閑話休題~夏便り
66789.jpg



ワタシは世間一般から見ればつくづく親不孝者だ。
もう彼是20年ほど墓参りをしていない。
今年も行かないだろうし。やはり来年も行かないだろう。

それには理由があって。何故なら両親ともに極楽往生。
すでに魂は救われていると確信しているからで。
然るに何故墓参りが必要なのかさっぱり理解できないのだ。

だから形だけの墓参りは必要なく。
自宅にある両親の遺影を見ているだけで良い。
両親を思い出すことで心が和む。
(親を思う・慕う心だけで十分供養になっている)

さて。墓参りと言えば。
山口市内にある「中原中也」の墓を尋ねたことがある。
それはやはり暑い夏のことだったように思う。

意外だが「中原中也」と書かれた墓はなく。
「中原家累代の墓」となっており。遺骨はその中に収められている。
行った当時の墓のまわりは草ぼうぼうの畑だった。

不思議なことに墓前にはお賽銭のつもりか?
数十枚の10円玉・5円玉・1円玉が供えてあって。
今でも妙に鮮烈な記憶として残っている。
(他意はなく。いかにも日本人らしい気持ちの現れだろう)

~中原中也・死別の翌日~

生きのこるものはづうづうしく、
死にゆくものはその清純さを漂はせ
物云ひたげな瞳を床ゆかにさまよはすだけで、
親を離れ、兄弟を離れ、
最初から独りであつたもののやうに死んでゆく。

さて、今日はよいお天気です。
街の片側は翳かげり、片側は日射しをうけて、あつたかい
けざやかにもわびしい秋の午前です。
空は昨日までの雨に拭はれて、すがすがしく、
それは海の方まで続いてゐることが分ります。

その空をみながら、また街の中をみながら、
歩いてゆく私はもはや此の世のことを考へず、
さりとて死んでいつたもののことも考へてはゐないのです。
みたばかりの死に茫然ばうぜんとして、
卑怯にも似た感情を抱いて私は歩いてゐたと告白せねばなりません。





スポンサーサイト
閑話休題・なぜ「。」だけなのか?
nesle_news01.jpg



この事を書くのはおそらく3回目です。
自分の文章は「、」を使用せず「。」のみで書いています。
(つまり文章についての言い訳w)

それはたぶん「、」に対する偏見で。
個人的な美意識からきているのだろうと思います。
「、」が美しいものとして感じられないのです。

だって。そりゃ~しょうがね~だろ?「、」はあって当たり前じゃん?
「、への差別じゃね?」「、に対するヘートスピーチだ!」「、の人権が~!」
そういうもんなんだよ。日本語ってのは!!

そうなんです(大賛成!w)

ただね。自分はどういうわけか。
ブログ画面を一枚の絵として捉える癖があるんです。
そういった認識で見てしまうんです。

もちろんそれをワザと崩したり。
都合上。そうなっていないものが多々ありますけれども。
基本的にそんなふうに「眺めている」んです。

そして。

「、」があることが面倒くさい。
「、」を除くことで余計な神経を使わずに済む。
まぁ~なんて都合がいいんでしょうw

こんな考えに至ったのは或るブログがヒントになっており。
詩的な文章を書くその人は「、」「。」一切なし。
それで全体的に美しい文章を成り立たせていました。

そうかそうか!そういう手があったのか!

それじゃ~「。」だけの文章があってもいいんじゃね?
ということで早速実行。書くことがずいぶん楽になりました。
表現したいものがスラスラ書けるようになりました。
(今はスラスラが怪しい段階w)

自分の文章が美しいとは思いません。ただ楽なんです。

それじゃ。ついでに「。」もやめたら?
ところがどっこい。「。」は必要なのですよ。
(ええ?@@;)

何度か実験してみたのですが「。」なしでは。
影響を受けた文章のようにはいかず納得できませんでした。
ただふわふわとして締まりがなくなってしまうんです。

これが感受性の違いというものなのでしょうね。





冬休み継続中・閑話休題~雲
羊雲
羊雲~waravino・1980





雲のように形に囚われず。
生きることができたら。
どんなにいいだろう。

ある時はシュークリーム。
またある時は像のようになるんだ。
変幻自在。
どんなに強い風が吹いても。
やんわりかわすだけ。

雲はすごいねぇ。

でもボクには。
人として与えられた形がある。
だから例え。
雲になることを望んだとしても。
それは無理だよね。

やがて形がなくなる日まで。
ボクは形の中で。
形を守って生きて行く。

それがボクの存在。
それでも。
捨てたものではないんだよ。

神様は何でも心得ているからね。

不自由なボクに。
見えない翼を与えているんだよ。
「想像力」という翼。

ボクはそれを使って。
囚われない世界へ。
行くことができるんだ。





閑話休題~上を向いて歩こう
014_convert_20101110003145.jpg
声を聞く人~waravino



「上を向いて歩こう」

作詞・永 六輔
作曲・中村八大


上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す夏の日一人ぽっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは雲の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く一人ぽっちの夜

思い出す秋の日一人ぽっちの夜

悲しみは星のかげに
悲しみは月のかげに

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く一人ぽっちの夜

一人ぽっちの夜
一人ぽっちの夜




誰にだって。
人生最低の日は必ずやって来る。

それでも下を向かず。
涙がこぼれないように。
上を向く。

なんとも格好いいじゃないか。

それを痩せ我慢とも言うが。
上を向いていなければ。
希望の星も見えて来ないだろう。



閑話休題~青い青いふるさと
青い青い故郷





みんな。
みんな。
何もかも。
通り過ぎてしまったね。

生まれ故郷は。
あるようで。
ないようで。

もうどこが。
故郷か。
わからなくなったよ。

そのぐらい。
時は。
遥か遥か。
遠く遠く。
過ぎ去ってしまったよ。

こんな5月の。
目に沁みるような。
青い青い空。

確かにぼくは。

故郷を。
そして。
たくさんの。
モノや人を。
見失ってしまったけれど。

あの空だけは。
ずっと。
ずっと。
逃げずに。
一緒にあったよ。

青い青い空。

ぼくの故郷は。
青い青い。
あの空にある。