びわ雑炊・補~手塚治虫とバンパイヤ
バンパイア




小学生の頃。ボクはマンガ少年だった。

石森章太郎の「漫画家入門」という本を買い。
ペン・墨汁・定規・ケント紙などを揃え。
「将来は漫画家になりたいな」と漠然と考えていた。

そんなマンガ少年にある日。大事件が起こった。

近所に住む1歳年上のYさんというマンガ少年がいて。
彼が言うのには「あの手塚治虫」が。
近日中に市内のデパートでサイン会をするというのだ。

当時。少年サンデーに掲載されていた人気マンガ。
「バンパイヤ」の取材のための来県で。
日本でも有数の洞窟「秋芳洞」を訪れるのが目的らしく。
そのついでにサイン会をするようだった。

これは行かねばならい!

Yさんとボクは少なからず興奮した。
そしてボクらはノート片手(サインしてもらうため)に。
デパートへ駆け付けた。

「手塚治虫」は4階のフロアにいた。
「岡部冬彦」など他の著名な漫画家と並び。
長テーブルで色紙にサインをしていた。

初めて見る「手塚治虫」は大柄で。
白い開襟シャツにベレー帽を被り。
目鼻立ちが非常に立派な印象だった。
彼の描く「弱々しい漫画家の自分」とは全く違い。
とても威厳があるように思えた。

さてサインだが。結局もらえなかった。
前もって行われた抽選会で。
もらえる人はすでに決まっていたからだ。
(ボクらはそれを知らずガックリした)

そのサイン会であったエピソードをひとつ。

サインの抽選会で「岡部冬彦」に当たった女性が。
子供にねだられたものか。
「すみません。手塚先生のサインが欲しいんです。
代えてもらうことができますか?」と主催者側に尋ねていた。

その願いが叶えられたか知らないが。
手塚・岡部両氏が二人並んで苦笑する姿は。
今でも鮮明に覚えている。

ところで「バンパイヤ」はTVドラマ化されている。
TVのカラー化も進んだ頃。何故か白黒での放映だった。

主人公のトッペイ役は若き日の水谷豊。
(これが彼のTVドラマデビュー作)
そして手塚治虫も出演している。
なにせトッペイは手塚プロダクションにアシスタントとして就職する設定で。
手塚が登場するのも当然と言えば当然なのだ。

このドラマは主人公が狼になるシーンを。
「実写とアニメーションの合成」で表現しており。
当時としては斬新な手法だったと思う。
(今ではCGが当たり前だけれど)

まぁ。ずいぶん昔の話だから。
ドラマ自体はほとんど記憶に残っていないが。
当時。新人だった水谷豊が今でも。
「相棒」などで活躍しているのは感慨深いものがある。



※「バンパイヤ」=「バンパイア」
少年サンデー及びTVでは。
「バンパイヤ」のタイトルだった。



スポンサーサイト
こんにちは。
人後に落ちぬ漫画少年だったと自負してます(笑
授業中もノートの端に漫画を描いては、
先生に見つかり立たされていました(^^ゞ

同級生の家が駄菓子屋兼貸本屋だったので、
一日中入り浸っていたものです。
そこの二階にある薄暗い倉庫に、マンガ本がぎっしり!
同級生のよしみでタダ読みしてました。

ただ、徐々に私はマンガより挿し絵に興味を持ち始めて、
山川惣司、小松崎茂、植木金矢、伊藤彦造などの模写をするようになりました。
特に伊藤彦造の微細なペン画には夢中になり、それが今の私の表現方法に繋がっているわけでして(笑

しかし、平面美術の世界に向かう方には、
そういう少年時代のベースというものがあるんですね^^
私も小さなころは手塚治虫の漫画、大好きでした。
兄に貸してもらって、ブラックジャックを毎号ワクワクしながら読みました。本当にどのシーンも描写も鮮明に残っていて。やっぱり彼はすごい!
バンパイヤという作品は知らないんですが、
ジャングル大帝なんて、あの時代のアニメとしてはディズニーを超えたんじゃないかなんて、勝手に思っています。

その先生のサイン会!
抽選に漏れたショック、お察しします。子供には気が付きませんよね~。

そしてその女性の発言(笑)
何か、分かるけど・・・先生に聞こえちゃあマズイですよね^^
懐かしい~「バンパイヤ」

実はこのテレビ版は大嫌いで^^;
すみません、マンガ版が好きだっただけに・・・

アニメと実写のコラボが許せない!
なぜこんなくだらない事をするんだ!

・・・と、怒りと失望に満ち満ちていたマンガ少女でした。
あはは。
そうか、「斬新」ととらえる方々もいたのね。
成程、今思えば実験的要素が大きかったのでしょうね。

手塚先生を実際に見た時の不思議さと感動。
萩尾、大島先生のサイン会に言った事のある私には、わかる気がします^^
NANTEIさん^^
コメントありがとうございます。

NANTEI師匠もマンガ少年だったんですね。
伊藤彦三~この方。あることで知ることになったんですが。
細密な絵を描かれる独特な方ですね。

小松崎茂は自分も大好きでした。
プラモデルの箱絵も描かれていたんンじゃないですか?
とにかくその巧みさに惚れ惚れしてました。

ノート・教科書にマンガを描くのは。
マンガ少年・少女の習わしでしょうね^^;
自然と描きたくなるんですもんねw

自分の場合。NANTEI師匠と違って。
ピーナッツシリーズで有名なチャールド・M・シュルツ氏に魅了されましてね。
あの絵と世界観は後年まで影響を受けることになりました。

しかし何故でしょう?そんなマンガ少年は直接美術を目指さず。
紆余曲折を経て美術に目覚めることになります。
はぁ~それも30代からです。かなりの遅咲きなのでした^^;)/
limeさん^^
コメントありがとうございます。

当時のマンガ少年・少女がそうであるように。
手塚治虫の存在というのは大きかったですね。
言わば漫画界の総本山・神の如きでした。

ジャングル大帝と言えば。
アメリカのディズニーがパクったんじゃないか?
と言われた作品がありましたよね。

あの時。日本の漫画界では裁判で訴えようとしてましたけど。
手塚治虫の息子・手塚真氏の見事な一言で騒動が収まりました。
ディズニーは手塚の憧れの存在で。もしディズニーが影響を受けたのなら。
手塚はむしろ大喜びしたでしょう・・・と。

この一言は日本の漫画家たちを黙らせ。
ディズニーを救った見事な発言でした。
手塚真は手塚治虫の息子であると同時に良き理解者でもあったのでしょう。
そして父親に愛され育った人だったと思いましたね。

とまぁ。少々話がソレてしまいました^^;

そうそう。まったく知らなかったんですよ。
フツウにサインがもらえると思っていましたから。
けっこうショックでしたね^^;

あの女性はその後。念願が叶ったのかどうか。
かなり真剣に言ってましたから。子供心にも。
それはマズイんじゃないかな~と思いましたよw^^)/
マダム半世紀 さん^^
コメントありがとうございます。

正直な話。バンパイヤのストーリーって。
断片的にしか覚えていなくて。
全体がどんなだったか記憶にないんです(おいおいw)

TVドラマもそうで。
あの変身シーンしか覚えていないんですよね~。
アレはけっこうインパクトがありました。

今ならCGで簡単にできるでしょうが。
当時としては精一杯の表現方法だったのだと理解しています。
「どろろ」が実写化されたように。
バンパイヤも今の技術で映画化してくれないかな?

萩尾・大島のサイン会。
彼女たちの大ファンだったワタクシにすれば。
うらやましい限りです!

彼女たちも一時代を作った素晴らしい漫画家でした!^^)/
小学生までにマンガ読まなかった子供っているんですかね?
私ものめりこむ・・までは行かなかったけど、読みましたねぇ。
池田理代子、里中真知子さん命的な。
でもきわどいストーリーが多くて(Hだったり同性愛だったりw)母に見つかると怒られた(笑)
友人のお姉ちゃんの影響ですね。ちょっとおませなお姉さんの漫画雑誌を借りて、自分は気に入ったやつの単行本を買うというww←そして親に文句を言われるw

自分で言うのもなんですが、池田理代子の絵なら上手に真似られましたよ。漫画家になりたいと思ったこともあるけど、絵はかけても物語が創れない。

でも大学時代はもう全然読まなかったなぁ。
漫画って「子供」のものだという漠然とした意識があって、結婚後だんなが大人漫画雑誌愛読してるのを知って「なんだよ、オッサンいい年して!」とののしった覚えが(^_^;)
今でも大人がマンガ読んでるのって、あんまりカッコいいとは思いませんね~。エロ本の方がマシ←これも変w
waravinoさんはいまでも読みます?エロ・・じゃなくて漫画?

でも最近映画化されるのはほとんど漫画が原作で・・・日本の漫画文化も世界に輸出されるだけのクオリティーがあるってことなんですね。漫画が原作とは知らず、映画はいっぱい見てますw


とんがりねずみさん^^
コメントありがとうございます。

小学生までに~どうなんでしょうか?

日本のマンガって。
かなり根深いところまで浸食してると思うから。
読まない子は少ないでしょうね。
両親の教育理念でマンガは読ませない!
とか・・・ない限りはね。

池田理代子・命でしたか^^
ワタクシも池田ファンというか。
「ベルばら」ファンなんですよ。

今の週刊ジャンプとかサンデーとか。
付いていけないというか。ほぼ読んでませんね。
タイトル度忘れしましたが。
ジャンプの海賊少年の冒険物語。絵は下手だし。
どこが面白いのか。さっぱりわかりまん。
(あ。思い出した。ワンピースだわw)

それと何ゆえに似たような絵柄が多いのか?
どいつもこいつも萌え系アニメふうなの描きやがって!!
てな。感じでしょうか。

エロ漫画もよろしゅうございますね。
ただ今はそういう世界とは縁遠いです。ははは^^;

日本のマンガ・というかアニメは。
輸出できるだけのクオリティーを持っていますよ。
ヨーロッパの子供から大人まで「キャプテン翼」
を知っていますもんね。

これからも良い作品を。
世界に発信していければいいと思います^^)/
うわあ~、消し忘れ。これはショックですね。
自動的に火が消えるコンロで良かったですが。
私もうっかり焦してしまうことが多いので、最近はなるべくタイマーにしています。
ストーブとか、これからの季節は気を付けなきゃ・・・。
あ、waravinoさんは、そっちは大丈夫なんでしたっけ。
でもちゃんと温かく過ごしてくださいね。
limeさん^^
コメントありがとうございます。

はい。ものすごくショックでした。
買い物に出て。お昼近くになってから。
急に思い出したんですよ。
あ。火を消し忘れたかも?って。
全然遅いんですけどね^^;

つまりこんなことがあるので。
火を使うストーブとか。禁止しているのです。
結局。自分に自信がないのです。
使わなきゃ消し忘れもないですしね。

それに。
もうすぐ春がきますからw^^)/
私も、3年前、同じ事を仕出かしました。
私の場合は、「おでん」でしたけど...。
「おでん」を温めた儘、パソコンに向かい、
途中で寝て仕舞い、気がついて、
慌てて台所に戻ったら、
アルミ鍋の中の「おでん」は、真っ黒な炭状態!!。
辺りは、煙でモクモク!!、
鍋の底は赤く焼け、今にも解けそうッ!!。
イヤイヤ、この時ばかりは、体全体が、震えましたよ。
ソレ以来、火を扱う時は、その場所から、
離れないッ!!、が教訓と為っております、デスッ!!。
しかし、今以って、
「おでん」は、やめられません...。(笑)
MacoTanさん^^
コメントありがとうございます。

同じような体験をされたそうで。
何か親近感がわきます。哀しいかな。
どんだけ煮詰めりゃ。
おでんが炭になるんだよって話ですよね^^;

しっかし。もったいないのもそうですが。
煙があがっているところを見たら。
やはりビビりますよね。

自分の場合は。帰るのが遅すぎて?
すでに煙は消えていました^^;
煙の臭いだけが周辺に漂っていました。

火を扱うときは。その場から離れない!
確かにその通りですね!
我が家も家訓と致しましょう!

(というか。火を扱ったことを忘れちゃったら仕方ない?w^^)/
子供のころから「手塚」ファンです。アトムや、火の鳥の単行本を集めていました。
実はわたしも、漫画に出てくる人物の絵をまねてかくのが好きでした。そういう、漫画イラストノートを作っていました。落書きのような自作漫画もかいていました。
目のでかーいきらきらの、少女漫画を描いていました。アタックナンバー1が放送されていた頃は同じようにスポコン漫画をかいたり・・・。
懐かしい話題をありがとうございました。
兵庫県の宝塚というところに手塚治虫記念館があります。
とても見ごたえがありますよ。
てのりぱんださん^^
コメントありがとうございます。

てのりぱんださんもマンガ少女だったんですね!
仲間ができたようで。なんだか嬉しいです^^

宝塚と言えば。
手塚治虫も宝塚歌劇団が大好きで。
「リボンの騎士」が誕生したのも。
歌劇団を意識したからと聞いたことがあります。

手塚治虫記念館。ネットでは訪問したことがあります。
よく出来ているなぁと感心した覚えがあります。
そちら方面に出かける時は立ち寄りたい所ですね^^)/
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する