滅びの美学~桜の人・義経
義経


源義経のことを書く。義経はオレの中では。
桜の似合う男№1であり。人生そのものが。
桜のように思える男№1である(笑

義経の母は常磐御前。父は源義朝。
二人の間には。三人の子供がおり。
その中の一人が牛若丸で。後の義経。

源義朝は平清盛との政争に破れ。
討死。常磐御前・牛若丸親子も捕らえられ。
惨殺というところだったが。

常磐御前が絶世の美女であったため。
側室になることを条件に一命を救われる(と言われる。
平家とすれば。このことが。
後の憂いを残す原因となった。

禍根を絶つ意味で。
敵方の子孫は根絶やしにするのが。
戦いの常套手段だが。
これは平清盛生涯の不覚だったろう。

不覚という点では。
伊豆に流罪とした頼朝に関しても同様だ。
清盛の母親に懇願され命を助けたらしいが。
このことが平家没落の最大の原因となる。

いずれにしても。頼朝・義経(異母兄弟)にとっては。
生涯の大幸運だった。

常磐御前の三人の子息は。
ともに僧侶になるべく。寺院に預けられるが。
義経は元服前に寺院を脱走。
奥州に落ち延びて。藤原氏に匿われる。
そこで元服。源義経となる。後見人は藤原秀衝。

当時。奥州は。金を大量に産出していたこともあって。
それを背景にした藤原氏の力は莫大で。
東北独立国といっても過言ではない実力を持っていた。
当主の藤原秀衝もまた。相当な人物であったらしい。

これは。義経にとっては第二の幸運で。
藤原氏は義経にとって平家追討のための。
大事なBackboneとなっている。

さて。ここまでに。義経にとっては。
二つの大幸運が与えられた。

①殺されて当然のところを救われた。
②強大な藤原氏に匿われ成人。

この二つだけでも。普通であれば大幸運だ。
願わくば。ここで幸運を幸運として。受け入れ。
穏やかに生涯を終えるべきだったろう。

だが。義経は風雲児だ。
こういう人物には。否応なくドラマがやってくる。

こともあろうに。異母兄の源頼朝が。
伊豆で挙兵してしまうのだ。弟の義経としては。
動かないわけにもいかなかっただろう。

これには。藤原氏の思惑もあったかもしれない。
平家は藤原氏にとっても。目の上のタンコブであり。
これを取り除くために。
義経を頼朝の元に行かせたのかもしれない。

やがて。突如として。
同族の木曾義仲の京都奪取があり。
その治世に失敗した義仲を。義経が討ち取るのだが。

その辺りから。義経の幸運の輝きが。更に輝きを増し始める。
まさに。舞台を与えられた役者のように躍動する。

平氏追討の屋島・壇ノ浦の合戦と続く義経の戦いには。
一点の曇りもない立ち昇る朝日のような趣きがある。

特に。最後の戦いになる壇ノ浦の合戦は。
不利と言われながら。潮の流れを巧みに利用し。
平家自慢の水軍力を圧倒して掴んだ勝利だった。

しかし。これほど。鮮やかに勝ち戦を続けた義経も。
その後は。憑き物が落ちたように不運に見舞われつづける。

その最もたるものが。頼朝との不和だ。
その結果。紆余曲折を経て。義経は奥州に落ち延びる。
これには諸説あって。頼朝の政治上の思惑が絡んでの。
不仲が原因であるらしい。

これによって。彼の大幸運も。ようやく。
落ち着くところに落ち着いてしまう。
同じ人間かと思えるほど。その後の義経には精彩がない。
舞台から降りた役者といったところか。

義経は戦いの中でしか。自己表現ができない人間だ。
戦いの無くなった世界に義経の居所はない(奥州で。少し戦いをしたらしいが。
精彩がなくなるのは当然と言えば当然だ。

彼が奥州に入って後。藤原秀衝が病没。
これは義経にとって。痛恨事だったろう。
藤原秀衝は。義経に奥州を守らせるつもりだったようだが。
その死によって霧散してしまう。

秀衝は息子・泰衡に。義経を旗頭にして。
頼朝と戦うよう遺言していたのだが。
強大な力を持った頼朝に。義経討伐を厳命され反抗できず。
彼は遺言に背き。衣川において義経を自決させてしまう。
義経。享年31歳。

この泰衡の行動は。あくまで義経の不運が原因だ。
栄光から一転。下り坂を転げていく義経の。
不運が呼び寄せた故の。泰衡の行動ではなかったか?

もし。まだ義経に。輝きが残っていたら。
泰衡もまた。違った行動をとっていたかもしれない。

結局。頼朝に利用されただけの泰衡は。
義経の死後。頼朝によって捻り潰され。藤原氏も滅亡する。

義経の大幸運。そして。その後の悲劇は。
差し引いて見ても。それでも。尚。
大幸運の方が際立っていると。個人的には思う。

後世に名を残すのが。武士の習いならば。
義経の人生は。大いなるプラス収支で終っている。

どんな人間でも。運不運は。平等に訪れるもので。
英雄も。そこらの爺さん婆さんも。結局は同じ(笑

所詮。人間の命には限りがある。
大勢に。桜の花の美しさを見せ付けて。
ぱっと咲き。ぱっと散る。それができただけでも。
義経の生涯は。幸せではなかったか?

将軍になった頼朝の。その後の人生は。
武士の世の中を作ったとはいえ。
(本人は落馬事故で死亡?。子息・孫も悲惨な死に方で血縁が途絶える)

オレには。美しさも感じず。プラス収支にも思えないのだが。
こういう人は。表に出ているようで。出ていない面が多数あるから。
ひょっとしたら。内緒でプラス収支だったのかもしれない(笑





スポンサーサイト
オモイデタチキリソウ
majyo.jpg



深い森の奥には。
魔女の住む館があり。

そこには。時折。
人目を忍んだ訪問客がある。

その目的の多くが。
魔女の作る特別な薬草に。
力を借りたいというものだった。

さて。その薬草は。
何に対して効果があるのだろうか?

魔女が。大きな鍋に。
グラグラ煮詰めているのは。
「オモイデタチキリソウ」という薬草だったが。
それは。

「辛く悲しい想い出を断ち切る」

作用が働くらしかった。


・・・というのは。真っ赤な嘘で。
30年前に作ったお話・絵空事(笑

これには。ちょっとしたイラストもつけていたが。
もう。無くなってしまった。
オレの記憶の中だけにしか存在しない。

そのイラストの題名が。
「オモイデタチキリソウ」

先日来。この言葉が。
突如。甦ってしまい。
頭の中をグルグル廻っていた(笑

そのまま放っておこうと思ったが。
これは。過去の「びわ雑炊」と同じく。

オレの「造語」でもあるので。
カテゴリーのひとつとして載せておいた。

記事は書いていない(この記事は。番外と考えて^^;
というか。書けない(笑

断ち切りたいという想い出は。
いくらでもあるもので。

それこそ。ここで書けないような事柄が。
たくさんある(笑

それは。誰だって。均等に。
同じく抱えていることだろうと思う(でしょ?

だから。カテゴリーだけで。
いっこうに書く気もないのだが(笑

時が来れば。ひょっとしたら。
書くかもしれない。

ひょっとしたら。というのは。
そういう事柄は。

熟成変化する長い時間が必要だからだ。
(心の傷が快癒してから?)

さて。もし。
「オモイデタチキリソウ」があったなら。
オレは。魔女の館を訪ねに行くだろうか?

これは。難しい質問だ(それなら質問するな?^^;

森に行くまでの。金と余裕がない。
というのは。まずは置いといて(笑

そういう断ち切りたいほどの想いというのは。
心の襞(ひだ)に食い込んでいて。

その後の自分の人間形成にも。
大袈裟に言えば。運命にも。

重大な影響を与えているんじゃないか?
・・と思うから。

一概に。はい。消してください。とも。
言えないんだなぁ(笑 

「それ」があるから。
自分なのであり・・という部分もあるし。

全然。必要なし!と言い切れるものも存在するが。
果たして。本当にそうかというと。
よくよく考えると。これまた疑問に思ってしまう(笑

そうそう。ストレスが原因だったのかどうか。
ある時期。10秒おきに放屁していたことがある。
(本当にそういうことが起きるもなのです^^;)

所構わずプ~プ~やっていた。臭い付きで。
しかも一回の放屁時間が長い長い。

こう書くと笑い事みたいだけれど。そうではなくて。
10秒おきというのは。さすがに精神的に苦しいもので。

そうしたところに。多人数が集まった場所で。
プ~プ~。やってしまった。

大笑いされたけれど。若い女性だったら。
もう死んでしまいたいと思うような出来事だったろうねぇT-T

これなんかは。断ち切ってもかまわないなぁ(涙







感性
きのおもちゃ



先日。夜勤の仕事中。
寝転がって。
テレビを見ていたら(楽な仕事してますねぇ^^;

佐野元春が司会進行役で。
「The Singer」という公開番組が。
放映されていた。

場所は立教大学講義室。

ゲストは小田和正。歌も2~3曲紹介されたが。
ほとんど小田和正のトークで終始。

そのなかで。彼は。

「曲が先行で。詞は9割以上後から付ける」

「さよなら」を例にあげながら。
そう明かした。

「詞は。すでに。できていたんだけど。
ふと。さよなら~さよなら~。という言葉が頭に浮かんだ。
これは。曲に合うな。と。それで詞を全部書き換えたんだ」

それを見て。音楽に疎遠で。
曲など浮かびもしないオレには。
どうも曲が先行の。Imageが描き辛かった。

なにせ。「想い」というのが。
文章作りの大事な要素だと思っているので。
後付けで。いいのかよ?と思ってしまうのだ(笑

曲(音)の響き→詞(言葉)の響き→両者の幸せな邂逅。

それができるのは。
やはりSongwriterならではの。
感性なんだろう。

他にも結構いい話をしていて。
例えば。作詞はギリギリまで考えるとかで。

いい考えが二つあったら。
両者を比較検討しながら。更に考えを高かめていく。

それを何度でも繰り返すそうだ。
こういうのを哲学用語で「止揚」というのだったか?

大事にモノ作りをしているなぁ。と。
今更ながら感心した次第。

もっとも。そうでなければ。
長くプロとして。
やっていけないことなのだろう。


さて。オレの話^^;

絵を描かなくなって10年近くなる。
さして。上手くもなかったが。

小田和正並みとは。いかないまでも。
それなりに。絵に対する「感性はあった」のだと思う。

なにせ20年以上。自分の内面を追い続けられたのは。
微小であったとは言え。
そういった感性があったからこそであり・・・

・・・それが今では。
ただのハゲのおっさんというのは。
どういうわけ?(笑

なごり雪のような少ない髪を。
坊主頭にして。そして。こんな「。。。」ばかりの文章を。
プログに書いているのは。どういうわけなの?(笑

なんて。我ながら。
自分の変りように身悶えする^^;

そう言えば。絵を描いていた時も。
同じような絵は描かなかったなぁ。

自分のスタイルを持たず。作らず。
表現したいものに。一番合うように描いていた。

だから。他者から見れば。
目まぐるしくスタイルが変っていった。

一定のスタイルを作って。その中で。
表現していくのが絵描きというものだが。
オレには。そういうことができなかった。

もちろん。オレにしか描けないスタイルも。
持っていたが。もっと他に表現したいものが。
あったから。それは。一定のスタイルの中だけでは。
収まらず。表現できなかったのだ。

そういうものがたくさんあったため。
スタイルは固定しなかった。というより。
スタイルは。どんどん捨てていった。

そうやって。立ち止まらずに。固まらず。
常に。変っていく自分でありたかった。

自分を肯定せず。絶えず否定していく。
そうすることが。正しいと思っていたのだ。

そして。否定するエネルギーが消えた時。
絵を描くことができなくなってしまったけれど。
(そうなることが願いでもあったが)

今はどうだろう?
自分を否定していない。
しかし。全然。肯定もしていない(笑

転がる石のように。
すべては自然に変っていくものだ。

なるべく考えないで。
自然に任せていればいいと思っている。

今は。「そう思う自分」を。
認める自分がいるだけだ。

オレが。こう思うようになったのは。
ひょっとしたら。年のせいもあるけれど。

絵を描いていた時のような。
オレの感性のなせる業かもしれないね?(笑








100歳
e8aa8aada0bcd526.jpg


去年。GroupHomeの。
100歳になる入居の方が亡くなった。

春。100歳になって。
市からお祝いを頂かれたが。
秋に亡くなった。

歯も抜け。足腰も立たず。
それでも。大きな声を出され。
まだまだお元気の様子だった。

100歳と言えば。
去年は「太宰治」が生誕100周年だった。

同じく。こちらは現役だが。
「まどみちお」という作詞家・詩人も。
100歳になられたと。新聞に載っていた。

「まどみちお」は。

ぞ~さん ぞ~さん 
おはなが ながいのね そうよ 
かあさんも ながいのよ

の作詞で有名だ。

いちねんせいに なった~ら
いちねんせいに なった~ら

も。彼の作詞で。
彼の詞は。どこまでもやさしく。
朗らかで。明るい。

生きていれば同じ100歳の「太宰治」と。
なんと違う世界に生きている人だろうかと。

甘ったれ太宰に。
複雑な想いを抱くオレは。そう思う(笑

芥川賞を私にくださいと。
川端康成に送った手紙。

あれを書くなんて。
馬鹿じゃなかろうかと。
未だに思っているし。
ほんとお人好し(笑

「まどみちお」をテレビで見た時。
明るく元気で。そこには。
翳りのようなものとか。

偉そうにしているとか。
詩人としての薀蓄を垂れるとか。

そういう雰囲気が。
微塵も感じられなかった。

あくまで自然体で。
いい表情をされていた。

100歳は。まるまる1世紀だ。
とてつもなく長い時間を生きなければ。
到達しない年齢だ。

オレには。まず無理。もう降りているし。
なにより長生きの家系ではない(笑

人間。100歳になるというのは。
どんな気分なのだろう?
仙人のようになるんだろうか?(ってどんな気分だ?

今の職場に入る以前。
人間ボケたら楽になると思っていたが。

認知症の方に聞くと。
「楽じゃない・・」と返答があって。
オレはひっくり返ったが(笑

やはり。認知症同様。
気分など100歳にならないと。
なにもわからないものなのだろう^^;

ただ。生きたい生きたくないは。
別にして。100歳まで生きるには。

死に至る事故・病気に遭わないことが。
最低の条件だろう。

長生きの遺伝子も必要かもしれない。
体力・気力も大事だ。
周囲の環境も重要だと思う。

しかし。あれだ。結局は。
そこへ到達するには。幸運。
これしか。ないのでは?と思う。

自分の命など。いくら大事にしていても。
人間。死ぬ時は死ぬ。泡のように。
呆気なく死んでいくのが人間だ。

つまり。長生きという幸運は。
神様からのプレゼントなわけで。
宝くじと同じ。ならば。

同じ踊るなら。踊らにゃ損損。
というわけで。

生きていることに。まずは感謝しつつ。
なるべく明るく。生きること。
そのことを楽しんでやろう。

そういう環境を。自分に作ってやろう。
小さなことにクヨクヨせずに。

ありゃりゃ。年頭の誓い?^^;
ま。それだけ年をとったということですね(笑






雪だるま
雪



GroupHomeは。認知を持つ方に。
家庭的雰囲気の中で。生活していただき。
認知の進行を。遅らせ留まらせることを。
主な役割としています。

ですから。住まれている方は。
赤の他人であるけれど。家族のように。
接しさせていただいています。

もちろん。あくまで。それは擬似ですが。
出来る限り。それに近い存在として。
ありたいと。考えています。

・・・と言いながら。
これもなかなか難しいことで(笑

馴れ馴れしくてもダメだし。
だからといって。
他所他所しいのも。もっとダメだし。
面倒みてますよ。って態度は。もっともっとダメ。

自然体。自然体で。
難しく考えてもしょうがないから。
なるだけ。明るく接するようにしています。

結局。チャランポランなオレに。
出来ることは。それだけですし^^;

筋道立てた介護はできないから。
それは。人に任せて(笑 

自分なりの良いところを。
出すように心掛けています。
取り得がないもので^^;

先日。職場のデッキに雪が積もりました。
で。さっそく雪だるまを作ったんです。

目は。爪楊枝を黒く焼いたものを二つ差し。
鼻は人参。保湿クリームの緑色の蓋を。
小さな帽子に見立てました。

掌に乗るぐらいの。
小さな雪だるまです^^

入居の方に雪だるまと並んでいただき。
カメラに収めました。まぁ。こちらでは。
なかなか雪も降らないから。
記念撮影をしないわけにはいかないのです(笑

お昼頃には。日差しが強くなり。
崩れちゃいましたけどね^^;

雪だるま制作は。ほとんどオレの趣味でして。
入居の方に。あまり関心を。
持ってもらえなかったのが残念です(笑

考えてみると。近年。冬は必ず一度は。
雪が降っていて。そして。オレは。
その度に雪だるまを作っています^^

まぁ。オレもかなりいい年なんですけどね。
こういうことは別です^^;

なにせ。せっかく降った雪ですから。
雪だるまを作らないと。申し訳なくて(誰に?
勿体無いような気がするのです(笑

なんて。ことを繰り返しながら。
日々のCroupHomeの仕事をこなしつつ。

オレもまた。雪だるまのように。
明るい日差しの中で。消えていくのです。

ああ。そう。ありたいと・・・(笑