♪いっぱい大好き
rad0A88F.jpg



♪いっぱい大好き
作詞・作曲・水谷ゆう

ねぇママ、わたし うまれる前
ママを空からずっと見てたよ
「やさしそうだな」
ってずっと見てたよ
だからわたしはママを選んだよ

ああ、やさしそうだね 
神様わたしは
あの人の子どもに 
なりたい! なりたい!

そうしたら 
ちっちゃい 
シャボン玉に入れられて
ゆっくりわたしは 
透明になって 
降りていく 降りていく

ママのお腹に 
入って赤ちゃんに 
生まれて元気な声をはりあげ

ああ、やさしそうだね 
神様わたしは
あの人の子どもに 
なりたい! なりたい!

そうしたら 
ちっちゃい 
シャボン玉に入れられて
ゆっくりわたしは 
透明になって 
降りていく 降りていく…



生まれる前の記憶。これは別段目新しくもないし。
今更なのだけれど。
こうして素直に唄われると。おお!と思ってしまう。



スポンサーサイト
アルク~246円のアルク
小銭




昨日は外へ出ていない。昼になっても。じんわり寒く。
とても家を出る気分じゃなかった。それに非常に眠くもあった。
(ほぼ16時間は寝ていたんじゃなかろうか?)

そんな気分は今日も同じで。
昼過ぎて尚。気温は上がってこない。
昨日と同じく寝て過ごすか?

と思ったが。さすがに体と心が心配。

無理やり理由を付けて歩くことにする。
歩く理由:「手持ち246円の小銭で納得できる買い物をする」
いやはや何ともいい加減な理由。

ただし。買うものはひとつだけ決まっている。

「1kg入って148円(税込み)のスパゲティー」
ピンク色のパッケージと。
え?@@;というような値段が脳内に刻み込まれている。

問題は残り98円で何を買うかだ。

肌寒い曇り空の下。だらだら歩いて30分。
スパゲティのあるドラッグストアへ到着する。
すぐにスパゲッティ売り場へ直行。

あった。あった。ありました。1㎏・148円。

何故こんなに安いのか?
裏返して小麦粉の原産国を確認する。
「ドバイ・・・?@@;」

ドバイってどこ?国名と石油輸出国ぐらいは知っているが。
如何せん世界地図のどこにあったか。さっぱり思い浮かばない。
そしてドバイ=小麦粉が上手く繋がらない。

まぁ。いいや。1人前=100g=10食ぶんは嬉しい^^

その売り場の後ろには豆腐・納豆・ソーセージなどが置いてある。
アレコレ考えて「豆腐27円・一丁」を手に取る。
結局。ここではこの2品しか買わず。残りは歩くに任せて遣うことにする。
(ここは消費税込みで値段を表示)

途中。ファミマで「10円ガム(フレックスのフーセンガム)・2個」を買う。
この時点で残金:51円。
また前出・同系列のドラッグストアに寄り「もやし=10円・3袋」購入。
(もやしは見切り品・スープ用に使うため冷凍保存)

残金:21円。

いよいよ残金少なし。買えるモノをアレコレ想像する。
こうなると1~2円勝負?なので。
妙に気分が高揚・テンションが上がってくる^^;

いつの間にか最初の購買場所を起点にして。
ゆったりとした円を描くように歩いている。
ふだん歩き慣れていない道(昔はよくクルマで通ったもんだが)

ああ。こんなところに新しい店ができているとか。
あれ?知っている喫茶店が潰れてるぞ!とか。
ご無沙汰しているうどん屋さんはまだ健在だとか。

まるで新しい街を覗くような気分。

そして「TULIP」という名のケーキ屋さんの前を通った時。
思い出す。自分の誕生日に「振る舞いショートケーキ」を買っていたことを。
(エッヘン。歳を取ったら祝ってもらうのではなく。廻りに振る舞うものなのだ!)
まぁ。一時的だったけど。それはそれで良い思い出。

ひたすら思い出に浸りながら。だらだら歩いて行けば国道沿いに出る。

出たところに激安店「ドン・キホーテ」がある。
ここでいつも真っ先に行くのは納豆・豆腐・もやしなどの売り場。
これが安いんですよ!!(急に思い出すw)

豆腐1丁=10円。うどん玉1袋=9円。

ただし!!それぞれ一つだけその値段で買えるが。
二つめからは値段が上がってしまう。
よく品切れするから。まぁ。今日はツイていたといったところか。

合計消費税1円足して合計20円なり。残金1円!!w

おお!!見事。予算内に収まったではないか。
為せば成る為さねば成らぬ何事も(by上杉鷹山)
なんてね。もっと大事なことにその言葉は使えよ!
(とか言われそうだけれども^^;)

店を出た時には辺りは既に夕暮れがかっている。

オープン仕立ての5階建てビジネスホテルに灯りがともる。
肌寒い風が。その横合いを通り過ぎ。
パチンコ屋・トヨタカローラ店・ファミレスに仄暗い影がさす。

そして交差点を左に折れれば。我が家へ続く道となる。





桜三月散歩道~ひな人形
image.jpg




3月と言えば「ひな祭り」。

というかこれしか頭に浮かびません。
古来から受け継がれてきた色艶やかな「ひな人形」
頭に描くだけでも優雅な気分に浸れます。

自分は男の子だったけれど。
端午の節句よりも。お雛様が好きでした。なんとも言えない日本美が。
心を捉えて離さなかったのです。
(幼少から耽美的傾向ありw)

で。

この目出度い日が。何故祝日ではないのでしょうか?
これ以上祝日を増やすな~!ってヒトもいるのは知っております。
が!です。やはりここは休日にするのをお勧めします。

休日の名目は「日本美を愛でる日」 あ。@@; 違う?

祝日法によれば(げ。こんな法律まであるんだ!)
例えば文化の日は「自由と平和を愛し。文化をすすめる」
ってことを主な趣旨としているらしい。自由・平和・愛・文化。
どうだ!と言わんばかりの民主主義の殺し文句w

しかし。どうもイマイチ曖昧(でもそれはそれでいい)

まぁ。それはともかく。
ひな人形は平安時代以来の伝統文化の結晶でもありますし。
日本人にとって大変貴重な財産になっております。
ひな人形には日本の普遍的な美意識が内包されていまして。
何事にも代え難い存在となっております。

3月3日ともなれば女の子のいる家庭は元より。
(因みに我が家はビンボーのどん底にいたので「卵のひな人形」ねw)
全国各地では様々な「伝統的ひな人形」が鎮座マシマシ。
その煌びやかな衣装とともに。
現代日本人のササクレだった心を癒してくれます。

そう。まさに癒しの日。

こんな大事な一大イベントを祝日にしないというのは実に勿体ない。
祝日(休み)が欲しい・・・あ。確かにそうですけどw
いや。そうじゃなくて日本人が日本人として立ち返るひとつの動機付けとして。

今一度。再考願いたいのです。