びわ雑炊~大根畑の鉄人28号
小学校の頃。

近所の模型屋で。
(当時はこれだけで生計がなりたっていた?)
小さな鉄人28号を買った。

小学生にもできる。
カンタンなプラモデル。

色は鉄人のイメージを。
壊さない渋い鉄色で。

ドロをつけて。
リアリティを持たせると。

とてもプラモデルとは思えない質感で。
まるで今にも動きそうな気がしたものだった。

当時。貧乏な我が家は。
鉄道沿いのすぐ脇にあり。

蒸気機関車が黒い入道雲のような煙を吐いて。
ガシャガシャと通り過ぎていた。

機関車が通り過ぎる度に。
小さな我が家は揺れに揺れた。

そんな我が家の近所には。
大根畑があり。

ある日。
ぼくはなにを思ったのか。

その大根畑に。
大事な鉄人28号を埋めたのだった。

なぜ。埋めたのか?
個人の歴史上で最古の謎のひとつ。

大人の頭での。
想像だが。




大地のエネルギーを吸い取らせ

「生きた鉄人28号」の誕生を願ったか?




というのも。

当時。
東宝怪獣映画の全盛時代で。

ゴジラ。モスラ。バラン。
彼らを主人公とした映画はみな。

土俗的な雰囲気を持っており。
信仰の対象としての怪獣が描かれ。
土の匂いがした。

純真な子供が。
その影響を受けても。
おかしくはない。

想像力は。
子供の財産だもの。


さて。
大根畑に埋められた鉄人28号は。
今頃どうしているだろうか。

大地のエネルギーを蓄える時間は。
すでに40年を越えている。

それは「鉄人28号」が咆哮し。
雄々しく立ち上がるに充分な長さだ。





出でよ! 鉄人! 28号!







スポンサーサイト
アルク「2009」6月度終了
今月の収穫。

2009年6月のCalendarが埋められたのは3日。




6/6  
ゴレンジャーみたいなフィギュア。

        
布製のHeart型アクセサリー。


6/24 
マンガ「ワンピース」:チョッパーのフィギュア。

               ↑
              ご指摘あり!

6/25 
イヤミ刻印:コイン型Keyholder。

        
マリオブラザースフィギュア:ルィージの頭だけ。




収穫は30日間で5個。
先月が31日間で6個ぐらいだったから。
まぁ。こんなもんか。

実際のところ。
何が何でもCalendar全部を埋めたいと。
思っているわけではない。

毎日Walkingしていると飽きるし。
仮想四国88ヶ所巡り同様。
Motivation維持に役立てているだけだが。

アルク「2009」という美術活動は。
もっともらしい御託を並べれば。



収集が目的ではなく。

「偶然の出会い」が目的。



だから。

埋められなかった27日間の空白は。
それはそれで。意味を持つ。そんなもんですね。



今日は朝から雨。

本来の目的であるWalkingも。
           ついでの企画。アルク「2009」も。
             もうひとつ。ついでの企画。仮想四国88ヶ所巡りも。
           
              
             すべて中止で。
             物足りない6月最後の日だが。



 
さらに。もうひとつの企画の方は。
今月も達成できました。


セブン銀行月間1万円貯金シリーズ!!


まぁ。


車検で-8万円ですが・・・・・・orz









仮想四国88ヶ所巡り~阿波の国完了!
仮想四国88ヶ所巡り~阿波の国完了!

日数50日ぐらい。
総距離200kmちょい。札所23箇所。

仮想ゆえに。
曖昧になりがちな距離数ですが。

少し差し引きながら記録していたので。
200km以上歩いたのは間違いなく。

また山地での歩行も取り入れ。
できる範囲で現実に近くなるよう歩きました。

というわけで。証明書をいただきました!



kanpo_honbun.gif




さて。次は土佐の国。
全行程477km。

阿波の国で50日。
ということは。120日ぐらい?

4ヶ月ですか・・・・ちょっとしびれますけど。
24番札所まで。いきなり80kmだし~。

ぼちぼち。だらだら。とろとろ。
それでも空海のごとく。

サト~~リ。
目指して出発でございます。




紅梅白梅図屏風とビーナス誕生
サンドロ・ボッティチェリ。(1444~1510)イタリア。
代表作:ビーナス誕生。

尾形光琳。(1658~1716)日本。
体表作:紅梅白梅図屏風。



生まれた時代も違う。
場所も違うこの二人が描いた代表作に。

不思議な共通点があると。
すいぶん前から思っていた。

改めて。
ここにその二人の絵を並べてみたい。

まずは。
尾形光琳:紅梅白梅図屏風。

kourin3.jpg


次に。
サンドロ・ボッティチェリ:ビーナス誕生。

400px-Sandro_Botticelli_046.jpg



構図が似ていることに気付く。


          
中央の抽象化した川VS中央に描かれた貝殻上のビーナス。

左から倒れ込むように迫る白梅VS左よりビーナスに風を吹き付けるニンフ(精霊)。

川を受けるように柔らかく描かれた右の紅梅VS裸のビーナスをやさしく包もうとするニンフ。




尾形光琳は安土桃山時代の俵屋宗達に。
影響を受けたと言われ。実際に。

宗達の有名な。
「風神雷神」図を模写している。

370px-Fujinraijin-tawaraya.jpg


紅梅白梅図屏風の構図も。
そこから着想を得たとも言われ。
事実。そうだろうと思う。

しかし。光琳とボッティチェリの作品を見比べた時。
両者のほうが。より近いと思うのは。自分だけだろうか?

時代の違う東西の画家に接点はない。
ただ。どうしても夢想してしまうオレがいて。




ボッティチェリのビーナス誕生の模写を。

光琳がどこかで手に入れ。

それを参考にしたのではないか?と。




もちろん荒唐無稽な話で。
たったそれだけの話だけれど。

もうずいぶん昔から。
これが頭から離れない。

想えば。絵や文章もそうだが。昔から。
一文の得にもならないことばかりを考えて。

むしろ。そっちのほうが。
金を得るより大事だったりし。

良い悪いは別にして。
そういうことが。どうにも長いこと変らない。
変えられないジブンだったりする。




フランチェスカの雲
ピエロ・デラ・フランチェスカ。

遠い昔のヨーロッパの画家。
故・香月泰男がシベリア抑留されていた時。

フランチェスカの描いた「雲」と同じ雲を見つけ。
心を慰めたという。

フランチェスカの描いた雲は。
どういう雲だったか。

もちろん積乱雲などの。
学術的な呼称を持つ雲ではない。



葛飾北斎の。
有名な絵のひとつとして。

富岳三十六景がある。

nami.jpg

波の形を見て欲しい。

確かにあるが形として。
とらえどころのない波。

それを誰が見ても。
そう見えるように描いている。

フランチェスカの描いた雲もまた。
北斎の波と同じようなものだ。

dellaf001.jpg

右に見える雲の形。
彼の描く雲は。
このような定形がある。
他に。

無題2


無題


「雲」が「意志」持つ存在として。
人間やモノと同じ感覚で描かれ。

形のない雲を形あるものとして。
的確に見えるように描いている。

だから人の記憶に残りやすい。
天才しかできない芸だと思う。



実際は。なかなか見つけられない。
フランチェスカの雲の形だけれど。

何もすることがない晴れた日に。
探してみるのも一興かもしれない。