アルク~秋・曇天・雨模様
20090623164920_45634.jpg






午前10時過ぎに家を出る。

今日・明日と生き抜くための。
パンと納豆を買わねばならない。
(ああ。またその話かよw)

空はどんより曇り空。
今にも降りそうで。
また家に戻って雨傘を用意する。

目的の場所は歩いて30分。
アレコレ考えて歩けばすぐに着く距離。
だらだらした坂道をあがる。

左手に柿の木が見える。
民家の庭から湧き出る雲のように。
生っているその実は紡錘状。

渋柿なのかどうなのか。
ちょうど食べ頃の色をしているものもあり。
人ンちの柿ながら心配。
(柿の実を取らない家って意外と多い)

雨粒がポツポツ額に当たる。

すると余計な心配など。
どこかに飛んで。
灰色の空を恨めしく見上げる。

店は10時開店。

その10時ちょっと前に着いて。
しばしドア前で待てば。
程なく黄色い制服を着た店員がドアを開ける。

ああ~!!@@;

お気に入りの。
あの山型のパンがない!
ないないない!
どこを見渡してもない。

ないないない(涙

もう仕入れないの?の?の?
少し情けない顔をして。
仕方なく他のパンを見てみる。

ううう。ダメだ。正方形しかない。
諦めてそれを手に取り。
納豆を2パック買って店を出る。

なくなった山型のパンの味を思い出しながら。
国道沿いの裏道を歩けば。
うらぶれた屋根の隣に柿の木が見える。

子供の拳大の実がたわわに生っている。

前後を見る。人通りはない。
コッホン。こういう場合。
「手」は当たり前のように柿の実をもぐ。

悪い手だ。

どうせ説得しても言うことを聞かないだろうから。
「致し方なく」もいだ実を口にする。
それが生を削いだ事に対する礼儀というものだ。

実は固いが程よい甘さ。

あ。そう言えば。
この先には無花果もあったっけ?
そうそうあったけ?

(そうしてアダムは堕落していったのだ)

無花果はまだ青さを残しているが。
先端はピンク色をして。
さも食べて欲しそうな顔をしている。

(そうしてアダムは堕落していったのだ)

酸っぱい。でも仄かに甘い。
それが禁断の実を食べているようで。
快感が喉元を通り過ぎてゆく。

すると突飛に。
小笠原諸島の西之島が頭に浮かぶ。
噴火による陸地拡大。

できれば四国ぐらいの大きさに。
いやどうせなら。
「オーストラリア大陸」ぐらいにならないか?

そして日本民族大移動。う~ん@@;

脳内があらぬ方向に往来し。
もうもうと吹きあがる噴火の煙が頭に描かれる。
(まぁ。そこに住む頃まで生きちゃいないがね)

妄想の霧の中を歩くうちに。
行きしなに見た柿の木が見えてくる。
下を見ると脚立が立っている。

心配することはなかった。

程よく色付いた実はもがれ。
まだ青々しい実だけが残してある。
(考えるだけ損したなw)

そうして。

だらだらした坂道をくだれば。
我が家へ繋がる踏切が見えてくる。





スポンサーサイト
食パン生活
41cdBUBj-3L__SL500_AA300_.jpg




自分は「食パン派」だ。

多くの日本人がそうであるように。
かつて自分も主食は白米だった。
白米は美味い。美味過ぎるほど美味い。

だからついつい食べ過ぎてしまう。
誘惑に弱い自分には。
非常にコントロールが難しい食べ物だ。

「糖尿病」になってから。
尚更。そのコントロールが困難なのに気が付いた。
そこでカロリー計算のしやすい食パンを。
主食にすることにした。

そして。
さすらいの食パン探しの旅が始まった・・・・
な~んて。
大袈裟なモノじゃないんだが^^;

アレコレ食べた結果。
現在はDという食パン(6枚切り)に落着いている。
山形をしたパンで少しキメの粗い食感。

だが。そのぶんサクサクと。
気持ちよく食べられる。
味もクセがなく飽きがこない。

さて。ここに至るまで。
A・B・Cと3種類の食パンを食べてきている。
何れも6枚切りで値段は100円前後。

Aは某コンビニで売っているモノ。
Bはディスカウトショップの安さが売りのモノ。
Cはドラッグ・ストアの「ホテルのパン」というモノ。

このA・B・Cに関しては安さ重視で買って。
美味さに拘らない選び方だから。
味のほうはまったく記憶に残っていない。

要するに食えたらいい~そんな感じ。

ただしCに関しては。
「ホテルのパン」と銘打っているだけあって。
多少の美味を感じた。

そのままCを買い続けても良かったが。
少し欲ばって他を探してみたら。
すぐ近くのディスカウントショップでDを発見した。

山形をした食パンという姿に興味を覚え。
騙されたつもりで買ってみた。
値段はA・B・C同様に100円前後だしw

これが正解。美味い!

舌というのは正直な器官で。
勝手に舌が憶えるというか。
一度美味いと感じたらなかなか忘れないものだ。

Dはまさにそんな感じのする食パンだった。

以来ずっと食べ続けているが。
未だに飽きることがない。
今ではこれじゃないとダメという感じ?

で。どんな食パン生活かと言えば。

朝=食パン1枚+プレーンオムレツ+トマトケチャップ+コーヒー
昼=食パン1枚+コーヒー(砂糖入り)+焼き銀杏10粒(季節がらw)
夜=食パン1枚+納豆+ワカメ(蜜柑の皮刻み入り)+コーヒー

と。実につましい食事を常としている。
(というか。限りな~く野菜不足だろ?w)

粗食と言えば粗食だが。若い頃。
母に向かって。
「もっと安いものを食わせろ!」

なんてわけのわからない戯言?を言って。
母を困惑させたこれがバカ息子のなれの果て。
相変わらずバカ息子やってますわw