オモイデタチキリソウ~さくらさくら さく さくらちるさくら 
CIMG0229_convert_20170412062408.jpg




さくらさくら さく さくらちるさくら 

桜の季節は心がにがくなる。だから。桜色は好きだけれど。
時に桜色は錆びた鍵に変わり。奇妙な音をたてながら記憶の扉を開ける。
そして静かに静かに。或る人の言葉と姿を盗り出してしまう。

「わたしね。さくらって名前をつけて。みんなに呼ばれているの」
「わたしね。さくらのある家に住みたい」
「さくらのつぼみはね。こうして描くのよ」

言葉と姿が入り混じる。視線は自然と下を向く。心が散った桜に染み込んでゆく。
通り過ぎた過去は消えてなくならず。やがて心は柿の葉の透明な若葉色を求め始める。
桜色と若葉色を合わせ灰色の曖昧という現実にするために。

さくらさくら さく さくらちるさくら 





【公認】中島みゆき「ファイト!」・倉沢よしえcoverversion
スポンサーサイト