お話~Lの小さな話
imageCACOQT96.jpg



カエルのLは。
田んぼの中に住んでいる。
何も好きで。
住んでいるわけではない。

父さん母さん。
爺さん婆さん。
先祖代々。
皆ここを離れずに。
住んでいたから。
自分もついでに。
住んでいるだけのことだ。

だから。
田んぼ以外の世界は。
何も知らないし。
ここ以外の生活など。
考えられない。

ぼんやり。
夕陽を眺めていると。
風が吹いて来た。

風は6月らしく。
蒸し暑く。
心地の良い風だ。

あ~。どうも。
こんにちは!
はい。これ。どうぞ!

風がそう言って。
手渡したのは葉書。
沼に住むカエルのKから。
届いたのものだ。

ある日のことだ。

Kが道に迷って。
田んぼの中に入り。
途方に暮れているところを。
Lが声をかけた。

その時のお礼の葉書だ。

田んぼから沼までの。
丁寧な地図とともに。
こう書いてある。

「いつぞやは。
 ありがとうございました。
 お陰で無事に家へ帰れました。
 さて。
 近頃は雨が続いて嬉しい限りです。
 お陰で散歩をするのに。
 いい季節になりました。
 ところで。
 よかったら明日にでも。
 こちらの沼へ遊びに来ませんか?
 美味しい水草ティーがあります。 
 カタツムリケーキもありますよ。
 いっしょに食べましょう!
 お待ちしております」

Kの気持ちは嬉しい。
けれど。
外の世界は怖いんじゃないかな?
Lは考える。

途中で鳥やネズミに。
出会うかもしれないぞ?
そしたら。
どこに隠れたらいい?
田んぼから出ないほうが安全だ。
そうに決まっている。

でも!カタツムリケーキが食べたいな!

翌日Lは。
片手に葉書を持って。
田んぼから出る。

雨に濡れた畦道。

黄色いタンポポ。
赤や青の紫陽花。
みんな宝石のように光っている。

用水路には。
たくさんのメダカがいて。
Lに向かって。
小さな手を振っている。

その上には。
緑色のイトトンボがいて。
ひと時も休まず。
前後左右に飛んでいる。

更に上を見上げると。
トンビがクルクル回って飛んでいて。
鋭い目で睨んでいる。

Lは思わず雑草の中に隠れる。

「やだな~。こわいな~。
 はやく行ってくれないかな~」

しばらくすると。
トンビは東の空に飛んで行き。
見えなくなる。

雑草から頭を出したLは。
ふ~っと。
大きな息を吐く。

胸のドキドキが止まらない。

大きく深呼吸をして。
気持ちを静め。
また沼に向かって歩き出す。

しばらく歩くと。
鮮やかな黄菖蒲の花が見える。
沼だ。急いで沼に駆け寄る。

蓮の葉の上にKがいる。

Lはザブンと水に入り。
蓮の葉まで泳ぐ。
水は温くて気持ちがいい。

「よく来たねぇ」

Kが笑顔で。
Lに手を差し伸べる。
蓮の葉に上がると。
ふわふわして。
まるで雲の上にいるようだ。

目の前に。
白いテーブルがある。

「どうぞどうぞ。腰かけて」

KはLにそう言うと。
カタツムリケーキを二つに切り。
小皿に取り分け。
葉っぱで作ったコップへ。
透明な緑色の水草ティーを注ぐ。

「これ。今朝作ったばかりなんですよ」

水草ティーで乾杯し。
カタツムリケーキに手を伸ばす。

甘い香りと。
トロッとした感触が。
舌に気持ち良い。

「美味しいねぇ」

Lが思わず。
顔をほころばせる。

Kも一口頬張って。
笑顔を返す。
「うん。美味しい!」

食べたり。
飲んだり。
話したり。

そうしているうちに。
これまであった田んぼ以外への不安や。
トンビを見た時の怖さが消えいく。

そう感じると。

水面で跳ねていた雨音が。
急に軽快なワルツのように。
聞こえ始めた。




スポンサーサイト