絵の話~絵画が絵画であるために・ジョルジュ・モランディ
もらんディ
ジョルジュ・モランディ


ワタクシの描いてきたものはすべて独学です。
もちろん誰もがそうであるようにモノマネから入っています。
少年・少女雑誌のマンガから影響を受けたし。
様々な画家からインスピレーションをもらっています。

でも最初の頃は。
「絵画にするための術」が全くわかっておらず。
ただ何んとなく描いていただけだったのです。

「こうすれば絵画が成立する」という核心に。
初めて触れたのは。
他でもない自分の描くラクガキの中にありました。

ある人から「絵を描くのは鉛筆と紙があればいい」
という意見をもらい。それを参考にして。
わら半紙1000枚を用意しラクガキをしてみたのです。

モノを見ての写生ではなく。
あくまでも自分の中から湧き出る妄想を描いたのです。
しかしどう描いても「絵になっていない」と感じるんです。

線の組み方がバラバラで統一感がまったくなく。
土台がしっかりしていない。
それこそ「ただのラクガキ」に過ぎませんでした。

自分の求めるモノはこうじゃない。何かが違う。
わかっているだけに悔しかったものです。
何枚も何枚も描いては破る日々が続きました。

そうするうちに。
「アレ?こうすれば絵になるんじゃないか?」
という「感覚」が閃いたのです。

それは「線のリズムそして量」でした。

これらが重なりあって初めて「絵になる」と知ったのです。
このことに気付いた頃の絵は今でも大事にしていて。
弱いわら半紙ですから裏打ちをして額にいれています。

そんな頃。知ったのが「ジョルジュ・モランディ」でした。

元美術教師・Nさんからモランディの画集を見せてもらったのです。
そこに描かれているのは花瓶・コップ・煉瓦など非常に限定されたモチーフで。
それらをがっちりと組み立てて(構成して)あるのです。

その時。「自分のやろうとしていることと同じだ」と感じたのです。
(天と地ほどの違いはあるんですが^^;)

もちろん世界的にも評価され。独特の世界観を持つ画家ですし。
「自分と同じだ!」と言ったところで笑われるだけですが。
自分のラクガキを自分なりに再評価できたのはとてもうれしいことでした。

そういうこともあって。
ジョルジュ・モランディは自分にとって「先生」だと思っています。
何より絵画の原点を思い起こしてくれる画家なのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ジョルジュ・モランディ(1890-1964)

20世紀イタリア美術史において最も重要視される画家のひとりである。
ボローニャの自宅のアトリエで壜や壺を描き続け「孤高の芸術家」と呼ばれた。

yjimage87.jpg


012_convert_20100927072958.jpg
ポットとアヒル・waravino

モランディと比べるな!!ww

この頃の線は自由奔放で今でも好きな線です。
それが描いているうちにガチガチに固定化してしまい。
そんな自分に絶望して。
わら半紙に描かなくなってしまったのです。


スポンサーサイト
餅は安倍川?お汁粉?
お早うございます
『孤高』
なんと素敵な響きを持ったことばでしょう
本日
無聊とセットで使ってみます
七輪の上で
あはは
誰が言ったかは忘れましたが
 好きな漫画家の絵を、見ないで描いてみなさい。それがあなたの絵です。だそーです。上手けりゃそれも良いが、わたくしめの様に下手だとお話になりません。やはり絵も学ぶことが大切なんですね。
はしびろこう・ウナ さん^^
コメントありがとうございます。

餅は安倍川?お汁粉?~どちらもいけますよ^^
焼いて醤油で食べるのもいいですね。
と言いながら。今年はまだ餅を食ってません!

なので我が家には正月来てないんだと思います?
去年は中力粉で作った餅を食べました。
餅と思えばそんな気もする味なんですよ。

「孤高」~なんと縁遠い言葉でしょう。
自分の場合。孤高ではなく「孤立」しております。
尊敬される人間ではないので「孤高」が使えません^^;)/
miss.key さん^^
コメントありがとうございます。

マンガ家からの影響~自分の場合。
手塚治虫→石森章太郎→萩尾望都の順番ですかね。
それから大島弓子もちょっと齧ってますw

絵画は誰の影響でしょうか?
あれこれ齧ったので作品はバラエティに富んでいます。
同じことを繰り返し描くのが苦痛でした。
停滞している気がしてが嫌だったんですね。

晩年は誰の作風にも似ていないwaravino風になっているので。
これはこれで納得しています。買ってもらった絵とかありますけど。
それらも含めて壁にズラリと並べてみたいです。

miss.key さんの絵は面白いですよ。
面白いというのは。なかなかないもんです。
誰の絵にも似ていない個性派だと思います^^)/
アッコちゃん、小学生の頃よく見ていました^^
そうそう、その呪文でしたね。

でもあれが、赤塚不二夫の作だったと知った時、ちょっと衝撃でした(笑)
自分の求めるもの
こんにちは!
多くの人が絵を描くとき、たぶん誰か(何か)の真似をすると思うんです。
だけどそうやっているうちに「自分の絵」とはどんなものか、考えてしまうのでしょうね。
今回の記事はwaravinoさんの絵が生まれた瞬間のことですね!
モランディの絵、久しぶりに思い出しましたよ。
不思議な魅力のある絵です。
limeさん^^
コメントありがとうございます。

赤塚不二夫は少女マンガが出発点じゃなかったかな?
当時は手塚治虫の影響もあって。マンガ家はギャグ・少女マンガなど。
なんでも描けなければいけないという風潮があったようです。

天才・石森章太郎はそれを忠実に実行したマンガ家です。
その後マンガは多様化・細分化していくのですが。
マンガの菱明期はマンガ家自体が少なかったので。
なんでも描けなければならなかったのでしょうね^^)/
只野乙山さん^^
コメントありがとうございます。

そうです。waravinoが「絵画を発見」した頃の話です。
描く線や発想が自由奔放で。今では到底描けないものでした。
あの頃が一番描くことが楽しかったかもしれません(遠い目^^;)

モランディ。ご存知でしたか。この記事を書くにあたって。
モランディが一般的に知られていないと思っていたので。
仲間を得たようで。嬉しい!!かもかもです!^^

モランディの画集はNさんからもらって。
手元に置いてあります。
パウル・クレーの画集とともに手放せない書籍です^^)/
恥ずかしながら、モランディの名前も知りませんでした(^_^;)
ジャンニ・モランディなら知ってますが・・・
(お笑い芸人「ヒロシ」が使っている曲の歌い手^^)

でも初めて見た作品ですが、難しいことは抜きにして、
よいです!

ここに到達するまで、たいへんだったろうな~とも!

私は、ボスとブリューゲル(笑
特にボスの世界は今でも抜け切れません(^_^;)

絵のことはよくわからないですけども、コーヒーのことはわかりますww
ワタクシ、緑茶なんかこの世から消えても何の不都合もありませんが、コーヒーなくしては生きていけないかも。
超冷え性(だけど、筋肉質なので動くとすぐ熱くなるw)なので、コーヒーはよくないんだろうけど、ないと禁断症状が・・・ですが、冬はなるべく3杯のうち1杯は生姜紅茶にしてます。
安いティーバッグに、生姜パウダードバドバ入れるとスーパー体ポカポカドリンクになります。
内臓から温めてくれるので、しばらく温かさも続くし、おススメですよ。
ちなみに生姜はすりおろしや汁ではあまり効果がなく(濃度が薄すぎる)、パウダー状に濃縮したやつに限ります。
ぜひ、ノー暖房生活にお役立てください。

私、生姜紅茶と新しい格安スマホ(シムフリーと言ってくれよ!)の使い勝手がわからないせいで、頭も体もカッカして、ブログ更新すらままなりませんww
NANTEIさん^^
コメントありがとうございます。

博識のNANTEIさんがご存じないとは。
モランディもさぞや草葉の陰で悲しんでいることありましょう^^;

エコール・ド・パリの連中と同世代ですが。
「派手さ」がないので意外と知られていないのかもしれません。
と言っても同時代の波を経て後に独自の世界を構築しています。

欲しそうな顔をしていたからか?
元美術教師のNさんから画集をいただきましてね。
記事の冒頭の写真は画集の表紙になっているものです。
なかなか頑固おやじ風?な顔をしていますねw

ボス&ブリューゲルですか。
あの世界には言い知れぬ魅力がありますもんね。
いつか記事にされていたペン画も腑に落ちます。

若い頃に影響を受けた作家・画家は終生忘れないものです。
知人のT(元美術教師)さんも。
今でも「香月泰男」の影響を受けたのがわかります。

若い頃の自分はマンガから影響を受けていましてね。
いわゆる画家の影響は受けていないんです。
絵画に目覚めたのが30代前半ですから。
ずいぶん奥手?の人間なのです。あははは^^;)/
とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

コーヒー体質なんですね。
自分もコーヒー体質で紅茶・緑茶は家に置いていません。
またあまり飲みたいとも思いません。

ショウガはパウダーになったものがいいんですね。
それは知らなかったです。今度買ってみましょう。

暖房なし生活も今年は案外楽でした。
一時的に雪が降って寒い時期はありましたが。
全体的には暖かい日が多かったですもんね。

もうすぐ春がやってきます。待ち遠しいなぁ^^)/
きつねどんべえも、関西と関東では味が違うみたいですね。西は、薄い色のダシ味。東京に行った息子が、「こっちのは黒っぽい」って言ってました。こいくち??
かも南蛮とかもあるけど、やっぱりきつねですよね^^
絵の才能は全く有りません。
見るのは大好き。
絵から色々想像を広げてゆきます。
漫画も沢山読んだのに駄目な私。

モランディ、余り聞かない名前ですが、
ベルリンの絵画館には無いのか、あるいは私が見過ごしてるのか・・・
絵画館へ行ったら注意深く探してみたいと思います。
limeさん^^
コメントありがとうございます。

そうそう。きつねどんべぇが一番どんべぇらしいですね。
あの油揚げがど~んとあるのがいいです。
どんべぇ食べてるぞ!という充実感があります^^

東西で味が違うみたいですね。日清食品の情報では。
東西の味比べができるセットを販売しているようです。
きつね自体もむかしに比べ大きくなり。
麺も今のほうがうどんっぽさがあるように思います。

なんて書いていたら。どんべぇ食べたくなりました!^^;)/
太巻きおばばさま^^
コメントありがとうございます。

モランディはイタリアの画家です。

エコール・ド・パリの連中と同世代ですが。
作品が地味な印象を受けるので。玄人好みの画家であるものの。
一般的でないのかもしれませんね。
たぶん学校教育の美術では出てこないかもしれません。

花瓶や煉瓦など日常的なモノを巧みな構成で繰り返し描いています。
こんなありふれたモノでも画家の手にかかると魔法のように変化し。
美しい永遠の世界に封じ込めてしまうようです^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する