。
違和感を持ったのは当然のことだったのですね。

大陸からの煙~
大型扇風機で追い返すことができないでしょうかね。
いろんな意味で迷惑な国ですわw^^)/
こんにちは。
勿体ない!
食べられそうなものは、
怪しくても一応飲み下す南です。

ましてや、ヨモギ、ペパーミント@@
立派なオカズになります!

今、どういうわけか土手のヨモギが少なくなって、
あの香りと味に飢えているところです(>_<)
NANTEIさん^^
コメントありがとうございます。

仰る通り確かに勿体ないですね。
でもまぁ。あまりに多くなると。
「周辺の目」も気になりますし。
また利用するのもイマイチ興味なしなので。
刈り取った次第です^^;

しかしどちらも繁殖力がすごいですね。
とくにヨモギなどはいつの間に。
こんなにたくさん生えるようになったんでしょう。
以前はまったくなかったのに。
今は他の雑草がほぼ目立ったなくなっています。

彼らの繁殖力は自分にはないもので。
ある意味。羨ましくもあります。あはは!^^;)/
こんばんは。
政治屋にとってどうやら「恥」というのは、
その立場を失うことに違いない。
そう思って止まないナンテイですが・・・。
また、鉄面皮でなければ市会議員にもなれませんね~(*_*;

舛添さんは確かに恥知らずですが、
一方で政治屋としてバカだったのですね。
何十億というお金を闇から闇に動かして、
一切バレないお方々が政権の中枢に居座っておられる(>_<)
マスコミは舛添を、いい餌にありついたとばかりに、
叩き続けるという図式も、相変わらずイヤらしいですね。
だって、報道規制の圧力がかからない存在だから・・・

しかし、貧乏で口下手は議員になれないのでしょうか?
当たり前ですよね(笑

NANTEIさん^^
コメントありがとうございます。

「恥」の文化は何も日本固有のものではなく。
自分の生き方にプライドを持つ人であれば。
「恥」というものを自然と知るはずなんですよ。

彼の中に「恥」を微塵も見出せないのはとても不自然です。
おそらく自己保身のために動いているので。
自分の「恥」を考える余裕がないのかもしれませんね。
見苦しいこと。この上ありません。

聞いた話では国会議員のほうが遥かに「恥」を知らないとかで。
「世間様から国会議員にさせてもらっている」
・・・という客観的事実をどうやら忘れてしまうようです。
「自分は偉くなった」と勘違いしてしまうのでしょうか?

実るほど首を垂れる稲穂かな~
政治に関わる議員諸氏は今一度。
この言葉を噛みしめて欲しいものです。

あの都知事はハゲテいますので。
首が軽く垂れないのでしょう。
ま。人のことは言えませんがね!!w^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する