続・天草幻影~「原ノ城」と天草・島原の乱
552-1-20160930193611_b57ee401bf392f.jpg
原ノ城・舟越安武


若い頃。岩手県を訪れたことがある。
その際に岩手県立美術館で舟越安武(故人)の名作「原ノ城」を見る機会を得た。
写真では知っていたが。まさかこちらで見るとは思わなかった。
後で知ったことだが。あるのも当然で舟越安武は岩手県出身。
(高校の同級生に画家・松本俊介がいる)カトリック系キリスト教信者。

さて「原ノ城」の印象はどうだったか?

少しだけ前傾姿勢で目の部分はスポッとした穴になっており。
わずかに口が空いている。全体に哀切が纏わり付いて。
何かを訴えているかのよう。それがじわり緊張感として伝わってくる。
(謎めいて幾ら眺めても見飽きない像だ)

題名の「原ノ城」。もちろん長崎県・島原市にある「原城」の事だ。
現在は石垣が残っているだけで。周辺では発掘調査をしているのだそうだ。
そこから島原・天草軍と思われる人骨が出てくる。
骨は腹から半分に切断され別々に分けられた状態。
その上に重しとして多数の石垣が置かれている。

遺体の切断。何故。そこまでして埋めたのか?

幕府側の資料に「童女が笑いながら死んでいった」という記載がある。
(つまりパラダイスへ行ける喜びが笑顔となった)
同じ理由で笑いながら死んでいった石山本願寺の一向宗一揆。
「死ねば極楽・生きれば地獄」
本気でそう思えば人間は死の際に笑うことすら受け入れる。

だが。島原の乱と一向一揆とは決定的に違う。
(藩主の重税が乱となった発端だが。書く目的がそこにないので省略する)

幕府側はキリスト教(カトリック系)の教義が如何なるものか徹底的に研究したはずだ。
(もちろん宣教師を先兵として送り。改宗させ内乱を起こし国を植民地化することなども)
とくに彼らが怪しみ許せなかったのは「復活」という概念だ。死んだ人間が生き返るのだ。
まだまだ迷信が多く残り。それが真しやかに行われていた時代。
これが事実なら支配者側からすればキリシタンは恐怖すべき対象だ。
上半身と下半身を分けた。あるいは死体の上に重しとして石垣を乗せた理由がこれだと思う。

島原の乱の反省から幕府側は表だったキリシタン弾圧を行っていない。
(島原には人徳のある人物を藩主にし穏やかな政策をとらせている)
誰かが「あそこは隠れキリシタンです」と伝えてきても「心得違いの者である」と対応した。
つまり密かに暮すキリシタンは敢えて見過ごし融和への道をとったわけだ。
(むろん。300前後の藩があるので一様とはいかなかったろうが)

九州はキリシタン大名が多い。大友宗麟しかり小西行長しかり。黒田如水しかり。
とくに大友氏全盛期には多くのキリシタンが誕生したと思われる。
(信仰する余りに神社仏閣の打ち壊しを繰り返し行っている)
長崎・大浦天主堂には26聖人像が置かれている。これもまた舟越安武の作品だ。

ただ現場へ行き確認しているが記憶には残っていない。





スポンサーサイト
  平成30年・謹賀新年
678888.jpg




本年もよろしくお願いします。
皆様方のご多幸を謹んでお祈り致します。
近年。月2回ペースの更新です。

そのぶん。プロフィール欄を活用して。
ラクガキをしています。
証拠隠滅のためしばらくして消していますw

たぶん書けるまで続ける予定なので。
頑張らずに気長~に。
適当にお付き合いくださいませ。
(尚。リンク関係を多少整理しましたのでよろしく)





ワタシの流行語大賞~このハゲ~♪
1022moteki.jpg




このハゲ~!
間違えてるだろ!
間違えてるだろ!
間違えてるだろ!

豊田自民党衆議院議員が離党届けするに至った発言がコレですね。
(発言内容は他にもあり。そっちの方が酷い)
録音してリークした秘書もかなり怪しい存在ですが。
過去・秘書100人辞めさせた大物ですから。
足元をすくわれるだけの日常の発言・行動あってのことでしょう。

政治絡みにすると「危険」なのでw 「このハゲ~!」のみで検討。
「このハゲ~!」を「個人的流行語大賞」としました。改めておめでとうございます!
(ワタクシが勝手に送る「貧者の一灯賞」及び「お墨付き」とは関係なしw)

このハゲ発言は差別じゃね?問題なんじゃね?
なんて人も多数いらっしゃるでしょうが。
筆者自身がハゲ万歳!のハゲなのでまったく問題ありません。

もちろん。女性も含めハゲに悩んでおられる方々。
図らずも病気などで脱毛した方々もおられるのは確かなので。
(亡母は晩年多少ハゲていました)
そのような方々にはお気の毒としか言いようがありません。

なのでここで記事終了(;^ω^)・・・

・・・というわけにもいかず。
個人的な「ハゲへの想い」だけに焦点を絞ります。
取り合えず言いたいのは。
「ハゲは中傷誹謗すべき対象ではありません」

自然なハゲは男性ホルモンの強弱(遺伝性?)も原因のひとつです。
また強烈なストレスも抜け毛に影響を与えます。
(ワタシの場合。洗髪する度に多数の抜け毛がありました)
つまり本人の思いも寄らないところで発生するのがハゲなのです。

ワタシにとってハゲはとても便利な現象です。
(1週間に1回坊主カッター・電気カミソリで剃りますw)
お陰で理容院行かなくて済むし髪型を気にすることはないし。
フケまみれの長髪より全然マシで衛生的です。

若い頃。中島みゆきが松山千春・さだまさしの前で言ったといいます。

「あんたたち。ワカメを食べなさい」

だいたいハゲる人は髪が柔らかくサラサラしている場合が多いです。
二人ともそういう髪質でしたし。ワタシもそうでした。
因みに現在。松山千春は潔く丸坊主にしています。
逆にさだまさしは「髪が置いてあります」あ。違った。髪があります。

ワタシの場合は髪の毛が全体的に少なくなる所謂「薄らハゲ」
これが酷くなったら潔く丸坊主にしようと考えていました。
薄っすらある毛髪状態が許せなかったからです。髪がないのは全く問題ではなかったのです。
(だって潔くないし美しくないじゃないですか!@@;)

ハゲを隠さず共生しながら生きていく道を選んだ男の個人的流行語大賞。

「このハゲ~♪」




天草幻影~故郷の記憶
about_map.png




産まれ故郷。熊本県天草市渡島(をしま)鬼池村(おにいけむら)。
小学校は山口県で迎えているから。
考えるに少なくとも5歳までは天草にいたことになる。

その5歳までの記憶。

①畑の上。藁で編まれた籠の中。周辺は明るい緑と紅い椿でいっぱい。
②幼稚園が嫌で嫌で泣きわめいて三日ぐらいで止めた。
③浄水場か貯水場に落ちて意識がなくなった。
④意識が戻った時。大きなネズミが梁の上を走り恐ろしかった。
⑤風に吹かれて危うく海に落ちそうになるも誰かが手を握ってくれた。

これが幼少期における天草での記憶。いわば原風景。
①はまさに鮮やかに浮かぶ。おそらく午前中か真昼の記憶かと思う。
また産まれた後の最初の記憶かもしれない。

本籍はすでにこちらになっている。
遠い場所でもあるし。そうそう帰る機会もなかった。
ただ一度だけ帰ったことがある。

父がアルツハイマー症(認知症のひとつ)になった時だ。
故郷に「カブ」で帰ろうとして下関で転倒事故を起こし警察から連絡があった。
警察に寄れば「仕事場」に行くと父は言っていたという。

急いで迎えに行った際に。
「一度。天草へ連れて行ってやろう」との想いが湧いた。
父は天草諸島にある鉄工所で働いていた。

鉄工所は健在で息子さんが次いでおられた。
そして父の事情を話した上で会って頂いた。
柔和な方で父の頓珍漢な話に上手く合わせて下さった。

どうやら父は息子さんを当時の上司と思っていたらしく。
「アンタはちっとも変わらんなぁ」などと話していた。
それでも父は満足した様子で仕事の話などして時を過ごした。

そこを失礼した後。当時住んでいた家を見に行った。
やはり記憶の断片があったのだろう。その家は何となく懐かしく。
家の前にある古井戸は特にそういう想いに満ちた。

不思議なものだ。全く覚えていなかったのに懐かしい。
脳ではなくカラダの細胞の一つ一つが覚えているような感じ。
記憶とはまるで海月のようで可笑しなものだ。

そう言えば小学生の時に「鉄人28号」の小さなプラモデルを。
線路脇にある小さな畑に埋めた。何故埋めたのか覚えていない。
(大地からエネルギーを吸収させるimageがあったと思われ?)

今でもアレはあのままあるのかな。ふと記憶が蘇る。





ランドセル
yjimage.jpg




小さな女の子が一人で下校している。
その姿と言ったら赤いランドセルに手足が付いたような格好だ。
大人になればランドセルは身に付けないけれど。

ホントは「見えないランドセル」を背負っているのかもしれない。

中身は人それぞれで。
苦い教科書・楽しい教科書・重い教科書・軽い教科書。
自分のランドセルには何が入っているだろうか?