思い出館徒然記~グライダーが飛ぶ
5hitleryugent.gif



幼い頃から運動ダメ・勉強ダメダメ。
人見知り・赤面症・話下手。

おまけに小学生で。
胃潰瘍になったぐらいの神経質。
友達nothingかつ女子からは。
舐められっ放しの劣等生だった。

そんなオレは。
「図工の時間」だけは大好きだった。
その時間になると。
心が解放されるような気持ちになった。

といっても。
本人に輝くような才能が。
あるわけではなく。
自惚れ程度に過ぎなかったが。

他の事ではそんな錯覚さえ。
持たしてもらえなかったのだから。
哀しい劣等生にとって「図工の時間」は。
大いに心の救いになっていたのだ。

そういう理由があって。
始めたわけではないが(汗

思い出館では。
年配の方(65歳~)方を対象者にして。
「図工の時間」というのを設けている。

美術教材カタログから。
作りたい材料を選んでもらい。
2~3時間内で作って頂く。

きりのいいところまで出来たら。
あとはまた来週といった具合で。
好きに作ってもらっている。

技術を磨くことが目的ではなく。
立派なものを作ってもらうのが目的ではない。

手仕事・会話を通しての。
心のふれあい・心の活性化が目的だ。

それが結果として。
認知予防・介護予防となり。
生き甲斐のひとつになれば~
と考えている。

そんな「図工の時間」は現在4人。
例の凸凹兄弟も参加されている。

笑顔がトレードマークの兄上は。
小学校時代。
手製のグライダーで飛行大会に出たらしい。

「気流に乗って2時間。飛んだんですよ!」

というのが自慢w

それではということで。
ご兄弟二人で竹ヒゴと和紙の。
グライダーを作って頂いた。

昔を思い出しながら。
あ~だこ~だと制作途中。
ずいぶん楽しまれた様子だった。

そのグライダーを先日飛ばした。

当日の図工の時間の参加者は。
ご兄弟二人のみであるし。
晴天でもあるということで。
3人で近所の公園へ出掛けた。

祝・初飛行記念大会。

結論から言うと。
冴えない飛び方だった・・・orz

凧のようにグライダーを糸で引っ張り。
走りながら。
揚力が働いた瞬間を狙って。
手を離し飛ばすのだが。
その瞬間がまるでなかった。

頭が重過ぎて。
思うように揚力が働かなかったのだ。
おまけに必ず左旋回w

すーっと糸を引くように。
飛行して欲しいのに。
飛ばす度に下を向き。
コツンコツンと落ちるのだから。
これではしょうがない。

10回ぐらい飛ばして。
最高20m余り飛んだろうか?

爺さんと禿げのおっさん3人の。
ヘナチョコ・グライダーを。
飛ばす光景が余程珍しかったか。
アベックが駐車中のクルマの中で。
にこにこしながら見ていた。

帰りのクルマの中で。
兄上は満足そうに。
こう言われた。

「小学校以来60年ぶりで。
 グライダーを飛ばしましたよ。
 まさかこんな年になって飛ばせるなんてねぇ。
 思いも寄らなかったです^^」



スポンサーサイト
スケッチ~春の予感のなかで
heko35zb-d15-3151.jpg



ファミレスでの。
昼食を終え。
舗道を歩けば空青く。
明るい日差し。

並んだ街路樹は光を浴び。
細い枝が天に向って。
伸びている。

道沿いの。
パン屋・雑貨店・旅行代理店を通り過ぎ。
ベンチのあるバス停まで歩く。

バス停には。
6、7人の待ち人がいる。
いずれも婆さんだ。

ベンチには座らず。
かといって。
立ち話をするわけではなく。
仕方なさげに。
バスを待っている。

その婆さんたちに。
ひとりだけ背を向け。
膝を下ろし。
手を合わせる婆さんがいる。

なんのことかと思い。
手の合わさる方へ目を向ける。

すると。

果物屋と総菜屋の間に。
1m程ばかりの隙間があって。
挟まれたような格好で。

小さなお地蔵さまが。
祭ってあるのが見える。

傍に幾本かの。
ピンクの花が添えられ。
手前の白い皿に。
賽銭が入っている。

お地蔵さまの上には。
寄進者の名前を書いた赤い提灯が。
下がっている。

これまで。
幾度も前を通ったというのに。
初めてあるのを知ったのは。

おそらくお地蔵さまの上に。
設置されてある緑色の公衆電話が。
目立っていたからだろう。

お地蔵さまは。
高さ30cmばかり。
同じ黒灰色の。
四角い石の台座に乗っている。

目はどんぐりまなこ。
鼻広く。
口は朱に塗られ。
下弦の月のように。
笑っている。

右手にしゃもじ。
左手には。
ご飯の盛られた茶碗を持っている。

大いなる慈悲の具象化。

お地蔵さまと。
同じ高さの目線になり。
つくづく見れば。
なんとも。
ほっこりした良いお顔をされている。

拝み終えた婆さんが。
いつの間にか。
後ろに控えていた婆さんに向かい。

あなたもどうぞ。

とでも言うように。
にこりとして。
頭を下げ。
その場を譲り。
去っていく。

ここにも。
日差しがあって。
明るく温かいけれど。

それは。
日差しばかりのせいではなく。
人の心に。
春が覗いているからだろう。




辞書~生き甲斐
gokko-dusyma-horse.jpg



生き甲斐。
この言葉を辞書で引いてみた。

生き甲斐=生きるに値するもの。
       生きていく張合いや喜び。とある。

生き甲斐がなければ人生はつまらない。

とりわけ高齢になればなるほど。
若い頃のように体・頭がついてこず。
できることも限られてくるから。
早いうちに何らかの形で。
生き甲斐を見つけておくことは必要だと思う。

近所の食堂には。
90歳近くになっても。
看板娘よろしく他のスタッフとともに。
働いている婆さんがいる。

注文を受けて算盤を弾くのが。
主な仕事だが。
活き活きとした表情をされている。

この婆さんを見ると。
生き甲斐を持つことが。
いかに大切なことかが。
よくわかる。

では生き甲斐の「甲斐」とは何か?

甲斐=行動の結果として現れるしるし。
    努力した効果。らしい。

あるなしによって。
甲斐がある=喜び 甲斐がない=悲しみ 
と分かれる。

甲斐性(かいしょう)という言葉もある。

長屋の女将さんが。
仕事をしない亭主に対して。
よく使う言葉で。

「この甲斐性なし!!
 さっさと出て行きやがれ!」

というのがあるがw

甲斐性のあるないで。
どのような違いがあるのだろうか?


甲斐性がある=働きがいい ・ 稼ぎがいい ・ 要領がよい
       たくましい ・ 男らしい
       経済力がある ・ 太っ腹の ・ 面倒見のよい
     
甲斐性がない=生活能力のない ・ 頼りにならない
        つまらない(男)
       (色男)カネと力はなかりけり
       (人間関係的に)要領が悪い


なんだか。
男の事しか書いていないような・・
そうなのか?甲斐性って男だけ?(汗

甲斐性のない女だ・・とは言わないから。
どうやら。
甲斐性は男だけの特別な持ち物らしい。

しかしまぁ。甲斐性がない・・
という言葉。
その見本のようなオレにとっては。
まことにまことに耳の痛い話。

こんないい加減で。
運任せの年の取り方をする人間も。
滅多にいない。

成仏したら標本サンプルとして。
博物館に展示をお願いしたいw




思い出館徒然記~午後のお茶会
103979.jpg




映画でおしゃべりを終えてすぐに。
凸凹兄弟の兄上をお連れして画廊喫茶へ行った。
(弟さんのほうは病院で定期検査中)

というのも先日。兄上から。
「折りたたみベッド・ハロゲンヒーターを貰ってもらえるか?」の連絡を受け。
快く引き取らせてもらった件があり。
ここはまぁ。頂いたお礼代わりということで。
外でお茶にお誘いした次第。

オーナーのTさんには。
例の「27年間の記憶喪失」の件を話していたから。
改めて兄上を紹介した。

コーヒーを注文した後に。
美味しい善哉があることを思い出し。
兄上に食べませんか?と伝えた。

「あ。いただきます!」
「コーヒーと善哉って。なんだか。アレですけど^^;」
「いや。いいですよ。甘いものが大好きなんですよ~^^」
年甲斐もなく。とでもいうように目を細め。
恥ずかしそうに言われる。

そんな話をしている最中に。

「あ~。久し振りじゃね~。元気かね?」

と横合いからオバさんの声が掛かる。
児童画教室・講師Mさんだ。
Mさんの人生を簡略化すると。
こうなる。

美大卒+画家志向+結婚+画家挫折=
児童画教室の先生+普通の主婦+アトリエでシコシコ絵を描く。
(人の人生を簡略するのもアレだが。まぁ。わかりやすくw)

会うのは1年振りだろうか?
画材店時代から。絵の事についていろいろ話して来た人でもあり。
個人的にもお世話になった人だ。
不必要になったキャンバスを大量にもらって頂いたこともある。

「煙草を吸う人がいると思ったら。
 あんたじゃったんじゃね~」
にやっと笑って。眼鏡の奥が光る。
「あ~。そうです~。すみませんね~^^;」

そこへカウンター席から。
オジさんの大きなダミ声がする。

「お~。あんた!久し振りじゃね~!
 どうしちょるん?」

色の濃いサングラス風眼鏡と。
ハンチング帽を被ったYさんだ。
カウンター席から。
近くのテーブルへ移動して来られる。

Yさんの人生を簡略すると。
こうなる(またですか?)

画家志望+看板店経営+過剰な自尊心=77歳・悠々自適に絵を描いて暮らす。

「あんたを以前。町で見かけたんよ。
 声を掛けようと思ったけど。
 さぁーっと自転車に乗って行きよった」

「年賀状ありがとうございました^^;
 こちら出さなくて。すみません^^;」

気の弱いオレは。
強面のYさんを目の前にすると。
つい腰が引ける。

Yさんのアトリエには画材店時代。
何度かお邪魔している。
お世辞にも綺麗なアトリエではなかったが。
自分ひとりで建てられたと聞いた。
ひと頃。スペインがえらく気に入って。
何度も絵を描きに行かれていた。

独立自尊の気概で生きて来られたから。
年を取っても個性的で。穏やかな性格とは真反対。
ちょっと見では・・怖いオッサンだ(汗
それに比例して絵の方も。
随分妖しげ+充分怪しいw

「去年ね。自分でギャラリーを建てたんだよ」
「敷地にですか?」
「そうそう。一番後ろの土地に・・
 しかし。新聞にも記事が載ったけど。
 だ~れも来ない!!」

オレは思わず笑ってしまったw

MさんもYさんも昔のままだ。
昔と同じ空気の中で絵を描き。
生活している様子がわかる。

その間。兄上は人の話に耳を傾けながら。
淡々と善哉を食べておられる。

この善哉は過日。Tさんに頼んで。
思い出館でも出したことがある。
水飴と砂糖が入っているから甘味にコクがある。

お誘いしたものの。
兄上と話があまり出来ずに。
申し訳なく思っていると。
Mさんからハガキを渡された。

春の美術団体展の案内。

見ると知った名前もあるが。
知らない名前が増えている。
10年も絵の世界から遠ざかっていれば。
それもまた仕方がないか。

これまで絵を描く人とは。
訳があって距離を置いてきた。
それが思い出館にいる間に。
顔を会わせることが多くなった。

そして。そういう人たちと。
話をする都度に。
いささか。哀しい錯覚だけれど。
今でも自分が創作の現場にいるような。
そんなつもりになる。

先日も画材店で若い(と言っても同世代より少し下)
Art系の連中と話をする機会があったが。
その時も同じ錯覚を持ってしまい。
妙にtensionが上がってしまった。

もちろん。オレはもう。
そんな立場にいないし。
錯覚したというだけのことだから。
たいした意味はない。

意味はないが。
泡のような寂しさがあるのも確かで。
さて描かなくなったことが。
本当に良かったかどうか。とも思う。

しかし。だからと言って~

「それでは。失礼します。
 また来てください^^」
「今日はありがとうございました。
 じゃ。またお邪魔します^^」

オレと兄上は画廊喫茶を出て。
そこで別れた。
思いも寄らない人に会い。
思いがけず長居した。

オレは足早に思い出館へ帰って行った。


びわ雑炊・補~少年時代・記憶の欠片
GEDC1194_convert_20110131132534.jpg




これが私の故里(ふるさと)だ

さやかに風も吹いてゐる


そんなふうに。
中也が詩の一部で詠った故里=故郷。
そんな故郷がオレにはない。
天草という物理的な故郷はあるにしても。
心はそこにない。

故郷がイコール帰りたい風景なら。
オレにはそれがないということだが。
強いて「故郷」と呼べるものがあるとすれば。
小学校低学年まで過ごした町・家がそれに当たる。

オレは6歳になる前に。
家族と共に熊本県天草からこの市にやって来た。
(昭和35年頃だろうか)

当時市内は石炭産業の好景気もあって。
ずいぶん賑わっていたが。
天草の海を知る亡母の言葉を借りれば。
「来た当初は臭くて魚が食べられなかった」
というぐらい環境汚染が進んだ所でもあった。

風は冷たいものの。
太陽がすこぶる機嫌のよい休日正午。
市内の片隅にあるちっぽけな町へ。
初めて住んだ家を訪ねた。

家のあった周辺道路は。
ほぼ当時のままで残っているものの。
建物はすべて変わっている(ように思う)

確か鉄工所の2階に間借りして。
住んだと思うが。
鉄工所など姿かたちも残っていない。

この家での出来事は。
断片的で。
数えるほどの記憶しか残っていない。

①春に父の漕ぐ自転車に乗って。
 近くの山にメジロを獲りに行ったこと。
②夏に蚊帳をして寝苦しい夜を過ごしたこと。

そして。

③若い担任教師が家庭訪問に来た際。
 階段の下で母と話をし。
 九九が早く覚えられたことを褒めてくれたこと。

とくに3つ目の記憶は鮮明だ。

それまで他人から。
褒められるということがなかったオレは。
目の前で教師に褒められ。
すっかり照れて赤くなり。
気恥ずかしさ故か背中をポリポリ掻いた。

「ここが痒いの?」

教師はそう言って笑いながら。
やさしくオレの背中を掻いてくれた。
その時の。
白い笑顔と赤い口紅の。
なんと妖しく美しかったことか@@;

ここから西に向かって歩く。

途中に漁船の浮かぶ川がある。
河口付近だから。
ぷ~んと磯の匂いがする。

ここには古代生物の。
子孫と言われるカブトガニがいた。
見たものが生きていたかどうかわからないが。
えらく格好のいい姿をしていた。

400mほど歩くと小さな駅がある。

その手前に本屋(写真)がある。
よく通った小さな店だ。
見れば廃業の様子で看板跡が見える。

「佳花書店」
「よしかしょてん」と読むのか。
どうも記憶は怪しい。

しかし。本を買っていたのは確かにここだ。

ここで「少年」という月刊誌を買っていた。
手塚治虫・鉄腕アトム(青騎士編)
横山光輝・鉄人28号(オックス編)が全盛時代。

中でも藤子不二雄「すすめ!ロボケット」は。
大好きな漫画だった。
ロケット型の目鼻口・手足のある赤いロボットで。
背中に主人公の乗る操縦席がある。

この頃から。
ひとり遊びが好きだったオレは。
ロボケットを切り抜いて遊んでいた。
切りぬけば。
ほんとうにロボケットが動き出す。
そんな気持ちだった。

家のあった場所から駅までの。
なんとなく鄙びた雰囲気は。
今も昔も少しも変わっていない。

時が止まったような。
過去も未来もないような。
そんな気だるい錯覚に陥る。

帰りに近くの食堂に寄った。
婆さんが秋刀魚を焼いている。

「わたしはね。
 ず~っとこの辺りで住んでいたから。
 大概の人は知ってるよ。
 どの辺?なんて名前?」

そう言ってくれた婆さんは。
しかし。オレが場所と名字を告げても。
怪訝な顔をするばかりだった。

鉄工所の2階で隠れるように住んでいた家族は。
人付き合いが苦手だった。
婆さんが知らなくても無理はないと思った。

出された秋刀魚は美味かった。

「頭まで食いましたよ^^」

とオレは笑って食堂を出た。

そこには中也の詩にあるような。
風は吹いていなかった。