桜三月散歩道~ひな人形
image.jpg




3月と言えば「ひな祭り」。

というかこれしか頭に浮かびません。
古来から受け継がれてきた色艶やかな「ひな人形」
頭に描くだけでも優雅な気分に浸れます。

自分は男の子だったけれど。
端午の節句よりも。お雛様が好きでした。なんとも言えない日本美が。
心を捉えて離さなかったのです。
(幼少から耽美的傾向ありw)

で。

この目出度い日が。何故祝日ではないのでしょうか?
これ以上祝日を増やすな~!ってヒトもいるのは知っております。
が!です。やはりここは休日にするのをお勧めします。

休日の名目は「日本美を愛でる日」 あ。@@; 違う?

祝日法によれば(げ。こんな法律まであるんだ!)
例えば文化の日は「自由と平和を愛し。文化をすすめる」
ってことを主な趣旨としているらしい。自由・平和・愛・文化。
どうだ!と言わんばかりの民主主義の殺し文句w

しかし。どうもイマイチ曖昧(でもそれはそれでいい)

まぁ。それはともかく。
ひな人形は平安時代以来の伝統文化の結晶でもありますし。
日本人にとって大変貴重な財産になっております。
ひな人形には日本の普遍的な美意識が内包されていまして。
何事にも代え難い存在となっております。

3月3日ともなれば女の子のいる家庭は元より。
(因みに我が家はビンボーのどん底にいたので「卵のひな人形」ねw)
全国各地では様々な「伝統的ひな人形」が鎮座マシマシ。
その煌びやかな衣装とともに。
現代日本人のササクレだった心を癒してくれます。

そう。まさに癒しの日。

こんな大事な一大イベントを祝日にしないというのは実に勿体ない。
祝日(休み)が欲しい・・・あ。確かにそうですけどw
いや。そうじゃなくて日本人が日本人として立ち返るひとつの動機付けとして。

今一度。再考願いたいのです。






スポンサーサイト