びわ雑炊・補~画材店主・F氏の想い出
yjimageghhj.jpg



画材店Fに勤務することになったのは全くの偶然だった。
たまたま入り口に「店員募集」の張り紙があり。
それを見た自分が直ぐに「入っていいですか?」
と画材店主F氏に尋ね。「ああ。いいよ」との返事をもらった。
(面接もなくまったくいい加減な採用w)

それまである看板屋(社長は広告美術と言っていた)に勤めていたものの。
自分で言うのもなんだが。まったく使い物にならなかった。
絵心があるから大丈夫だと思っていたら。
文字書き(レタリング)と絵心とは余り関係がなかった。
少なくとも自分はそうだった。

それに細かい所に気が向かないから。
やることなすこと失敗だらけで。
「こりゃ間違った所に入ったな」とずっと思っていた。

そんな頃に画材店Fの店員募集の張り紙が目に入ったわけだ。

画材店の仕事は天職というか。実に楽しかった。
額縁作りも自分にあっていたし。画材販売も好きで。
このくらい自分に合っている仕事はないと思った。

そういう気持ちになれたのもF氏の存在があったからだ。
F氏は細かいことを気にしない豪放磊落な性格で。
自分のする失敗も咎めることなく。いつも暖かい目で見てくれた。

F氏は元々水産大学の出身だったが。縁があって。
画材店の婿養子となり後を継いだ人だ。
「婿養子はいいぞ。家付きカカア付きだ」なんて笑っていた。

酒が好きで画材店の全国フェアの際には。
いつも陽気に酒を飲み。
大きな声で知り合いを冷やかしつつ談笑していた。

飽きっぽい自分が長年勤めることができたのも。
F氏がいたからこそだ。そういう意味で実に感謝しているし。
自分の人生における恩人の一人であると思っている。

その後。ある理由があって退職を願い出た際。
「お。そうか」と何の理由も聞かず。また引き止めもせず。
こちらがびっくりするほど。あっさりと受け入れてくれた。

あとである人から「アレは絵描きじゃから」と言っていたという。
F氏は知っていたのだ。自分がフツウの画材店の店員ではなく。
「絵描き」がたまたま画材店の仕事をしていると。

だからF氏すれば自分が「絵描き」になるために。
退職を決意したのだと思ったに違いない。
それでいとも簡単に笑顔で了解してくれたのだ。
(もっとも当人は絵描きでないと承知していたのだがw)

F氏は仕事柄「絵描き」を数多く見てきている。
そんなF氏が「アレは絵描きじゃから」と認めてくれたのは。
勘違いであるにしても嬉しいことであった。

仕事を辞め。ずいぶん時が過ぎたある日のこと。
通院している大学病院で声をかけられた。「お。Wくんじゃないか」
にこにこ笑ったF氏がそこに立っていた。

「ガンになってなぁ。入院しちょった」と苦笑しながら。
大腸ガンで入院していたことを他人事のように話し。
抗がん剤で丸坊主になった頭をなでた。

その姿を見て。順調に回復されているんだなと思い。
こちらも「あ。自分もこうなりましたよ」と帽子をとり禿げ頭を見せた。
「帽子を被るといいですよ」なんて軽口を叩いたのも。
なるべく深刻な話にならないようにするためだった。

F氏が亡くなったと報告を受けたのが7月頃。
じっとり汗ばむ季節だった。その話を聞いた瞬間。
病院でのF氏の姿が浮かんだ。
死という現実から縁遠い人のように思っていた。
そのぐらい若々しい印象しかなかった。

葬儀が行われた日。

最後のお別れということで。棺に入ったF氏の顔を見た。
まるでミイラになったような顔。
その顔を見た時。ああ。見るんじゃなかったと悔やんだ。

自分にすればF氏はいつも若々しく。
陽気で冗談好きの顔しか頭になかったからで。
ギャップが激しすぎ。気が重くなったのだ。

息子さんが祭壇に立ちこう言われていた。

「父は仕事一途で。ガンになっても病院を抜け出して。
店に来て仕事をしていました(病院の近くに店がある)。
それで楽しいのかと聞いたら。仕事が趣味みたいなもんじゃから。
と言って笑っていました。父は死ぬまで現役でしたから。
とても幸せな人生だったと思います」





スポンサーサイト
びわ雑炊・補~初恋の人
033_convert_20160328052207.jpg
つらつら椿・油彩F3・waravino


カテゴリー・びわ雑炊は基本的に終了している。
それでも。まだまだ思い出すことが多く(びわ雑炊は想い出話)。
それを補うつもりでびわ雑炊・補としている。

想い出はなるべく詳しく書くようにしている。
間違った記憶はあるかもしれないが。
強く印象に残ったものだけを書くようにしている。

ただ今回の初恋の相手だけは。かなり記憶に乏しいというか。
印象に残っていることが余りにも少ない。
中学生時代の頃だったにしても。もう少し覚えていたかった。

何せ初恋の人だ。今にして思えば残念でならない。

彼女の身体的特徴はと言えば。
大きな瞳とブルマからす~っと伸びた白い足。
それと八重歯とオカッパの髪。

この記憶は二階の窓から彼女を見た時のもので。
同じクラスだったにも関わらず。彼女と面と向かって口をきいたことはなく。
教室内での彼女の顔は思い出せない。

ああ。そうだ。記憶と言えば。

彼女はその後。三重県へ引っ越ししたのだが。
どういう経緯で住所を知ったか。
ラブレターらしきものを彼女へ送ったのだった。

返事は来たような。来なかったような。
なんとも曖昧な記憶しかなく。
自分の書いた文章すら定かに覚えていない。

好きだったんだぜ~・・・みたいな内容だったろうか。

何故。口をきいていなかったにも関わらず。
後になって手紙など出したのか?
おそらく二階の窓から見た彼女の姿が「余ほど鮮烈」に残っていたから?

それがいつまでも頭から離れずにいたため。
どうしても想いを知って欲しかったのかもしれない。
手紙は一度きりだった。これは確か。

文通に発展すれば。あるいは・・・
いやそれはない。元来。筆不精だ。
想いが伝わればそれで良かった。

今頃。どうしているだろう?
彼女も今やカンレキ。
孫に囲まれ幸せに暮らしていれば何よりだ。

二階から見た彼女の姿は一枚の写真のように。
心の奥深く刻まれている。
それがどんなにセピア色に変わろうとも。

好きだったことはいつまでも変わらない。




びわ雑炊・補~手塚治虫とバンパイヤ
バンパイア




小学生の頃。ボクはマンガ少年だった。

石森章太郎の「漫画家入門」という本を買い。
ペン・墨汁・定規・ケント紙などを揃え。
「将来は漫画家になりたいな」と漠然と考えていた。

そんなマンガ少年にある日。大事件が起こった。

近所に住む1歳年上のYさんというマンガ少年がいて。
彼が言うのには「あの手塚治虫」が。
近日中に市内のデパートでサイン会をするというのだ。

当時。少年サンデーに掲載されていた人気マンガ。
「バンパイヤ」の取材のための来県で。
日本でも有数の洞窟「秋芳洞」を訪れるのが目的らしく。
そのついでにサイン会をするようだった。

これは行かねばならい!

Yさんとボクは少なからず興奮した。
そしてボクらはノート片手(サインしてもらうため)に。
デパートへ駆け付けた。

「手塚治虫」は4階のフロアにいた。
「岡部冬彦」など他の著名な漫画家と並び。
長テーブルで色紙にサインをしていた。

初めて見る「手塚治虫」は大柄で。
白い開襟シャツにベレー帽を被り。
目鼻立ちが非常に立派な印象だった。
彼の描く「弱々しい漫画家の自分」とは全く違い。
とても威厳があるように思えた。

さてサインだが。結局もらえなかった。
前もって行われた抽選会で。
もらえる人はすでに決まっていたからだ。
(ボクらはそれを知らずガックリした)

そのサイン会であったエピソードをひとつ。

サインの抽選会で「岡部冬彦」に当たった女性が。
子供にねだられたものか。
「すみません。手塚先生のサインが欲しいんです。
代えてもらうことができますか?」と主催者側に尋ねていた。

その願いが叶えられたか知らないが。
手塚・岡部両氏が二人並んで苦笑する姿は。
今でも鮮明に覚えている。

ところで「バンパイヤ」はTVドラマ化されている。
TVのカラー化も進んだ頃。何故か白黒での放映だった。

主人公のトッペイ役は若き日の水谷豊。
(これが彼のTVドラマデビュー作)
そして手塚治虫も出演している。
なにせトッペイは手塚プロダクションにアシスタントとして就職する設定で。
手塚が登場するのも当然と言えば当然なのだ。

このドラマは主人公が狼になるシーンを。
「実写とアニメーションの合成」で表現しており。
当時としては斬新な手法だったと思う。
(今ではCGが当たり前だけれど)

まぁ。ずいぶん昔の話だから。
ドラマ自体はほとんど記憶に残っていないが。
当時。新人だった水谷豊が今でも。
「相棒」などで活躍しているのは感慨深いものがある。



※「バンパイヤ」=「バンパイア」
少年サンデー及びTVでは。
「バンパイヤ」のタイトルだった。



びわ雑炊・補~金子みすゞを想う
02.jpg




金子みすゞは大正時代の童謡詩人として。
今ではすっかり有名になっているから。
これを読んでおられる方もご存知かもしれない。

童謡詩人・金子みすゞを初めて知ったのは。
ある新聞の小さな囲み記事からだった。
「みすゞの詩が発見された」ということと共に。
彼女の詩が紹介されていた。

そこに載っていた詩は。
「大漁」など数編で。それを読んだ瞬間。
自分と感性が似ていると直感。非常な親近感を持った。
僅かな記事内容だったが。
少なからず興奮したことを覚えている。
(時代を越えて友を得た喜び!)

みすゞは山口県大津郡仙崎生まれ。
自分も出生地は違うものの山口県に住んでいるから。
それも親近感を増幅させた原因かもしれない。


「大漁」
朝焼小焼だ 大漁だ 
大羽鰮(おおばいわし)の 大漁だ。
浜は祭りのようだけど
海のなかでは何万の
鰮のとむらいするだろう。



彼女の詩を一言で言えば。
「どんな命にも平等に接する心」ではないかと思う。
それを端的に表現している詩に。
「私と小鳥と鈴と」がある。


「私と小鳥と鈴と」
私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面(じべた)を速く走れない。

私が体をゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。



みんなちがって、みんないい。
この最後の言葉がいい。人の心を救う。
御仏の慈愛に似ている。


「みんなを好きに」
私は好きになりたいな、
何でもかんでもみいんな。

葱も、トマトも、おさかなも、
残らず好きになりたいな。

うちのおかずは、みいんな、
母さまがおつくりになったもの。

私は好きになりたいな、
誰でもかれでもみいんな。

お医者さんでも、烏でも、
残らず好きになりたいな。

世界のものはみィんな、
神さまがおつくりになったもの。



彼女の人生は26年と短い。詳細は省くが。
彼女は連れ添った夫とうまく行かず離婚した後。
幼い娘の親権を夫に奪われる。

それが生きる意欲を削いだのだろう。
娘を自分の母親に託すよう懇願する遺書を残し。
服毒自殺を図ってしまう。

その死に至るまでの経緯と心情は。
一人の女性として。また母親として。
察するに余りあるものがある。

もし時代が違っていたら。
もし周囲の状況が違っていたら。
まだまだ多くの作品を残しただろう。

「娘という希望」が彼女に詩を書かせたと思うから。





  
びわ雑炊・補~ニュー・ミュージック世代
GEDC0168_convert_20101015000750.jpg
~泥棒猫~F4・油彩・waravino



自分は世代として。
「吉田拓郎」「井上陽水」「荒井由美」「中島みゆき」「さだまさし」世代。
いわゆる後にニュー・ミュージックと言われる世代に当てはまる。

あの時代。様々なシンガーソングライターが誕生し。
その斬新な感性・自分の主張を持った歌は。
当時の自分の感性を刺激するに充分な力を持っていた。

中でも「井上陽水」「小椋桂」「さだまさし」の三人は。
楽曲はもちろんのこと。
詞の内容がぴったりストライクで。よく聴いた。

お陰で音痴にも関わらず「ギターが弾きて~!」
な~んて。ドエライ勘違して。
クラシックギター&フォークギターを買ったのもこの頃。

生憎。忍耐性=0・持続力=0・音楽センス=0が重なり。
ギターは埃を被ってしまったが。
彼らの楽譜・詞が載った本を買いまくり「詞だけ」はよく見ていた。
(他に「ふきのとう」「N・S・P」「中島みゆき」「荒井由美」も!)

初期の頃の「井上陽水」は好きだった。
(特に「氷の世界」あたりまで。
後年作の「少年時代」はこの頃を感じさせる大好きな曲)

「傘がない」「心もよう」「夜のバス」「桜三月散歩道」
「氷の世界」「人生が二度あれば」「小春おばさん」
「帰郷・危篤電報を受け取って」「能古島の片想い」et cetera・et cetera。

はっきり言って陽水の詞はmelody重視だから。
オカシナ日本語(造語)もある。だが声・曲・詞のバランスが素晴らしく。
それが有無を言わせぬ説得力となって聴き入ってしまう。
(「小春おばさん」はたいした内容の詞でないのに。ムチャ感動的w)

その点「さだまさし」の詞は小説的だ。
「作詞家」として言葉使いが上手い。
古くて懐かしい響きのある言葉をうまく散りばめ。
日本人の感性に訴える手法。

さだは「精霊流し」(グレープ時代)で。一躍。ヒットメーカーになり。
その後も数々(数え上げればキリがないので省略w)の話題曲・名曲を量産している。
そのむかし。さだの姉が「まさしは天才です」なんて言ったのも。
あながち身内びいきだけではないだろう。それだけの曲を多数作っている。

好きな曲は陽水と同じく初期に集中している。
「フレディもしくは三教街」「無縁坂」「飛梅」「檸檬」
「線香花火」「まほろば」「主人公」et cetera・et cetera。

「小椋桂」はさだに比べると。より文学的傾向が強い。
澄んだ歌声と相まって。独特の透明な世界を垣間見せてくれる。
代表作の「シクラメンのかほり」にしてもそうだけれど。
この人の歌には「仄かな切なさ」が含まれているような気がする。

好きな曲・・・一番好きな曲。
なんてことだ!
題名忘れてるじゃないか!@@;

「こぼれ松葉をかき集め・・・・」
確か誰かの・・・そう佐藤春夫だったか?の詩に。
曲を付けたのモノだったはず。
(どなたかご存知ない?)

「さらば青春」「しおさいの詩」「少しは私に愛をください」
「木戸をあけて~家出する少年がその母親に捧げる歌」
「白い一日」「六月の雨」「この汽車は」
「春の雨はやさしいはずなのに」et cetera・et cetera。

もちろん取り上げた三人以外にも好きな歌手はいる。

「吉田拓郎」「中島みゆき」「荒井由美」等の大御所を始め。
「永井龍雲」「村下孝蔵」そして愛して止まない「森田童子」など。
それぞれ個性に応じた世界観を持っていて。

今でも大好きな歌手たちだ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



忘れていた曲名。
訪問者さまから教えて頂きました!
「海辺の恋」でした!
教えてくださってありがとうございます!

動画サイトで確認したんですが。
小椋桂の唄った動画が見つかりませんでした。
ああ。あの声でもう一度聴いてみたいなぁ。