ランドセル
yjimage.jpg




小さな女の子が一人で下校している。
その姿と言ったら赤いランドセルに手足が付いたような格好だ。
大人になればランドセルは身に付けないけれど。

ホントは「見えないランドセル」を背負っているのかもしれない。

中身は人それぞれで。
苦い教科書・楽しい教科書・重い教科書・軽い教科書。
自分のランドセルには何が入っているだろうか?





スポンサーサイト
~宮沢賢治「雨ニモフケズ」をワタクシにあてはめる~
image.jpg



雨ニモマケズ風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル

「雨にも負けて風にも負けて
雪にも夏の暑さにも負ける軟弱な体を持ち
欲は限りなく在りよく怒りいつも不満だらけでブツブツ言っている」

一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

「一日三食一合(雑穀米・大麦入り)と豆腐・卵少しの野菜を食べ
些細なことに関わってああ損をしたああ得をしたと言い
ひとりかってに妄想に耽りそしてよく忘れる」

野原ノ 松ノ林ノ 陰ノ小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイヒ

「知り合いの大工さんから小さな家を借りて住み
東のことなど知らずましてや他人様の看病などとんでもない
西に疲れた母あれば行って飯など食わせてもらい(もうそれもできないなぁ)
南に死にそうな人あればさっそく救急車を呼び
北にケンカや訴訟があれば関わりたくないと思い近寄らず」

ヒドリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ
クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ

「日照りの時は熱中症に気を付け水分補給寒い夏は涼夏と考え有り難く
みんなに能無しと呼ばれ褒められもせず苦手にされて
そういうものにワタクシはなってしまったよ」

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩

「無宗教です」





綿の国星
img_1_convert_20170606070306 123






ラフィエル「まっ白で身も心も沈み込むような素敵な香りがする一面の綿の原。そこには目も覚めるような美しいお姫様がいて辿り着くとやさしく接吻してくれるんだとさ」

(須和野 )チビ猫「すごいじゃない!」


                         


                             大島弓子・綿の国星(animation版)




綿の国星・挿入歌~鳥は鳥に(作詞・大島弓子・谷山浩子)


前野曜子~別れの朝
4578.jpg



前野燿子はペドロ&カプリシャスの初代ボーカリスト。
二代目が現在ソロ活動の高橋真梨子。
彼女(高橋)が良い歌い手であるのは衆目の一致するところ。
(それについては全く異論なく比較すべきではない)

だがしかし。それでも前野燿子。

声・容姿・雰囲気ともに好きだったのだ。
彼女が突如グループを去った時。胸中かなり凹んだ。
たぶん恋心に似た想いがあったのだろう。

前野燿子が鬼籍に入ってずいぶん経つ。
ペドロ&カプリシャス。
自分にとっては前野燿子在りきで成り立っている。


前野曜子/別れの朝



ジブリ~好きな映画ランキングTOP10
「好きなジブリ映画ランキング」

10位
耳をすませば
0000000458645.jpg


9位
ハウルの動く城
4959241753038.jpg


8位
紅の豚
4959241753069.jpg


7位
火垂るの墓
vwdz-8218.jpg


6位
もののけ姫
4959241753045.jpg


5位
魔女の宅急便
4959241753106.jpg


4位
千と千尋の神隠し
4959241753076.jpg


3位
風の谷のナウシカ
4959241753090.jpg


2位
となりのトトロ
4959241753113.jpg


1位
天空の城ラピュタ
4959241753083.jpg




------------------------------------------



これはある日ある所でのジブリ映画のランキングです。
実際のところ。順位は個人的にどうでもよくて(観たのは順位中5本のみ)なので。
ジブリ映画は~!宮崎駿・高畑勲は~!とか声高に語る資格はないです。
ただ「順位付けをして欲しくない映画」が1本あるのです。

それが「火垂るの墓」です。(原作・野坂昭如:監督・高畑勲)

別に嫌だから好きだからとかそういう理由ではないんです。
ましてやこれで戦争反対とか戦争は残酷だとか虚しいものだとかを述べるつもりもなく。
ある種のイデオロギー的な道具にするつもりもないですし。
それを伝える映画でもないと思います。それどころか多くを語れば語るほど.
映画の本質から遠く離れてしまうような気もするのです。

「言葉にできない」んですよ。

浅学ですし語彙も乏しく薄っぺらい人間なので言葉にできないのかもしれません。
人の流す涙を順位付けできないように。
この映画だけは順位の類で括られるのは違うような気がするのです。それだけです。