仮想四国88ヶ所巡り~土佐の国終了
sikoku.jpg



このカテゴリーも。
クモの巣が張っている状況です。

自分自身。ほぼ忘れていました(笑

ここでは。
仮想の巡礼を行っています。

なので。お遍路の姿を。
しているわけではなく(当たり前)

金剛清浄などと言いながら。
歩くわけではなく(当たり前)

信心から。
行っているわけではありません。
(空海さんは。好きですけどね^^;)

単に。walkingの励みにするめに。

あるサイトを利用させてもらいながら。
巡礼という形で歩いているだけのことです。

あといくら歩いたら。終了!
というのは。
ものすごく励みになるもので。

目の前に人参を。
ぶら下げられた馬のように。

まだかまだかと。
思っているうちに。
土佐を終了しました。

土佐の国。

地図でもわかるように。
四国では最大の県です。

えらく長い距離でした。

土佐の国を。半分歩くだけで。
(たぶん3カ月?)
walkingshoesが一足ダメになりました^^;

walkingshoesは。

元値2500円の商品を。
特価500円で買ったものです^^

たぶん長期間に渡り。
歩くだろうと思ったし。

買ってみて。履きやすくもあったので。
思い切って。
8足買ったものの。ひとつです(笑

ダメになったwalkingshoesを見て。
おもしろいなと。
思ったことがあります。

右靴に比べ。左のほうが。
底の減り方が激しかったということです。

おそらく。体の重心が。
左に傾いているか。
もしくは。
左足のほうが。右に比べ。

「蹴り」が強いのかもしれません。

また自分の身体(上体)は。
幼い頃から。
右肩が下がっておりまして。
(骨盤の歪みから?)

それも。靴の減り方に関わる原因の。
ひとつかもしれません。

このことについては。
人から注意されたことがあります。

「右肩下がってるわよ!」

「あ。実はコレコレで」

「ごめん・・・」

自分としては。
どうしようもないことなので。
諦めてもらいました(汗

残すは。伊予・讃岐。
年内に。終了できるかどうか。
というところです。

ただ。歩いても歩いても。
88もあるという。
煩悩が消えてなくならないのは。

これは。しょうがないですね。

きっと。たぶん。
煩悩。好きなんですよ(笑
まして。
修行してるわけじゃないですしねぇ^^;




スポンサーサイト
仮想四国88ヶ所巡り~いまだ旅なかば
土佐の国に入ってはや19日目。
あと19kmぐらいで最初の札所・最御崎寺(ほつみさきじ)
高知県室戸市 に着きます。
24.jpg


1日あたり1時間の歩行ペースで。
ほんとなら4kmは歩いているはずですが。
3.4km/1時間の表示になるので。
なかなか進みません。

それでもまぁ。実際。
現場を歩いているのなら。
野暮用もあるでしょうし(どんな?)
無駄になる歩行も含まれるでしょうから。
こんなものかもしれません

全体としたら現在10%の達成率です。
やっぱり4ヶ月はかかりますね。
今日は。雨の中を歩くはめになりました。

考えてみればウォーキングを。
初めて以来の雨中決行となり。

これまで雨中を歩くのは。
なるべく避けていましたが。
途中からではしょうがありません。

しかし今日の雨は。どうにも。
降ったり止んだりが激しくて。
さっさと歩けば大丈夫だろうと。
たかを括って歩きましたが。

やはり途中から降りだし。
ざっと降っては。すぐに止みという有様で。
避けようがありませんでした。

最御崎寺のある室戸は。
空海が悟りを得た室戸岬のあるところで。
利用しているサイトの紹介文には。こう記してあります。
(はい・観光案内・どうぞ)



「明星の 出でぬる方の 東寺 暗き迷いは などかあらまじ」
縁起: 正しくは最御崎寺と言うのですが、普通、東寺と呼ばれており、室戸岬の突端の山の上にあります。
弘法大師が19才の時、仏法の迷いを払わんとして、大和の国大峰山から高野山ヘ、更に阿波の太龍寺へ登り、命がけの難行苦行をされましたが、悟りを開くことができませんでした。そして次に来られたのが、この室戸だったのです。果てしなく広がる太平洋の自然を前にして、雨の日も風の日も勤行を続け、ついに悟りを開かれたのでした。「法性の 室戸と言えど 我住めば 有為の波風 立たぬ日ぞなし」と詠まれたように、東の空に光を放つ明星の暗示により悟りを開かれました。そこで山の上にお寺を建てられましたのが、この24番東寺で、本尊の虚空蔵菩薩はお寺の創建と共に大師が刻まれたものです。




室戸岬にはクルマで行ったことがあります。
その空海が悟りを開いた場所の近くには。
坂本竜馬と共に活躍した中岡 慎太郎の。
銅像が道路沿いにあったと思います。

観光案内のついでに。
その中岡 慎太郎の写真を掲載。

笑顔がいいんですよ。
当時。写真と言えば。
マジメな顔で映るのが当たり前。
笑顔の写真は少なかったそうで。
スナップ写真のようでいいです。
幕末の志士ですが。
ちょっと身近な感じがします。

Nakaoka_Shintaro.jpg




7月Walking開始~銀杏
ようやく長い雨が止み。
曇り空にしても。

歩けるほどのお天気となったので。
先ほどまで1時間なりを歩いた。

雨上がりの地上は。
空気の汚れが雨に流されて。
至ってさわやかであった。

理科工大の周辺に街路樹として。
銀杏の木が植えられているが。
梅かと思うほどの大きさの青い実が。

たわわになっており。
涼やかな情景を醸し出してくれている。
この街路樹は。理科工大ができると同時に。

植えられたものだと記憶しているが。
この木々がまだ細かった頃。
「風」台風が襲い。
すっかり葉っぱがダメになり。
どうなるものかと心配したものだ。

しかし丈夫なもので。幹も太くなり。
たくましい枝振りを見せている。
以前。勤めていた職場の前に。

大きな銀杏の木があり。
秋には。こぼれるほどたくさんの実が取れた。
実はご存知のように臭い。
種だけをとって乾燥させて使用するのだが。
(個人的には煎って食べるのが好み)

この種をとる作業は厄介だ。
なにせ臭いし。
人によっては手が被れることもある。

ところが。オレはこの作業が好きで。
素手で触っても大丈夫だった。
それに臭いことは臭いのだが。

その臭いが。
やがて香ばしいものに変ると思えば。
けっこういい香りに感じられたものだ。

秋になったら。
この実が熟すだろうから。
拾いに出かけようか。

夕方からとは言え。
清清しい雨上がり。

7月初めの。
青い銀杏の下を歩きながらのWalkingは。
ちょっと得をした気分だった。




仮想四国88ヶ所巡り~阿波の国完了!
仮想四国88ヶ所巡り~阿波の国完了!

日数50日ぐらい。
総距離200kmちょい。札所23箇所。

仮想ゆえに。
曖昧になりがちな距離数ですが。

少し差し引きながら記録していたので。
200km以上歩いたのは間違いなく。

また山地での歩行も取り入れ。
できる範囲で現実に近くなるよう歩きました。

というわけで。証明書をいただきました!



kanpo_honbun.gif




さて。次は土佐の国。
全行程477km。

阿波の国で50日。
ということは。120日ぐらい?

4ヶ月ですか・・・・ちょっとしびれますけど。
24番札所まで。いきなり80kmだし~。

ぼちぼち。だらだら。とろとろ。
それでも空海のごとく。

サト~~リ。
目指して出発でございます。




仮想四国88ヶ所巡り
5月から開始したアルク「2009」と同時平行の形で。
仮想四国88ヶ所巡りをしておりまして。

まずは。
発心の道場と言われる「阿波の国」を巡っております。

現在1番札所~17番札所「井戸寺」まで踏破。
これは阿波の国全行程の60%というところです。

阿波の国には23箇所の札所があり。
あと6箇所で一応、完了ということになります。

因みに。
廻って行く順番は下記の通り。

阿波の国=発心の道場(23箇所)
土佐の国=修行の道場(16箇所)
伊予の国=菩提の道場(26箇所)
讃岐の国=涅槃の道場(23箇所)

阿波の国と讃岐の国は。
最初と最後の国になるわけですが。

距離が短い割に札所が多く。
次の札所までが近いです。

途中となる土佐の国及び伊予の国は。
札所間の距離が長いです。

今歩いている阿波の国は。
札所間の総距離が200kmぐらいですが。

土佐の国など500kmぐらいあり。
伊予の国もそれに近いぐらいあり。

なんやかやで最後まで行くには。
全部で1400kmぐらいみたいで・・・・orz

たぶん。
今のペースだと。
半年~1年かかるかもかも。
です。

10年ぐらい前に。
4日かけて四国海岸線2/3をクルマで廻ったことがあり。
実際に札所の前を通ったこともあるんですが。

途中なんでもない国道沿いに札所があったりして。
あんまり有難く思えなかったです。

クルマだとそんなもんですね。
やはりこうして架空とは言え。

歩いて参拝するのが実感もあり。
有り難味が増すというものです。

毎日歩くと飽きてくるし。
目標があると続けやすいです。

ケッコウ役に立つ仮想ウォーキングサイトです。

https://gnl.cplaza.ne.jp/walking/index.html